海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ESMA、ASICと覚書を締結

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.10.22

ライセンス・規制

ESMA、ASICと覚書を締結

ESMA

豪州のベンチマーク活用を模索

欧州証券市場監督局(European Securities and Markets Authority)【以下、ESMAと称す】は10月21日、オーストラリア証券投資委員会(Australian Securities and Investments Commission)【以下、ASICと称す】と、オーストラリアのベンチマークの活用を図る覚書(MoU)を締結したことを発表した。[1]

覚書の締結に際し、ASICの委員長を務めるJames Shipton氏とESMAの局長であるSteven Maijoor氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

グローバル規制当局と協調体制を構築及び強化させることは、我々の最優先事項といえます。ベンチマークはクロスボーダーの金融取引を行う際に必要不可欠なものであり、ベンチマークの統一性と正確性を確保すべく、各国の規制当局が協働しなければならないでしょう。当局が相互にサポートし、意見交換を密にすることで、オーストラリアの投資家に対し、公平で効率的かつ強固な金融システムの構築に寄与すると考えております。

James Shipton, chairman of ASIC - ESMAより引用

グローバル資本市場において金融ベンチマークを活用することは、ベンチマークの正確性と信頼性を常に確保すると共に、市場参加者にとっても重要な役割を果たします。これらの目的を達成すべく、我々とASICがMoUを締結し、効果的な協調体制を構築したことを喜ばしく思っております。

Steven Maijoor, chairman of ESMA - ESMAより引用

欧州では域内において利用されるベンチマークの統一性と正確性を確保するための共通フレームワークを定めたEU金融ベンチマーク規則(EU Benchmarks Regulation)【以下、BMRと称す】が導入されている。2019年初頭には、欧州委員会(European Commission, EC)がオーストラリア法及び監督体制を、BMRで求められる基準を満たし、一定の金融ベンチマークを導入する際の根拠となる法体系として承認した。これにより、ESMA規制下の事業体が、オーストラリアで公表される銀行間取引金利(Bank Bill Swap Rate, BBSW)やS&P/ASX200、債券先物決済価格(Bond Futures Settlement Price)、CPI、政策金利(Cash Rate)などのベンチマークを欧州域内で活用することができるようになった。そして今回、ESMAとASICが正式にMoUを締結し、オーストラリアのベンチマークの活用を推進することで、より透明性の高い金融市場の形成に寄与することが期待できそうだ。

official release 2019.10.22

出典元:

ニュースコメント

クロスボーダー取引を推進すべく協調体制を構築する各国規制当局

今回、ESMAとASICがMoUを締結したように、各国規制当局は健全な市場形成や新たな付加価値ソリューションの提供を行うべく協調体制の強化を図っていることがうかがえる。たとえば、AFMとSFCが覚書を締結し、相互に投資ファンドの提供を可能としたほか、英中当局が、ストックコネクトの開始を承認し、両国間のクロスボーダー投資及び証券市場へのアクセスの向上を試みている。また、MASがカンボジア国立銀行と提携し、フィンテック分野の発展に向け関係強化を図っている状況だ。トレーダーのグローバル投資需要が拡大するなか、各国規制当局が協調体制を強化し、信頼の置けるクロスボーダー取引スキームの構築を目指していることが推察される。他方で、Orient Global ServicesがMT5上でドバイ金商品取引を開始するなど、海外FXブローカー各社も多彩な投資家ニーズを満たすべく商品ラインナップの拡充を図っている。今後も、投資家が世界中の金融市場にシームレスにアクセスし安全に取引を行うためにも、金融当局及び海外FXブローカー各社が画期的なソリューションを提供することを期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ