海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ESMA、ブレグジット後のMiFIDⅡ適用計画を公表

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
New!DATE2019.03.14

ライセンス・規制

ESMA、ブレグジット後のMiFIDⅡ適用計画を公表

ESMA

デリバティブ取引規制に変更なし

欧州証券市場監督局(European Securities and Markets Authority)【以下、ESMAと称す】は3月12日、英国が合意なき離脱(ハードブレグジット)をした際にも適応する、EU(欧州連合)域内の金融・資本市場の包括的規制策である第二次金融商品市場指令(Markets in Financial Instruments Directive Ⅱ)【以下、MiFIDⅡと称す】の詳細な計画書を公表した。

ESMAがこの度公表した計画書では、特にデリバティブ取引に係るレポーティング規制に関する計画がまとめられている模様だ。なお、既にESMAはデリバティブ取引報告義務の詳細な適用計画を公表しており、今回は直近のブレグジット情勢を勘案した上での最新の計画書と言えよう。

ESMAの規制策において、投資会社などによるデリバティブ取引に関しては、MiFIDⅡにより導入された多目的取引施設(Multilateral Trading Facilities, MTF)や組織化された取引施設(Organised Trading Facilities, OTF)を通じて行わなければならないとされている。そして、それらの認可特定機関の多くが英国を拠点としていることから、仮に英国が合意なき離脱をした場合でも、継続的にデリバティブ取引の執行がなされるか懸念が高まっていた。しかしながらESMAは、これらの施設が既にEU域内に子会社を設立していることから、ブレグジット後のデリバティブ市場において、流動性の枯渇が生じることはないであろうと見込んでいる。また、今後も円滑なデリバティブ取引が行えるよう、十分な流動性が供給されているかモニタリングも続けるという。更にESMAはハードブレグジットとなった場合でも、市場参加者がデリバティブ取引に関する各種規制策を適切に遵守することが可能であると考えているようだ。[1]

また金融機関などによる店頭取引(OTC取引)に関しても、現在は認定公表機構(Approved Publication Arrangement, APA)を通じた取引データの公表が義務づけられている。そして英国がEUから離脱した場合でも、英国を拠点とする投資会社などは第三国に設立されたカウンターパーティーとして分類した上で、継続的に店頭取引データの公表義務を負うことになる模様だ。つまり、英国企業とEU域内の企業が行ういかなる店頭取引も、ESMAのレポーティング規制を継続的に遵守する必要があるという。

ESMAはブレグジット後の金融市場の混乱を避けるべく、粛々と対応策をまとめている状況である。他方でブレグジット情勢は依然混沌としており、その動向を注視する展開が続きそうだ。

official release 2019.03.14

出典元:

ニュースコメント

ブレグジット、期限直前に延期の可能性

英国のEU離脱期限まで、残りわずかとなったが、EU地域と英国の間で、未だに離脱協定案が合意に至らない中、英国下院はブレグジットを延期することを可決した。これにより、英国議会が3月20日を期日に英国政府がまとめた離脱案を承認した場合、英国は6月末日までの一時的な延長をEUに申し出ることになる。このように、依然ハードブレグジットとなる可能性もぬぐい切れない不安定な状態が続く中、ESMAやFCAはワーストケースを想定した規制の適応範囲などをまとめた声明文を公表している。今回、MiFIDⅡに関しては、英国がEUから離脱した場合でも、継続的に取引データの公表義務を負うことになる方針を発表したが、ブレグジットの延期が決定すれば、今後、更に詳しい適用計画が発表されることが予想される。引き続き、ブレグジットが及ぼす金融市場への影響について注視していく必要があるだろう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ