海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Land-FX(ランドエフエックス)

Land-FX(ランドエフエックス) 口座タイプの種類と特徴

Land-FX(ランドエフエックス) 口座タイプの種類と特徴

口座タイプ

Updated最終更新:

無制限レバレッジが利用可能!Land-FXの5種類の口座タイプを徹底解説

Land-FX(ランドエフエックス)では、スタンダード口座、プライム口座、ECN口座、イスラミック口座、エクスプレス口座の5種類の口座タイプを提供しています。各口座タイプで、約定方式やスプレッド、最大レバレッジなどが異なります。口座タイプの特徴をしっかりと把握して、取引スタイルやコストなどに応じて選ぶことが大切です。

この記事では、Land-FXでより良い取引をするため、トレードスタイル別に口座タイプを選ぶコツや、各口座タイプごとのメリット・デメリットをご紹介します。Land-FXの口座タイプ選びの参考にぜひご活用ください。

この記事はこんな方におすすめします

  1. Land-FXのどの口座タイプが自分に合っているか知りたい

  2. Land-FXの各口座タイプのスペックを知りたい

  3. Land-FXの各口座のメリット・デメリットを知りたい

Agenda

この記事の目次

表示]
  1. Land-FXの口座タイプの特徴をトレードスタイル別に紹介

    1. 少額資金からハイレバレッジ取引したい方は「スタンダード口座」
    2. スタンダード口座より低コストな「プライム口座」
    3. 低スプレッド環境で積極的に取引したい中・上級者の方は「ECN口座」
    4. スワップを気にせずトレードしたい方は「スワップフリー口座」
    5. 手軽にトレード環境を体感できる「エクスプレス口座」
    6. イスラム教徒向けの「イスラミック口座」
    7. Land-FXの各口座タイプの基本仕様 【一覧】
  2. Land-FXの口座タイプの共通点

    1. レバレッジ制限ルール
    2. ゼロカットとマージンコール
    3. 取引時間とロールオーバー
    4. 入出金方法と証拠金通貨
  3. Land-FXの各口座タイプを詳細に解説

    1. スタンダード口座の特徴とメリット・デメリット
      1. 取り扱い銘柄が豊富
      2. 無制限レバレッジ
      3. 初回入金額が少ない
      4. 取引手数料が無料
      5. スプレッドが広い
      6. NDD STP方式を採用
    2. ECN口座のメリットとデメリット
      1. スプレッドが非常に狭い
      2. 約定力の高いNDD ECN方式を採用している
      3. 初回最低入金額が高く設定されている
      4. 他の口座タイプと比べると最大レバレッジが低い
    3. スタンダード口座よりも速い約定スピードを実現したプライム口座
      1. スタンダード口座より低コスト
      2. 初回最低入金額が30,000円から
      3. NDD STP方式を採用
    4. スワップフリー口座のメリットとデメリット
      1. スイングトレードに有効
      2. スプレッドが広い
      3. スワップフリーが一週間の短期間のみ
    5. イスラム教徒向けのイスラミック口座
    6. 本人確認不要の「エクスプレス口座」
  4. Land-FXの口座タイプ まとめ

  5. Land-FX - よくある質問(FAQ)

Land-FXの口座タイプの特徴をトレードスタイル別に紹介

Land-FX(ランドエフエックス)では、レバレッジや取引手数料、スプレッド、初回の入金額など細かな差がある、以下の5種類の口座タイプを提供しています。

Land-FXの口座タイプ

  1. スタンダード口座
  2. プライム口座
  3. ECN口座
  4. スワップフリー口座
  5. イスラミック口座
  6. エクスプレス口座

元々は「Live口座」と「ECN口座」、ボーナスを受け取る「Restart LPボーナス口座」の3種類の口座タイプを提供していましたが、2022年より「プライム口座」、「イスラミック口座」、「エクスプレス口座」、「スワップフリー口座」が追加され、Restart LPボーナス口座は廃止されました。また、Live口座は「スタンダード口座」に名称変更されました。

リニューアルの際に、スタンダード口座とECN口座の取引条件を大きく変更し、取引環境を重視した改善が行われました。

口座タイプは、取引スタイルやご自身のトレード資金によって、最適な条件を見つけて選ぶのが重要です。ここからは、Land-FXの口座タイプを、おすすめのトレードスタイル別にご紹介します。

少額資金からハイレバレッジ取引したい方は「スタンダード口座」

スタンダード口座のおすすめポイント

  1. 初回最低入金額1000円相当
  2. 無制限レバレッジ
  3. 全銘柄が取引手数料無料

スタンダード口座は、初回最低入金額10ドルで、最大無制限レバレッジが利用可能できる口座タイプです。無制限レバレッジを使えば資金を問わずしっかりとしたサイズの取引ができるため、少額資金で取引したい方におすすめの口座タイプといえます。

また、スタンダード口座は取引手数料無料でスプレッドのみが取引コストになるので、コストが計算しやすいことも利点です。

スタンダード口座より低コストな「プライム口座」

プライム口座のおすすめポイント

  1. 無制限レバレッジが利用可能
  2. 全銘柄取引手数料無料
  3. 最小0.5pipsからの極狭スプレッド
  4. 初回最低入金額3万円相当

プライム口座は、スタンダード口座と同じ条件ながらも、より狭いスプレッドで取引できる口座タイプです。無制限レバレッジや取引手数料無料などは変わらず、最小0.5pipsからのスプレッドで取引できます。

ただし、スタンダード口座では1,000円相当だった最小入金額が、プライム口座では3万円相当に設定されています。

低スプレッド環境で積極的に取引したい中・上級者の方は「ECN口座」

ECN口座のおすすめポイント

  1. 最小0pipsの極狭スプレッド
  2. 優れたNDD ECN方式を採用
  3. 取引手数料は片道3ドル

極狭スプレッド・高い約定力を提供するECN口座は、優れた取引環境を求める求める中・上級者トレーダーにおすすめな口座タイプです。

ECN口座では、最小0pipsからのスプレッド、片道3ドルの取引手数料で、Land-FX(ランドエフエックス)の口座タイプの中で最も低コストで取引ができます。また、NDD ECN方式による高い約定力に加え、リクイディティ・プロバイダー事業も行っているLand-FXだからこその取引の安定性も魅力です。

スワップを気にせずトレードしたい方は「スワップフリー口座」

スワップフリー口座のおすすめポイント

  1. スワップによる負担を軽減
  2. 無制限レバレッジ
  3. 取引手数料無料

Land-FXでスイングトレードをするなら、スワップフリー口座がおすすめです。無制限レバレッジでの取引が可能なため、ハイレバレッジの取引では負担の大きい、スワップによるマイナスを防ぐことができます。

スワップ以外はスタンダード口座と条件が同じであるため、スタンダード口座の開設よりもスワップフリー口座の開設がおすすめです。

手軽にトレード環境を体感できる「エクスプレス口座」

エクスプレス口座のおすすめポイント

  1. メールアドレスと電話番号のみで口座開設が可能
  2. 3,000ドルまで入金して取引ができる
  3. 基本仕様はスタンダード口座とほぼ同じ(※)

レバレッジは最大で2,000倍

気軽にLand-FX(ランドエフエックス)の取引を試してみたいという方には、本人確認不要の「エクスプレス口座」をおすすめします。エクスプレス口座では、メールアドレスと電話番号のみで、3,000ドルまで入金して取引可能です。

取引可能銘柄や各種取引条件はスタンダード口座と同じです。ただし、レバレッジは最大2,000倍となっており、無制限レバレッジは利用できません。

なお、エクスプレス口座の使用できる期間は1ヶ月で、それ以降の利用は本人確認による更新が必要です。

イスラム教徒向けの「イスラミック口座」

イスラミック口座は、2022年3月に新設された口座タイプです。イスラム教徒向けに設計されており、口座開設の際にイスラム教徒の証明書が必要となります。

スペックはスタンダード口座と同等ですが、イスラム教では宗教上の理由から金利に該当するスワップポイントを受け取ることができないため、イスラミック口座はスワップフリー口座となっています。

Land-FXの各口座タイプの基本仕様 【一覧】

取引口座の種類エクスプレススタンダードスワップフリー
取引ツールMetaTrader4/5
約定方式NDD STP方式
スプレッド方式変動方式
取引口座の通貨日本円・米ドル
最大レバレッジ(※1)2000倍無制限
1ロットの通貨量10万通貨
初回最低入金額1,000円
最小注文数0.01ロット
最大ロット数/
合計最大注文数
30ロット/100ロット
商品(銘柄)【商品合計】:86
【FX/通貨ペア】:67
【CFD/貴金属】:5
【CFD/エネルギー】:3
【CFD/株価指数】:11
取引手数料(※2)無料
取引口座の種類イスラミックプライムECN
取引ツールMetaTrader4/5
約定方式NDD STP方式NDD ECN方式
スプレッド方式変動方式
取引口座の通貨日本円・米ドル
最大レバレッジ(※1)無制限1000倍
1ロットの通貨量10万通貨
初回最低入金額1,000円30,000円100,000円
最小注文数0.01ロット
最大ロット数/
合計最大注文数
30ロット/100ロット
商品(銘柄)【商品合計】:86
【FX/通貨ペア】:67
【CFD/貴金属】:5
【CFD/エネルギー】:3
【CFD/株価指数】:11
【商品合計】:72
【FX/通貨ペア】:67
【CFD/貴金属】:5
取引手数料(※2)無料0.3pips
取引口座の種類
MetaTrader4/5
約定方式
エクスプレス/
スタンダード/
スワップフリー/
イスラミック/
プライム
NDD STP方式
ECNNDD ECN方式
スプレッド方式
変動方式
取引口座の通貨
日本円・米ドル
最大レバレッジ(※1)
エクスプレス2000倍
スタンダード/
スワップフリー/
イスラミック
無制限
ECN1000倍
1ロットの通貨量
10万通貨
初回最低入金額
エクスプレス/
スタンダード/
スワップフリー/
イスラミック
1,000円
プライム30,000円
ECN100,000円
最小注文数
0.01ロット
最大ロット数/合計最大注文数
30ロット/100ロット
商品(銘柄)
エクスプレス/
スタンダード/
スワップフリー/
イスラミック/
プライム
【商品合計】:86
【FX/通貨ペア】:67
【CFD/貴金属】:5
【CFD/エネルギー】:3
【CFD/株価指数】:11
ECN【商品合計】:72
【FX/通貨ペア】:67
【CFD/貴金属】:5
取引手数料(※2)
エクスプレス/
スタンダード/
スワップフリー/
イスラミック/
プライム
無料
ECN0.3pips
  1. 口座の証拠金額による制限があります。
  2. 10万通貨(1ロット)の片道取引手数料になります。

Land-FX 口座開設ページを開くblank

豆知識

Land-FXでは、一名義につき、最大7つの口座タイプが開設可能です。MT4は最大5口座、MT5は最大2口座となっています。また、個人口座と法人口座をそれぞれ開設している場合は、個人口座で最大7口座、法人口座で最大7口座の口座タイプが開設可能です。

Land-FXの口座タイプの共通点

Land-FX(ランドエフエックス)では、下記4つの項目に関して全口座タイプ共通の仕様となっています。Land-FXの全口座タイプ共通仕様の詳細は以下の通りです。

全口座タイプの共通点

  1. レバレッジ制限ルール
  2. ゼロカットとマージンコール
  3. 取引時間とロールオーバー
  4. 入出金方法

レバレッジ制限ルール

Land-FX(ランドエフエックス)では、全口座タイプ共通で、証拠金の残高によるレバレッジ制限がかかります。

Land-FXのレバレッジ制限ルール(スタンダード口座、プライム口座)

有効証拠金残高レバレッジ(※)
999ドルまで無制限
4,999ドルまで2,000倍
5,000ドル〜29,999ドル1,000倍
30,000ドル~199,999ドル500倍
200,000ドル~200倍

インデックス、オイル、ガスは、無制限レバレッジが適用されず200倍の固定レバレッジが適用されます。

ECN口座のレバレッジ制限

有効証拠金残高レバレッジ(※)
〜29,999ドル1,000倍
30,000ドル~199,999ドル500倍
200,000ドル~200倍

インデックス、オイル、ガスは、無制限レバレッジが適用されず200倍の固定レバレッジが適用されます。

タイミングでレバレッジ制限がある

Land-FXでは、証拠金や取引サイズでのレバレッジ制限のほかに、以下のタイミングでのレバレッジ制限が発生します。

  1. 経済ニュース発表時:重要な経済ニュース発表の15分前から発表の5分後まで
  2. 週末:外国為替市場が閉まる3時間前から、市場が始まってから2時間後まで
  3. 祝日(不定期):週末と重要な祝日にレバレッジ調整の可能性あり

いずれも、一般的に相場のボラティリティが高まる場面です。上記のタイミングでは、最大レバレッジが200倍に制限されます。

ゼロカットとマージンコール

Land-FX(ランドエフエックス)では全口座タイプにゼロカットを採用しています。マイナス残高が発生した場合、残高は0円にリセットされるため、口座残高以上の損失は発生することがありません。

また、ロスカット水準は「証拠金維持率が0%を下回った場合」、マージンコールは「証拠金維持率が30%を下回った場合」と全口座タイプで共通の仕様となっています。

ここのポイント

ロスカット水準とマージンコールとは?

ロスカット水準とは、ロスカットを行うための基準となる、証拠金維持率のことです。証拠金維持率はMetaTrader4(MT4)/MetaTrader5(MT5)の保有ポジション一覧が表示される画面で確認することができます。証拠金維持率が各ブローカーの設定したロスカット水準を割った際にロスカットされます。

マージンコールは、証拠金維持率がロスカット水準に近づいたことの通知です。マージンコールが発動した場合、ロスカットが近いことを意味しますので、すぐさまポジションの整理をすることが望ましいとされています。

取引時間とロールオーバー

Land-FXの取引時間(日本時間)

【夏時間】(月曜) 午前 6:05 ~
(土曜) 午前 6:00
【冬時間】(月曜) 午前 7:05 ~
(土曜) 午前 7:00

Land-FX(ランドエフエックス)では全口座タイプ共通して、上記の取引時間を採用しています。公式サイト内の取引時間表記およびMT4・MT5は、グリニッジ標準時間(GMT)を採用しています。さらに、毎営業日の7時(夏時間6時)にロールオーバーが全口座タイプで実施されます。ただし、CFD銘柄に関しては銘柄別に取引時間が決められているため、公式ページやMT4/MT5にて確認しましょう。

入出金方法と証拠金通貨

Land-FXの入出金方法

Land-FXの入金方法Land-FXの出金方法
  1. 銀行送金
  2. VISA・master
  3. STICPAY
  4. BANK WIRE
  5. Bitcoin
  1. 銀行送金
  2. STICPAY
Land-FXの入金方法
  1. 銀行送金
  2. VISA・master
  3. STICPAY
  4. BANK WIRE
  5. Bitcoin
Land-FXの出金方法
  1. 銀行送金
  2. STICPAY

Land-FX(ランドエフエックス)のどの口座タイプを選んでも入出金における決済方法は同じです。全口座タイプで証拠金通貨は日本円と米ドルから選択できます。また、入出金以外にも同一アカウント内の口座間の資金移動も可能です。

Land-FXの各口座タイプを詳細に解説

Land-FX(ランドエフエックス)の各口座タイプの特徴を、メリットとデメリットを踏まえて解説します。口座タイプによっては、取り扱いのない銘柄や取引に必要なコストも異なります。取引方法に最適な口座タイプを選ぶために各口座の特徴を確認しておきましょう。

スタンダード口座の特徴とメリット・デメリット

スタンダード口座は少額資金での取引に最適な口座です。無制限レバレッジを手数料無料で取引をすることができます。

スタンダード口座の特徴

メリットデメリット
  1. 取り扱い銘柄が豊富
  2. 無制限レバレッジ
  3. 初回入金額が少ない
  4. 取引手数料が無料
  1. スプレッドが広い
  2. NDD ECN方式ではない
メリット
  1. 取り扱い銘柄が豊富
  2. 無制限レバレッジ
  3. 初回入金額が少ない
  4. 取引手数料が無料
デメリット
  1. スプレッドが広い
  2. NDD ECN方式ではない

取り扱い銘柄が豊富

スタンダード口座は取り扱い銘柄がLand-FX(ランドエフエックス)の中でも最も多く用意されています。幅広い金融商品を1つ口座で取引できるのがスタンダード口座の魅力と言えるでしょう。

スタンダード口座の取り扱い銘柄

スタンダード口座ECN口座
  1. 【FX/通貨ペア】65種類
  2. 【CFD/株価指数】11種類
  3. 【CFD/貴金属】6種類
  4. 【CFD/エネルギー】3種類
  1. 【FX/通貨ペア】67種類
  2. 【CFD/貴金属】3種類
スタンダード口座
  1. 【FX/通貨ペア】65種類
  2. 【CFD/株価指数】11種類
  3. 【CFD/貴金属】6種類
  4. 【CFD/エネルギー】3種類
ECN口座
  1. 【FX/通貨ペア】67種類
  2. 【CFD/貴金属】3種類

無制限レバレッジ

スタンダード口座では、無制限レバレッジ(約21億倍レバレッジ)を利用することができます。無制限レバレッジを利用すれば、ごくわずかな口座資金でも、大きなロット数でハイリターンを狙った取引が可能です。

具体的には、同じロット数で取引を行うとしても、ECN口座を選択した場合よりも必要証拠金が圧倒的に少なくて済みます。スタンダード口座とECN口座で同じ価格で同じロット数をエントリーする場合の必要証拠金を比較してみましょう。

USD/JPY(ドル円)価格134円時に、1ロット取引するのに必要な証拠金

口座タイプ必要証拠金
スタンダード口座
(無制限レバレッジ)
0.01円
ECN口座
(1,000倍レバレッジ)
13,400円

ECN口座では1万円以上の証拠金が必要なのに対して、スタンダード口座はわずか0.01円の証拠金で1ロット取引可能です。無制限レバレッジであれば、どれだけ証拠金が少なくなっても十分なロット数で取引できることが分かります。

初回入金額が少ない

スタンダード口座は、初回最低入金額が1,000円相当からと、5つある口座タイプの中で最も少額から始められるのがメリットです。プライム口座、ECN口座はスタンダード口座よりも取引コストは低くなりますが、初回最低入金額がプライム口座30,000円、ECN口座100,000円と、入金額にハードルがあります。

一方スタンダード口座は1,000円の入金からスタートでき、前述の無制限のレバレッジも利用できますので、少額からの取引がしやすい口座タイプに設計されています。

取引手数料が無料

スタンダード口座は全銘柄で取引手数料が発生しません。そのため、取引コストが計算しやすいというメリットがあります。

取引手数料が別途かかるのであればそれを含めて計算しながら取引をしなければいけませんが、スタンダード口座ではスプレッドのみですので、MT4/MT5の損益通りになるという簡潔さがあります。一方で、ECN口座を選択した場合、1ロット当たり3ドル相当額の取引手数料が発生しますのでそれを含めて取引を考えなければなりません。

なお、ポジションを翌日に持ち越す場合はこれに加えてスワップポイントが手数料として差し引かれる場合があります。

スワップポイントとは?

スワップポイントとは、異なる国の通貨ペア間の金利差を埋める、金利差調整の手数料です。金利が高くスワップポイントがプラスの通貨を購入すれば、金利差分の利益が発生します。逆に金利が低くスワップポイントがマイナスの通貨を購入した場合損失になります。スワップポイントは、営業日をまたぐロールオーバー時に発生します。

スプレッドは広い

スタンダード口座は、プライム口座やECN口座と比較するとスプレッドの広いことがデメリットです。取引手数料が無料でもスプレッドが広いことで、他の口座タイプより取引コストが高くなります。

ただし、Land-FX(ランドエフエックス)のスタンダード口座のスプレッドが他社よりも広いかといえば、そうではありません。他の海外FX業者のスプレッドと比較してみます。

他社スタンダード口座との比較

通貨ペアLand-FXTitan FXGEMFOREXExness
EUR/USD1.2pips1.2pips1.7pips1.1pips
USD/JPY1.3pips1.33pips1.7pips1.0pips
GBP/USD1.3pips1.4pips2.9pips1.2pips
Land-FX
EUR/USD1.2pips
USD/JPY1.3pips
GBP/USD1.3pips
Titan FX
EUR/USD1.2pips
USD/JPY1.33pips
GBP/USD1.4pips
GEMFOREX
EUR/USD1.7pips
USD/JPY1.7pips
GBP/USD2.9pips
Exness
EUR/USD1.1pips
USD/JPY1.0pips
GBP/USD1.2pips

他社と比較すると、Land-FXでは平均より狭いスプレッドを提供していることがわかります。

NDD STP方式を採用

スタンダード口座の約定方式は、NDD STP方式を採用しています。NDD STP方式は顧客注文をFX業者との相対取引により、即時にポジションが約定する仕組みです。

即時に約定するのでリクオート(約定拒否)が発生することは滅多にありません。しかし、NDD ECN方式よりスリッページが発生しやすく、スプレッドが広くなりやすいのがデメリットです。

ECN口座のメリットとデメリット

Land-FX(ランドエフエックス)のECN口座は、取引方式にNDD ECN方式を採用する、約定力とスプレッドに優れた口座タイプです。初回最低入金額が10万円からと同社が提供している5種類の口座タイプの中では最も高く設定されています。ですので、ECN口座は、初期資金に余裕があり、低取引コストを重視したい中・上級者向けの口座タイプと言えます。

ECN口座の特徴

メリットデメリット
  1. スプレッドが非常に狭い
  2. 約定力の高いNDD ECN方式
  1. 初回最低入金額が高い
  2. 最大レバレッジが1,000倍
メリット
  1. スプレッドが非常に狭い
  2. 約定力の高いNDD ECN方式
デメリット
  1. 初回最低入金額が高い
  2. 最大レバレッジが1,000倍

スプレッドが非常に狭い

ECN口座は、Land-FX(ランドエフエックス)の口座タイプで最も狭いスプレッドで取引できるのがメリットです。Land-FXはBofAやJPMorganを始めとする大手金融機関で構成されるリクイディティ・プロバイダーや、エクイニクス社のデータセンターを利用するなど優れたECN口座に力を入れています。Land-FXのECN口座では、最小0.0pipsからの極狭スプレッドで取引可能になっています。

別途取引手数料がかかりますが、それを含めても他の口座タイプより低コストで取引できます。

ECN口座のスプレッドを、スタンダード口座と比較してみます。

スタンダード口座とのスプレッド比較

通貨ペアスタンダードECN スプレッド
EUR/USD1.2pips0.3pips
USD/JPY1.3pips0.3pips
GBP/USD1.3pips0.5pips

0.2pipsから1pipsほどスプレッドが狭くなっています。

また、ECN口座で課される取引手数料の3ドルはスプレッドにして0.3pipsに相当するため、それを含めた実質コストをスタンダード口座と比べてみます。

スタンダード口座との実質コストの比較

通貨ペアスタンダードECNの
実質コスト(※)
EUR/USD1.2pips0.6pips
USD/JPY1.3pips0.6pips
GBP/USD1.3pips0.8pips

スプレッド+スプレッド換算した取引手数料。

取引コストを含めても、平均して0.5pipsほどスプレッドが狭くなっていることが分かります。また、スプレッドが狭いだけでなく、指標発表時などでもあまり変化しない、安定性も魅力です。

約定力の高いNDD ECN方式を採用している

ECN口座は、取引方式にNDD ECN方式を採用しています。NDD ECN方式はブローカーを介さずインターバンクに直接が直接流れる注文方法で、高い約定速度、リクオートが起きにくいことがメリットです。

Land-FX(ランドエフエックス)は大手金融機関との提携により、非常に高い流動性を確保しており、取引サーバーとの接続も良好です。また、Land-FXは、自身でリクイディティ・プロバイダーの事業を手懸けるなど、市場価格と顧客注文を繋ぐインフラ整備に長けています。その結果、平均200msというFX業界トップクラスの約定スピードを記録し、指標時でも安定していると高い評価を受けています。

初回最低入金額が高く設定されている

狭いスプレッドと約定力の高さなど、優れた取引環境を提供しているECN口座ですが、他の口座タイプと比較して、初回最低入金額が高く設定されていることがデメリットです。

各口座タイプの初回最低入金額

スタンダード口座・スワップフリー口座の
初回最低入金額(※)
1,000円相当額
プライム口座の
初回最低入金額
30,000円相当額
ECN口座の
初回最低入金額
100,000円相当額

イスラミック口座、エクスプレス口座も含む

最低100,000円の初回入金が必要ですので、本腰を入れてLand-FXで取引する予定が無ければ、なかなかECN口座を利用しにくいかもしれません。

近年は海外FX業者で最低入金額を下げる傾向にあり、Land-FX(ランドエフエックス)の初回最低入金額は相対的に高い水準になっています。最近では、FXGTのECN口座の最低入金額が、250ドルから5ドルに変更されたことが話題になりました。

ここのポイント

ECN口座は、初回に10万円相当の入金が必要ですが、それ以降の入金額に制限はありません。1回入金した後は、少額の入金でも大丈夫です。ですので、毎回数万円以上の入金が必要なブローカーより入金のハードルは低いといえます。とはいえ高額なので、まだ本格的に取引することに迷っている場合であれば、まずはスタンダード口座、プライム口座を検討するとよいでしょう。

他の口座タイプと比べると最大レバレッジが低い

ECN口座は、他の口座タイプと比較してレバレッジが最大1,000倍とレバレッジが低く設定されています。リニューアル後のLand-FX(ランドエフエックス)の特徴である「無制限レバレッジ」が利用できません。同じ取引サイズでも、レバレッジが高い方が必要証拠金は少なく済みますので、少額資金でレバレッジを効かせた運用がしたい方にとってはデメリットと言えるでしょう。

ただし、1,000倍のレバレッジは他社と比較しても低いということはなく、業界では平均以上のレバレッジです。

各海外FX業者の最大レバレッジ

海外FX業者最大レバレッジ
Titan FX500倍
XMTrading888倍
BigBoss999倍
FXGT1,000倍
GEMFOREX5,000倍
Exness無制限

2022年3月末のリニューアル以前のLand-FXの最大レバレッジは、スタンダード口座(旧:Live口座)が500倍、ECN口座が200倍でしたので、Land-FXはレバレッジに関して大幅な改善を行ったことが分かります。

スタンダード口座よりも速い約定スピードを実現したプライム口座

Land-FX(ランドエフエックス)のプライム口座は2022年3月末に新設された、スタンダード口座とECN口座の中間に位置する口座タイプです。無制限レバレッジや取引手数料というスタンダード口座の特徴そのままに、スプレッドだけが狭いという特徴があります。スタンダード口座よりもコストを抑えて、無制限レバレッジ取引をしたい方におすすめです。

プライム口座の特徴

メリットデメリット
  1. スタンダード口座よりも低コスト
  2. スプレッドがスタンダード口座とECN口座の中間
  3. 無制限レバレッジが使用可能
  4. 取引手数料が無料
  1. 最低入金額が3万円から
  2. NDD STP方式
メリット
  1. スタンダード口座よりも低コスト
  2. スプレッドがスタンダード口座とECN口座の中間
  3. 無制限レバレッジが使用可能
  4. 取引手数料が無料
デメリット
  1. 最低入金額が3万円から
  2. NDD STP方式

スタンダード口座より低コスト

プライム口座は、スタンダード口座と同じ取引条件を持ちながら、狭いスプレッドが設定されています。

各口座タイプのスプレッド比較

通貨ペアスタンダード
スワップフリー
プライムECNの
実質コスト(※)
EUR/USD1.2pips0.7pips0.6pips
USD/JPY1.3pips1.1pips0.6pips
GBP/USD1.3pips0.8pips0.8pips
スタンダード・スワップフリー
EUR/USD1.2pips
USD/JPY1.3pips
GBP/USD1.3pips
プライム
EUR/USD0.7pips
USD/JPY1.1pips
GBP/USD0.8pips
ECNの実質コスト(※)
EUR/USD0.6pips
USD/JPY0.6pips
GBP/USD0.8pips

スプレッド+スプレッド換算した取引手数料。

豊富な銘柄や取引手数料無料、無制限レバレッジなどの特徴を持ちながらも狭いスプレッドで取引できるため、初回最低入金額の条件さえ満たせるのであれば、プライム口座のほうがスタンダード口座やスワップフリー口座よりもお得に取引できます。

また、「ECN口座の取引コストは魅力的だけど、多少コストは高くなっても無制限レバレッジで取引がしたい」という方にもおすすめです。

初回最低入金額が30,000円から

プライム口座の初回の最低入金額が30,000円からと、スタンダード口座の1,000円と比較すると、入金のハードルが多少高くなります。ECN口座の10万円相当よりは低いですが、他の海外FX業者では上位の口座タイプであっても数百円から数万円程度に設定されることが多いため、高い水準です。

NDD STP方式を採用

プライム口座では、取引方式にNDD STP方式を採用しています。STP方式ではブローカーが一旦注文を呑んでカバー先の金融機関に注文を出すため、即時に決済されない場合にはスリッページが発生しやすくなります。

スリッページがコストとなる可能性があるほか、約定力などはECN方式のほうが優れますので、頻繁売買するスキャルピングのような取引にはあまり向かないと言えるでしょう。

スワップフリー口座のメリットとデメリット

スワップフリー口座は1週間未満の保有に限りスワップが発生しない、数日間のスイングトレードに適した口座タイプです。

スワップフリー口座の特徴

メリットデメリット
  1. スイングトレードに有効
  2. 無制限レバレッジ利用可能
  1. スプレッドが広い
  2. スワップフリーが1週間の短期間のみ
メリット
  1. スイングトレードに有効
  2. 無制限レバレッジ利用可能
デメリット
  1. スプレッドが広い
  2. スワップフリーが1週間の短期間のみ

スイングトレードに有効

スワップフリーの恩恵を最も受けれるスタイルはスイングトレードです。数日間ポジションを保有する事の多いトレーダーには有効な口座タイプです。

スプレッドが広い

スワップフリー口座のスプレッドは、スタンダード口座と同じ広さです。決して狭いスプレッドとは言えないため、数日間のスイングトレード用として割り切って使うべきでしょう。

スワップフリーが一週間の短期間のみ

スワップフリーが適用されるのは1週間未満と限られており、同じポジションを1週間以上保有していると自動的にスタンダード口座へと変更されます。

単純にスワップフリー口座を探すのであれば、より使い勝手の良いExnessXMを候補とするほうが良いでしょう。

イスラム教徒向けのイスラミック口座

イスラミック口座は、イスラム教徒向けに設計された口座タイプで、口座開設の際にイスラム教徒の証明書が必要となります。

イスラム教では宗教上の理由から金利に該当するスワップポイントを受け取ることができません。そのため、イスラミック口座はスワップフリー口座となっています。それ以外は、スタンダード口座と同等のスペックです。

本人確認不要の「エクスプレス口座」

エクスプレス口座の特徴

メリットデメリット
  1. 本人確認不要で取引できる
  2. スタンダード口座と同等の取引条件
  1. 出金には本人確認が必要
  2. 最大2,000倍のレバレッジ
メリット
  1. 本人確認不要で取引できる
  2. スタンダード口座と同等の取引条件
デメリット
  1. 出金には本人確認が必要
  2. 最大2,000倍のレバレッジ

2022年3月末に新設されたエクスプレス口座は、本人確認不要で取引ができる口座タイプです。Land-FX(ランドエフエックス)のスタンダード口座とほぼ同じ取引条件で、電話番号とメールアドレスさえあれば取引を開始することができます。

ただし、通常の口座タイプとは異なり、エクスプレス口座には以下のような条件があります。

エクスプレス口座の特徴

  1. 使用期間は1ヶ月
  2. 入金限度額は3,000ドルまで
  3. 取引条件はスタンダード口座と同等だが最大レバレッジは2,000倍

エクスプレス口座には1ヶ月の使用期間が設定されており、入金できる限度額は30万円です。

使用期間の1ヶ月以内に、本人確認書類と住所確認書類の両方を提出することで、スタンダード口座として同じ口座を利用し続けることができます。

エクスプレス口座の取引条件はほとんどスタンダード口座と同じ仕様ですが、無制限レバレッジは利用できず、最大2,000倍と制限されています。とはいえ、2,000倍のレバレッジを提供している海外FX業者は少なく、十分にハイレバレッジを活用できる口座タイプです。

Land-FXの口座タイプまとめ

Land-FX(ランドエフエックス)の各口座タイプの特徴やメリット・デメリットについて解説してきました。簡潔にまとめると以下の通りです。

・スタンダード口座

向いている人初心者やスイングトレーダー
特徴初回最低入金額1,000円から、無制限レバレッジが利用可能
注意点ECN口座、プライム口座と比較するとスプレッドが広く取引コストが割高

・プライム口座

向いている人より良い条件で無制限レバレッジを利用したいトレーダー
特徴スタンダード口座よりも口座スペックが高い
注意点初回最低入金額が30,000円から、NDD STP方式

・ECN口座

向いている人中・上級者トレーダー
特徴NDD ECN方式で、極狭スプレッド・高い約定力を実現
注意点最大レバレッジ1,000倍、取引手数料が片道3ドル、初回入金額が100,000円

・スワップフリー口座

向いている人数日間ポジションを保有することの多いトレーダー
特徴スタンダード口座と同等の性能
注意点スワップフリー適用は一週間のみ

「スタンダード口座」「スワップフリー口座」は初回最低入金額が低く、無制限レバレッジが利用できるため、少額で取引したい初心者トレーダーに向いた口座タイプです。スタンダード口座と同じ取引条件でさらにコストを下げたい場合は、初回入金額が30,000円になりますが、「プライム口座」を検討するとよいでしょう。

低取引コスト、高約定力で取引したい場合には、Land-FXの口座タイプの中で特にスプレッドが狭い「ECN口座」がおすすめです。ただし、レバレッジの最大が1,000倍であることや、初回入金額が10万円など少しハードルが高いため、中・上級者トレーダーに向いた口座タイプになっています。

Land-FXでは、2022年3月末のリニューアルに伴い、口座の新設と取引条件の変更、無制限レバレッジの導入を行いました。これまでよりも取引スタイルに応じて最適な口座タイプを選ぶことができるようになり、使いやすさが大きく増しています。

多様なニーズに応えるLand-FXの各口座タイプを、ぜひ試してみてください。

Land-FX 口座開設ページを開くblank

Land-FX - よくある質問(FAQ)

Land-FXに関する、よくある質問をまとめました。


  1. Land-FX(ランドエフエックス)の本人確認には、身分証明書と発行日より3ヶ月以内の現住所証明書が必要です。身分証明書はパスポートや運転免許証など公的機関発行のもの、現住所証明書は公共料金の領収書や住民票、クレジットカード明細書、健康保険証などが受付可能です。

    続きを読む

  2. Land-FX(ランドエフエックス)では、MetaQuotes社のMetaTrader4(MT4)とその次世代版であるMetaTrader5(MT5)をご利用頂けます。専用アプリをインストールすることで、PCやスマートフォン、タブレット端末等でご利用可能です。

    続きを読む

  3. いいえ、Land-FX(ランドエフエックス)のデモ口座には有効期限はございません。但し、30日間お取引履歴がないデモ口座は自動的に削除されてしまいます。削除されたデモ口座は復活させることができないため、再度新しくデモ口座を開設する必要があります。

    続きを読む

  4. Land-FX(ランドエフエックス)で保有しているポジションを翌日に持ち越すことでスワップポイントが発生し、日本時間午前6:00(冬時間の場合、午前7:00)に付与されます。尚、日本時間木曜日の朝は、週末分合わせて3日分のスワップポイントが付与されます。

    続きを読む

  5. はい、Land-FX(ランドエフエックス)の最大レバレッジは、口座タイプによって異なります。スタンダード口座の最大レバレッジは500倍、ECN口座の最大レバレッジは200倍となります。また、レバレッジは口座の証拠金額や保有ポジション数に応じて調整されます。

    続きを読む

口座タイプ

Updated最終更新:
FXplus編集部
筆者:FXplus編集部

海外FXをご利用するにあたり、最新の海外FX人気ランキングや、海外FX業者の無料口座開設代行など、海外FXの初心者でも安心してご利用頂けるコンテンツを提供しています。

当社の「海外FX 業者レビュー」に掲載の情報は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。

なお、この情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社(FXplus)が独自に制作したものであり、当サイトに掲載されているデーターの無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、当社までご連絡ください。

もっとみる

lan

リアル口座開設リアル口座開設

海外FX業者

人気ランキング

  • 1

    xem

    24.00
  • 2

    tfx

    23.50
  • 3

    exn

    23.00
  • 4

    fxg

    22.50
  • 5

    hot

    22.00

海外FX業者 人気ランキング >

当サイト限定

開催中のキャンペーン情報

開催中のキャンペーン一覧 >