海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

初めてでもわかりやすい

FX用語解説集

消費者物価指数

UPDATE2018.07.29

商品やサービスと価格の関係である「物価」を示すにはいくつかの指標があります。なかでも、消費者物価指数(CPI、Consumer Price Index)は、全国の消費者世帯が購入する物価(商品とサービスの価格)を表した経済指標をいいます。この指数は、経済の体温計という役割を果たします。

経済政策を考える際の基本的な指標として、また物価が変動しても実質的な給付水準を維持することを目的としているため、国民年金や厚生年金など支給額の増減を物価に連動させる物価スライド制の基準値として用いられています。

CPIのバリエーションとして、CPIで算出される総合指数から生鮮食品を除外した「コアCPI」や、酒類をのぞく食料とエネルギーを除外した「コアコアCPI」などがあります。これらは、より正確な物価を知るために、天候不順による価格変動の大きな商品を除外しています。

現在使われている消費者物価指数は、1995年当時の物価水準を100としたときに現在の水準がどの程度であるのかを数値で表しています。100を超えていれば物価は上昇、反対に100を下回っていれば物価は下落していることを意味します。

マーケットにおいては、米国・欧州・日本・中国・豪州・新興国など幅広く注目されています。また、各国が設定する上限ラインを超えると、インフレを警戒して利上げが行われることも多くなっています。

読み方

ショウヒシャブッカシスウ・しょうひしゃぶっかしすう

同意語

CPI

関連する用語

よく検索される用語

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

キーワードから探す

当社の「FX用語解説集」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

もっとみる

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

FX用語解説集 カデゴリー

メニューを閉じる