海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

店頭取引

DATE2018.06.18

店頭取引とは、証券取引所などの市場を介さず、売り手と買い手が当事者同士で価格や売買数量などを決めて行う取引をいいます。

例えば大口の株式取引の場合、マーケットを介して売買を行うと株価が大きく変動する可能性がありますが、店頭取引であれば価格変動リスクを排除したうえで、当事者同士があらかじめ決めた価格で取引が成立します。相対売買(あいたいばいばい)や、OTC(Over The Counter)と呼ばれることもあります。

その対象となるものには、主に債券、外国為替、デリバティブなどがあります。

債券については、その種類(銘柄)が非常に多いため、店頭取引(相対売買)が中心で、証券会社が投資家(顧客)から債券の売買注文を受けた場合、証券会社自らが直接の売買の相手方となって取引を成立させます。外国為替保証金取引やCFD取引については、投資家(顧客)が口座開設時に約款に同意した上で、決められたルールにより取引を行うことになります。

多くの国内主要FX会社で用いられている店頭取引とは、取引所を介さずに当事者間で価格、数量、決済方法などを決めて行います。たとえば、FX取引において投資家がドルを購入すると、FX業者が自ら売買の相手方となってドル売りのポジションを有することになります。

たびたび店頭取引の問題点として、FX業者と投資家との間での利益相反が挙げられます。

利益相反とは、投資家が損をすることによって投資家に相対する立場のFX業者が得することです。レートをFX業者が自由に設定できるので、FX業者に有利な相場でレートを操作されると投資家の損失が生まれる場合があります。このような理由で、店頭取引は不透明な取引だと指摘されます。

読み方

テントウトリヒキ・てんとうとりひき

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

topへ