海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ASIC、5月3日より個人投資家向けバイナリーオプションの提供を禁止

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
New!UPDATE2021.04.08

ライセンス・規制

ASIC、5月3日より個人投資家向けバイナリーオプションの提供を禁止

ASIC, バイナリーオプション

同金融商品の特性は個人投資家に適合していないと指摘

オーストラリア証券投資委員会【以下、ASICと称す】は、2021年5月3日より、同国の個人投資家を対象としたバイナリーオプションの提供を禁止することを発表した。[1]

ASICは2017年と2019年に実施したレビューにおいて、個人投資家の約80%がバイナリーオプション取引で損失を出していることを明らかにした。同委員会によると、2018年の個人投資家によるバイナリーオプション取引に伴う損失額は、約4億9,000万ドルに上ったという。その後の2019年4月、ASICがオーストラリア国外顧客を対象に未認可もしくはライセンス未取得でサービスを提供する業者に対して警告を発令して以来、バイナリーオプション市場は急激に縮小しており、2019年の損失額は670万ドル程度に留まった模様だ。

ASICの委員長を務めるCathie Armour氏は、バイナリーオプションの商品特性は個人投資家に適合したものではなく、市場のボラティリティが高まる中、新たな規制の導入によって、有害な金融商品から個人投資家を保護する必要があると言及している。バイナリーオプションの提供を禁止する措置は18ヶ月間適用され、恒久的に採用される可能性もあるという。

ASICは個人投資家保護に向けた取り組みを積極化しており、より健全な市場が形成されることに期待したい。

release date 2021.04.08

出典元:

ニュースコメント

規制強化に傾くASIC

有害な金融商品から個人投資家を保護することを最優先事項に掲げるASICは、欧州証券市場監督局(ESMA)などのグローバル当局と足並みを揃える形で規制強化に傾いている。直近では、ASICは個人投資家向けCFD規制策を3月29日より適用開始しており、最大レバレッジを従来の500倍から30倍に引き下げた。他方で、アジア有数の金融市場を形成するオーストラリアでは、多くの金融サービスプロバイダーが市場開拓を試みている。例えば、CBOEがチャイエックスアジアを買収し、同国で第2位の市場シェアを握る証券取引所を傘下に収め業容拡大を図っている。また、4月9日よりチャリティーボーナスを実施するFBSはASICの認可を受け、オーストラリアでFX・CFD取引サービスを開始した。ASICが個人投資家保護に向けた取り組みを強化する中、海外FXブローカー各社が顧客基盤の維持・拡大に向けて如何なるソリューションを講じるか今後も注目したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。慶應義塾大学卒。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

メニューを閉じる