海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

レジスタンスライン

UPDATE2018.07.06

レジスタンスラインとは、チャートの高値付近に引く水平線をいいます。レジスタンスラインに近づくと上昇局面において売りが増えて反発する事が多く、その意味からレジスタンスラインあるいはレジスタンスラインと呼ばれています。

このレジスタンスラインを上に抜けると上昇の圧力が強くなることが多くなります。

なぜレジスタンスラインに近づくと売りが増えるのかというと、1つはレジスタンスラインの付近で反発することがあると知っている投資家が、その力が強いと考えて売る場合があるからです。もう1つはその価格帯で過去に多くの取引が行われた場合、価格が下落して塩漬けにしていた投資家が戻り売りをすることがあるからです。

レジスタンスライン

レジスタンスライン

こうした動きを調整といい、調整が終わると一気に価格が上昇するレンジブレイクが起こることがあります。レンジブレイクに乗ることができれば、大きな利益を得る機会にもなります。

また、レンジブレイクが起きると、今度はその価格帯がサポートライン(支持線)に変わる現象もよく見られます。すなわち、いったん価格が上昇したのちにその価格帯まで下がってくると、そこで反発する現象が生じるということです。レジスタンスラインや支持線は多くの投資家が注目しています。

読み方

レジスタンスライン・れじすたんすらいん

同意語

抵抗線

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

メニューを閉じる