おすすめ海外FXの比較・ランキング

人気の海外FX業者を比較・ランキング!~おすすめ業者が一目瞭然!~ 人気の海外FX業者を比較・ランキング!~おすすめ業者が一目瞭然!~ 口座開設数、実際に利用された評判、口コミ、業者からの情報などを総合的に評価した総合ランキングです

2015年10月度の感想

世界の情勢に大きな影響を受ける為替相場ですが、10月に入って、シリア難民の受け入れ問題はユーロ圏全体を巻き込んだ国際問題となり、ギリシャ問題に続き、このシリアの難民問題やテロの問題は、ユーロ圏通貨を大きく左右する問題になりつつあります。

10月に入っても、以前、中国の経済問題は先行き不透明。加えて、アメリカとロシアは自国の利益を確保すべく腹の探り合いが続き、日本は「実現不可能」という意見も多いアベノミスク第二ステージへ...。この様な緊張感の中、微妙なパワーバランスが為替市場に影響を与える状況が続いています。

10月の海外FXブローカーの大きなニュースは、AXIORYの次世代トレー ディング・インフラストラクチャー「Trinity+1」がリリースとなりました。この目玉となったトレーディングプラットホームの刷新に至っては、MT4のレスポンスが非常に向上し、クライアントエリアにおいては、全て日本語化され、おそらく日本人にとっては海外FXブローカー中、最も使いやすいインターフェイスとなったのではないかと思います。 今後、オリジナルプリペイドカードの発行も予定しており、期待できるブローカーの1社です。

来月は、日本市場にとってはNTT株以来の大型上場である日本郵政3社の上場が予定されております。これにより、対円相場に多きな影響を及ぼすとの観測があります。

2015年10月度の総合ランキング

XM (エックス エム)

1

XM (エックス エム)

海外FX総合ランキング1位総合評価:4.3/5.04.3

AXIORY(アキシオリー)

2

AXIORY(アキシオリー)

海外FX総合ランキング2位総合評価:4.1/5.04.1
  • 極狭スプレッドと透明性の高さで、2015年最も有望株の新興ブローカー

    FX業界のプロ集団が創業した、日本人の顧客急上昇中の新興ブローカー。各国のFSAから干渉されない、自由でユーザビリティの高いサービスは、ヨーロッパの若いトレーダーに爆発的に支持され、2014年秋より日本でのサービスを開始!

  • axo担当者のコメント
    AXIORYでは、6/4より、「板情報表示エクステンション(ワンクリック決済機能付き)」と「日本時間表示エクステンション」など、透明性の高いエクステンションの提供を開始いたします。

FxPro (エフエックス プロ)

3

FxPro (エフエックス プロ)

海外FX総合ランキング3位総合評価:3.6/5.03.6
  • 中級者以上のトレーダーに人気!玄人向けのサービスを提供!

    海外FX業界ではパイオニア的存在の大手ブローカー。各国のFSAライセンスを保有し、コンプライアンス体制は業界一。2014年、独自のコピートレードプラットフォーム「FxProSuperTrader」を新たにリリースし、アセットマネージメント分野にも進出。

  • fxd担当者のコメント
    FxProでは、6/1より、取引可能な商品ラインナップを大幅増大します。130の株式・5つの先物商品・10のインデックス商品を追加させて頂き、業界最大の商品数となります。

TitanFX (タイタンエフエックス)

4

TitanFX

海外FX総合ランキング4位総合評価:3.3/5.03.3

TradersTrust(トレーダーズトラスト)

5

TradersTrust)

海外FX総合ランキング5位総合評価:3.2/5.03.2

FXDD (エフエックス DD)

6

FXDD (エフエックス DD)

海外FX総合ランキング6位総合評価:3.0/5.03.0

IFC Markets (IFC マーケット)

7

IFC Markets (IFC マーケット)

海外FX総合ランキング7位総合評価:2.8/5.02.8

Pepperstone(ペッパーストーン)

8

Pepperstone(ペッパーストーン)

海外FX総合ランキング-総合評価:3.5/5.03.5
おすすめ海外FXの比較・ランキング(評価: 4.7/5.03472件)
Google +1

↑ページTOPへ↑

海外FX口座開設の注意事項

海外FX業者の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。
当初投資の一部、または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。