海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

CySEC、専門スタッフを3倍に拡充する計画

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.05.23

ライセンス・規制

CySEC、専門スタッフを3倍に拡充する計画

CySEC

効果的な規制及びモニタリング体制の構築を模索

キプロスの金融監督当局であるキプロス証券取引委員会(本社:19 Diagorou Str. CY-1097 Nicosia, Cyprus[1])【以下、CySECと称す】の委員長を務めるDemetra Kalogerou氏は、効果的に金融市場を規制及びモニタリングすべく、今後2年間で専門スタッフを3倍に拡充する計画であると、5月21日からキプロスにて開催されている金融業界最大級のB2BエキスポiFX EXPOの講演で明らかにした。

キプロスのトレーディング業界は市場規模が拡大すると共に、規制内容がより複雑化しており、CySECが担う役割及び業務量も増している状況だ。2019年4月時点でCySEC規制下の企業数は676社あり、2011年の247社から実に173.7%増加している。取引施設は限定的な数ではあるものの、投資会社は規制下にある会社全体の3分の1を占めており、これらのデータを勘案すると、CySECがより効果的な監督業務を実施するうえで人員拡充の必要性があることが伺える。

またKalogerou氏は、2013年の欧州債務危機の際もCySECは的確に市場を規制及びモニタリングすべく、人員を2倍に拡大していたと主張しており、現在の複雑化した市場環境下においても監視チームのスタッフ拡充を図る可能性が高いと推察できる。更に、既存の金融システムを揺るがしかねないリスクをはらむ仮想通貨市場の規制及びモニタリングの重要性も説いており、仮想通貨を第5次欧州マネーロンダリング指令(the fifth EU Anti-Money Laundering Directive)の規制対象に含めるべきだとの考えも示している。

人員拡充計画を発表するに際し、Kalogerou氏は以下のようにコメントしている。

我が委員会は、市場を効果的にモニタリングために十分な人材が揃っている状況とは言い難く、人員拡充は最重要課題であります。既にキプロス政府には現状を踏まえたうえで、より多くの専門スタッフを確保する必要性を伝えております。今後多くの規制が施行されることに加え、既存の規制策は非常に複雑であるため、市場を的確にモニタリングする専門性の高い人材を必要としており、政府が我々を支援してくれるものと確信しております。また仮想通貨の分野では、ブロックチェーン技術が長期的な応用性を有していると認識しておりますが、充実した投資家保護や統一性及び健全性ある市場の実現、そして安定的な金融インフラシステムの構築に脅威を与えるアンチマネーロンダリング及びテロ資金供与対策を講じる必要性があるとも考えております。

Demetra Kalogerou, Chairwoman of CySEC - Finance Magnatesより引用

2019年3月、CySECはブローカーに2018年取引データ提出を義務づけ た他、CySECは暗号資産規制に関する諮問書を公表するなど、FXやCFD、仮想通貨市場の規制及びモニタリングを強化する意向を示している。そして今回、CySECが人員を大幅に拡充することを実現し、より充実した監督体制を構築することで、高い規律と健全性が保たれた金融市場が形成されることを期待したい。

official release 2019.05.23

出典元:

ニュースコメント

変化の中にあるCySECの規制ポリシー

CySECはキプロス共和国の金融監督当局として2001年に設立された比較的後発の金融監督当局として知られている。設立当初は先進諸国と比較して緩やかな規制ポリシーを布いていたことから、多くの海外FXブローカーが同国にオフショア拠点を設置してきた。2004年にキプロス共和国がEU加盟を果たすと、必然的にCySECも欧州証券市場監督局(European Securities and Markets Authority)【以下、ESMAと称す】規制下に置かれる事となり、近年ではこれまでCySECの特徴であった緩やかな規制ポリシーは以前の面影を感じることもできないほどに変化し、他のEU諸国と足並みをあわせた非常に厳しい規制内容となっている。世界的なFXブローカーへの規制強化の流れの中で、ブローカーがオフショア市場へシフトする流れが加速し、トレーダーがESMAの規制を受けないスイスにトレーダーが押し寄せる事態となるなどブローカー、トレーダーが自由な取引環境を求めて行動を起こす中、各国の金融監督当局も世界的な規制強化の流れに対応するために必死となっているようだ。最近ではCySECより認可・規制を受けるGBE Brokersが新ブランドdiscountFXを始動させるなど、ブローカーにとってCySEC規制下でのビジネス展開の魅力はまだまだ健在していると言えるであろう。過度な規制により市場が混乱することなく、ブローカー、トレーダーにとって明るい展望が現れることに期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ