海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

蘭AFMと香港SFCが覚書を締結

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.08.16

ライセンス・規制

蘭AFMと香港SFCが覚書を締結

ソリューション

相互に投資ファンドの提供が可能

オランダ金融市場庁(Authority for the Financial Markets)【以下、AFMと称す】と香港の証券先物事務監察委員会(Securities and Futures Commission)【以下、SFCと称す】は8月16日、両国の投資ファンドの相互承認を図る覚書(MoU)を締結したことを発表した。[1]

今回、覚書を締結したことにより、EU法を遵守してオランダにて設立・運用される投資ファンド(Undertakings for Collective Investment in Transferable Securities、譲渡可能証券への集団投資の引き受け)【以下、UCITSと称す】及び香港の集団投資スキーム(Collective Investment Schemes、多くの投資家から資金を集め、有価証券などへ投資することで、その収益を投資家に分配する仕組み)の両国市場における提供が可能になるという。また、SFCのRecognised Jurisdiction Schemes(投資ファンドの一つの販売スキーム)の適用対象であり、オランダ以外の欧州の国にて設立されるUCITSの運用を手掛ける際に、オランダのファンドマネージャーを起用する場合には、ファンドの設立認可手続きを合理化するとのことだ。

覚書の締結に際し、AFMの役員であるGerben Everts氏とSFCのCEOを務めるAshley Alder氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

今回、新たにオランダと香港の間で関係を構築できたことは、オランダのアセットマネジメント業界がアジア市場の開拓を図るうえで非常に重要な足がかりとなります。今後同市場の投資家に対し、投資の選択肢を広げると共にポートフォリオ分散の機会を提供することができるようになるでしょう。今回のMoUの締結をきっかけとして、我々とSFCが積極的に協力し合うことで、様々なビジネス機会が生まれることを楽しみにしていることに加え、金融機関が明瞭で堅固な監督体制の下でサービスを提供し、投資家が適切な保護を受けられるよう規制枠組みを構築する考えであります。

Gerben Everts, Board Member of the AFM - AFMより引用

AFMと締結した投資ファンドの相互認証スキームは、両国のアセットマネジメント業界に様々なビジネス機会をもたらすと共に、投資家に対しては投資の選択肢を増やすことに繋がります。我々は、香港を国際的なアセットマネジメントセンターへと発展させるコミットメントの一部として、その他の国とも同スキームの適用を拡大させていく意向であります。

Ashley Alder, the SFC's Chief Executive Officer - AFMより引用

今回、オランダと香港が相互に投資サービスを提供できるようになったことで、投資家が受け取ることのできる情報も充実することが予想され、両国の証券取引が活性化されることを期待したい。

official release 2019.08.16

出典元:

ニュースコメント

世界の監督当局の連携が活発化

今回、ヨーロッパとアジアの金融監督当局が主導する形で、両国のアセットマネジメントビジネスの更なる発展を目指し、投資ファンドのクロスボーダー化を実践する意向である。足元では、新たなソリューションの提供などを目的とした民間企業同士のパートナーシップ契約の締結に留まらず、世界各国の監督当局同士の連携が活発化している。2019年6月には、英中当局が上海・ロンドンストックコネクト開始を承認し、両国間のクロスボーダー投資及び証券市場へのアクセス向上を実現させた。また、シンガポールのMASとカナダ銀行がクロスボーダー決済の実証実験に成功し、より割安で高速且つ安全な決済システムの構築を模索しているほか、同じくMASとカンボジア国立銀行が提携し、フィンテック分野の発展に向けMoUを締結している。これらの事例のように、各国監督当局が連携することで、新たなビジネス機会の創出を大いに期待することができる。また、適度な投資家保護策と適切な監督体制を構築することで、グローバルに健全な市場が形成されることを期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ