海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Titan FX(タイタン FX)おすすめ

Titan FXの日経はレバレッジ500倍!業界最高峰のレバレッジで日経225を取引しよう

Titan FXの日経はレバレッジ500倍!業界最高峰のレバレッジで日経225を取引しよう

話題のニュース

Updated最終更新:

いまこそ、トレード環境の優れたTitan FX(タイタン FX)でJPN225を体感してみませんか?

テレビの経済番組や、お昼の経済ニュースなどで「本日の日経平均株価」という単語を耳にしたことはないでしょうか?

日本経済新聞や各経済誌が報道する「日経平均株価」は、日本の株式市場の代表的な株価指数の一つであり、単に日経平均や日経225とも呼ばれることもあります。英語圏の報道機関ではNikkei 225と表記されています。

この日経平均株価は海外FXブローカーでトレードすることも可能です。Titan FXでは、CFD(Indices)商品のJPN225として登録されている銘柄がそれに該当します。

この記事では、狭いスプレッドや約定力などのトレード環境に力を入れていることで人気のあるTitan FXが提供するJPN225の魅力について、紹介していきたいと思います。

Titan FXとはどんなFXブローカーなの?

Titan FXは、2014年に設立されました。バヌアツ共和国の首都ポートビラに本社を置く、海外FXブローカーで、日本では2015年からサービス提供を開始しました。

Titan FXでは、ボーナスやキャンペーンなどを行わない代わりに、狭いスプレッドや高い約定力などの高水準なトレード環境を提供することに力を入れているようです。

業界でも最高水準の手数料安さと狭いスプレッドを追求し、取引量を安定させ、さらに24時間提供される日本語サポートにより、トレードしやすい環境を提供しています。

このため、他社からTitanFXに切り替えをするトレーダーも多いと言われています。

また、提携しているリクイディティ・プロバイダ-を公表しており、約定力の高さ、信頼性が高いといえます。

Titan FXは安全なブローカーなのか?

Titan FXはバヌアツ共和国の金融ライセンスを取得し、海外に向けて広くサービスを展開しています。

2017年までは、GEMFOREXが保有するライセンスと同じニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)の金融ライセンスを取得・運営していたようですが、2018年にVFSC(バヌアツ金融サービス委員会)の金融ライセンスを取得したことをホームページに明記しています。

バヌアツ共和国の金融ライセンスですが、以前はそれほど取得にかかる要件が複雑ではありませんでした。

しかし、2019年に規制の強化が行われ、より厳格化された規制に基づいての監督と要件が求められるようになりました。

これによりバヌアツ当局のライセンスの信頼度は飛躍的に高まったといってもいいでしょう。

Titan FXでは資産が大手金融機関で分別管理されている

Titan FXが保有するバヌアツの金融ライセンスでは、信託保全を義務づけておりません。信託保全とは、顧客の証拠金を信託口座にて保全することにより、法的に顧客の資金を守る仕組みのことです。

Titan FXでは信託保全が行われていないものの、他の海外FXブローカーと同じように顧客の資産を分別管理しています。

Titan FXでは格付けの高い、AAAランクに分類される大手銀行にて、顧客の資産が厳重に保管されているようです。信頼のおける大手銀行にて顧客資産の分別管理が徹底されている点には安心感が持てます。

さらに、Titan FXはFinancial Commissionから執行の質に関する認証を取得しています。2021年1月に取得されたこの認証は、透明性の高い取引サービスを提供しているブローカーであることの証明でもあります。

豆知識

Financial Commissionとは?

Financial Commissionは金融サービスを提供する運営側と投資家との紛争解決に特化した第三者機関のことを意味します。このFinancial Commissionに加盟することで、企業は投資家との紛争を迅速にかつ簡易的に解決に導くことが可能になるのです。

この認証を取得したことにより、Titan FXの信頼性や安全性が一段と高まったといえるでしょう。

Titan FXで取引できる日経平均株価(JPN225)とは?

Titan FX日経平均株価

日経平均は、日本の株式市場の代表的な株価指数の一つです。

略称として、日経平均や日経225とも呼ばれており、英語圏の報道機関ではNikkei 225と表記されています。

日本の株価指標としては東証株価指数 (TOPIX) と並んで普及しており、最も知名度の高い株式指標であるとされています。

そのため、民間の日本経済新聞社が選定し算出する経済指標でありながら、日本国政府の経済統計としても使われていた歴史を持っています。

日経平均株価の算出方法

日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部(以下、東証一部)上場銘柄のなかでも代表的な225銘柄によって構成されている株価指数です。

そのため、日本国内での株式市場全体の値動きを大まかに把握するのに適しているといえるでしょう。

また、対象となる225銘柄は市場流動性の高い銘柄を中心として、業種間のバランスを考慮しつつ、民間の日本経済新聞社が選定しています。

毎年10月に定期的な選定の見直しが行われており、都度、銘柄の除外・採用が行われています。

日経平均株価に採用されている企業の株価が急落し、日経平均株価が大きく下がることがありますが、これは、日経平均株価が株価の高い銘柄の影響を受けやすいという、特徴を持つために起こる現象です。

日経平均株価を使用した金融商品

日経平均を使用した金融商品は、ETF・投資信託・先物(日経225先物取引、日経225オプション取引ほか)、インデックス取引などがあり、世界中で多数発売されています。

海外FXブローカーはこれらのうち、インデックス取引をその多くが導入しています。

インデックスは、特定業種のパフォーマンス指標を表すために使用される金融資産の分類であり、複数形は「indices」と表示され、この分類を扱う取引をインデックス取引と呼びます。

Titan FXで扱うJPN225の取引方法は、このインデックス取引のなかでも原資産の現金市場から派生したCFD(差金決済取引)を導入しています。

ここのポイント

差金決済取引とは?

差金決済取引(さきんけっさいとりひき、英: contract for difference、CFD)とは、有価証券の受渡しを行わずに、売買価格差等に相当する金銭の授受のみにより差金決済する取引または金融商品のことです。

証拠金を預け、レバレッジをかけて取引を行うことから、外国為替証拠金取引(FX取引)も差金決済取引の一つといえます。

一般には、外国為替のものをFX、それ以外の株式、株価指数、債券等のものはCFDと呼びます。

先物取引と類似していますが、CFDには限月がありません。

Titan FXの日経平均株価(JPN225)をお勧めする理由

現在、「日経平均株価」を基軸とする、CFD取引を提供している海外FXブローカーは数多く存在しています。

中でもXMTrading(エックスエム)やHF Markets(エイチエフ マーケッツ)などはそれらの中でも狭いスプレッドと高いレバレッジを提供している海外FXブローカーとして知られています。

Titan FXの日経平均株価(JPN225)は、海外ブローカー各社と比較してレバレッジの面において他社よりも優位性があることがわかります。

日経225レバレッジ比較表

海外FXブローカー日経225のレバレッジ
XM200倍
HF Markets200倍
Exness100倍
GEMFOREX200倍
FXGT100倍
Titan FX500倍

Titan FXを利用する5つのメリットと3つのデメリット

Titan FXメリットデメリット

Titan FXというブローカー名を聞いたことがあるが、具体的にどんな特徴を持っているのか知らない」という方もいるかと思います。そこで、Titan FXを利用する5つのメリットと3つのデメリットについて確認しておきましょう。

Titan FXは長所と短所がはっきりしているため、事前に特徴を抑えておくことでより有効に利用することができるでしょう。

Titan FXを利用する際の5つのメリット

全ての口座を最低入金額200ドル相当額から利用できる。

Titan FXの提供する口座は二種類あります。

  1. スタンダード口座
  2. ブレード口座

この二種類の口座は、共に初回最低入金額が200ドル相当額と、比較的高めに設定されています。一見すると入金額の多さに戸惑うかもしれません。

しかし、低いスプレッドと約定力の高い口座を提供するブローカーは、その多くが最低入金額を高く設定しており、高額なブローカーともなれば100万円からの最低入金額が必要なところも存在します。

この点において二種類の口座のどちらともが最低入金額を200ドルと設定しているTitan FXは良心的であるといえます。

最低入金額比較表

ブローカースタンダード低スプレッド
Titan FX200USD
相当額
200USD
相当額
Exness1USD
相当額
1.000USD
相当額
Tradeview100USD
相当額
1,000USD
相当額
GEMFOREX1USD
相当額
3,000USD
相当額
MILTON MARKETS5,000円1,000,000円

さらに、Titan FXが設定している200USD相当額の最低入金額は初回のみに適用されるため、二回目以降の入金は各決済手段の最低入金額から利用する事が出来ます。

各決済手段ごとの最低入金額については、下記の表をご覧ください。

Titan FXの入金方法一覧

入金方法反映までの時間手数料最低入金額
国内銀行送金着金確認後
1営業日以内
無料(※1)10万円
VISA/masterカード即時(※2)無料なし
Amexカード0.1USD
JCBカード1USD
bitwallet即時110円
STICPAY3,000円
仮想通貨即時無料(※3)53EUR相当額
国内銀行送金
反映までの時間着金確認後
1営業日以内
手数料無料(※1)
最低入金額10万円
VISA/masterカード
反映までの時間即時(※2)
手数料無料
最低入金額なし
Amexカード
反映までの時間即時(※2)
手数料無料
最低入金額0.1USD
JCBカード
反映までの時間即時(※2)
手数料無料
最低入金額1USD
bitwallet
反映までの時間即時
手数料無料
最低入金額110円
STICPAY
反映までの時間即時
手数料無料
最低入金額3,000円
仮想通貨
反映までの時間即時
手数料無料(※3)
最低入金額53EUR相当額
  1. 送金手数料は、お客様の負担となります。
  2. 事前にカードの登録手続きが必要となります。
  3. 送金時のネットワーク手数料はお客様の負担となります。

約定力の優れた口座を提供している。

リクイディティ・プロバイダ-(Liquidity Provider)は、金融市場において、流動性を供給する業者のことです。

FX業者に為替レートを提示して取引の相手方となる銀行等のことであり、取引プラットフォーム上に提示されるレートの元となる価格を提供します。

FXブローカーにおいて、提携しているリクイディティ・プロバイダ-を公表している会社はあまりありません。これはブローカー側のセキュリティに関する問題などにより、公表しないことが多いからです。

また、提携しているリクイディティ・プロバイダ-を公表しないことは、決済の透明性を確認できないことにもつながります。

逆をいえばリクイディティ・プロバイダ-を公表するということは、約定力の高さ、透明性の高さにおいて信頼性がおけるといえるでしょう。

口座残高に応じたレバレッジ制限がない

高いレバレッジ取引を提供する海外FXブローカーでは、現在、ポジションを保有している口座の残高が一定金額を越えると、レバレッジ制限が入ることがあります。その場合、利益を確定した後でもレバレッジ制限が解除されずそのままということも珍しくありません。

また、一口座だけでなく複数口座を保有するときは、その全体の資金額が一定額を越えると、その後はずっと同じレバレッジ制限がかかったまま取引を続行するということも多々あります。

Titan FXではこのようなレバレッジ制限が、一切ありません。口座残高を問わずに500倍のレバレッジ取引を行えるというのは、Titan FXのメリットの一つでしょう。

ゼロカットシステムを採用している

Titan FXはゼロカットシステムを導入しています。

ゼロカットシステムとは、入金額以上の損失を出したとしても、それを補填する義務をトレーダー側は負いません。これにより、入金額以上の損失を出すことはなくなります。

日本人サポートが常駐している

Titan FXでは24時間体制でチャットサポートを提供しています。

またサポートスタッフには日本人も多く在籍しており、日本語でのサポート体制も充実しています。

メールやサポートチャット、電話による24時間体制の万全なカスタマーサポートは、日本人ユーザーにとって利用しやすい環境といえるでしょう。

Titan FXを利用する際の2つのデメリット

次に、Titan FXを利用する際のデメリットについても確認しておきましょう。

ボーナスやキャンペーンが用意されていない。

日本人向けにトレード環境を提供している海外FXブローカー各社は、多くのキャンペーンや入金ボーナスを実施しています。しかし、Titan FXではボーナスやキャンペーンがが用意されていません。

その代わりに狭いスプレッドや高い約定力、業界最安値の取り引き手数料を提供することにより、他社よりもよりよいトレード環境を実現しているようです。

最大レバレッジが他社より低めである

海外FXブローカーは、高いレバレッジで取引可能であることが日本国内業者との大きな違いであり特徴です。

近年の海外FXブローカーでは数千倍のレバレッジを提供している業者も少なくはありません。最近では無制限のレバレッジを提供する業者も現れてきました。

Titan FXは口座残高を問わずに500倍のレバレッジで取引を行えるというメリットはあるものの、千倍以上の超ハイレバレッジ取引を提供しているブローカーと比較すると、Titan FXのレバレッジ500倍は少々物足りなさを感じるかもしれません。

とは言っても、日経のような株価指数は、ハイレバレッジブローカーの代表格であるExnessですら最大100倍のレバレッジですから、株価指数が500倍で取引可能なTitan FXは一部銘柄では業界最高水準のハイレバレッジを提供しているとも言えます。

Titan FXでJPN225を取引してみませんか?

Titan FXは狭いスプレッドと安定した取引環境を顧客に提供することに注力している、トレード上級者向けの海外FXブローカーといえるでしょう。また、Titan FXでは、ECN(電子商取引ネットワーク)取引にも力を注いでいるようです。

自社HPにて、Titan FXはニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンター内に自社のECN(電子商取引ネットワーク)を配置し、複数の流動性プロバイダーと共に電子商取引を行っている、と表記されています。

Equinix社はロンドンにもデータセンターを置き、ECN取引を提供している他の海外FXブローカーが多く利用していることでも知られている企業です。このことからも、Titan FXが約定力の高い口座を提供する自信が見て取れます。

ECN取引にはブレード口座の開設が必要です。こちらは取引につき、1ロット/3.5ドルの手数料がかかりますが、より高い約定力を求めるトレーダーに向いているといえます。

約定力があり、上級者向けの環境を提供している海外FXブローカー、Titan FXであなたもJPN225を取引してみませんか?

Titan FX 口座開設ページを開くblank

話題のニュース

Updated最終更新:
FXplus編集部
筆者:FXplus編集部

海外FXをご利用するにあたり、最新の海外FX人気ランキングや、海外FX業者の無料口座開設代行など、海外FXの初心者でも安心してご利用頂けるコンテンツを提供しています。

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

tfx

リアル口座開設リアル口座開設

blankTitan FX 特設サイトへ

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    4.00
  • 2

    tfx

    3.80
  • 2

    exn

    3.80
  • 4

    fxg

    3.60
  • 5

    mil

    3.50

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >

メニューを閉じる