海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

FCバルセロナ、ブロックチェーン企業Chilizと提携

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2020.02.17

その他

FCバルセロナ、ブロックチェーン企業Chilizと提携

ICO

デジタルトークンをリリースし、グローバル展開戦略を推進させる意向

スペイン1部リーグ(LaLiga、ラ・リーガ)に所属し、世界的な知名度を誇るFCバルセロナ(FC Barcelona)【以下、バルセロナと称す】は、デジタルトークンを利用したファンエンゲージメントを向上させるべく、2月13日、ブロックチェーンを活用した仮想通貨投票プラットフォームを提供するChiliz(本社:Chiliz, 14 EAST Level 7, Sliema Road, Gzira GZR 1639 Malta[1])と提携したことを発表した。[2]

バルセロナがリリースする予定のデジタル通貨は、バルサ・ファン・トークン(Barca Fan Tokens)と名付けられたという。圧倒的な数のバルセロナサポーターを対象に、ChilizのモバイルアプリであるSocios.com上で、同トークンを活用した様々な投票や調査に参加することができるようだ。バルセロナは、2020年第2四半期に4,000万トークンを発行する見通しで、初期の段階においては、1トークン当たり2ユーロで売り出されるという。トークンは複数の取引所に上場される見通しであるものの、具体的な取引所名は明かされていない。尚、バルサ・ファン・トークンのリリースは、ファンエンゲージメントを高めるためのグローバル展開戦略の一環であると共に、新たなデジタルメディアの構築となるだろう。

両社の提携に際し、バルセロナの取締役兼コマーシャル部門ヘッドを務めるJosep Pont氏と、Chiliz及びSocios.comの創業者兼CEOであるAlexandre Dreyfus氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

我々は、Chilizを新たなグローバルパートナーとしてバルサファミリーに迎えられたことを誇らしく思っております。今回の提携は、我がクラブと世界中のファンの距離を縮めるため、デジタル領域に注力した革新的なマーケティング及びパートナーシップ戦略を打ち出すことに寄与します。また我々は、フィールド内外にアピールするコンテンツの創出という新たな流れを生み出すべく、新コマーシャル・戦略を策定中です。

Josep Pont, a board member and head of commercial at FC Barcelona - Chiliz NEWSより引用

我々は、Socios.comがバルセロナに迎え入れられ、圧倒的な顧客層の獲得に動き出せることを大変喜ばしく思っております。バルセロナは、国や文化も異なる3億人以上のファンを抱えており、常に同クラブ関連のアプリがダウンロードされている状況です。我々は今後もトークンの使い方などを教示し、サポーターがバルセロナ・ファン・トークンを購入することで、革新的技術を活用したユースケースを強化することができます。

Alexandre Drefyus, founder and CEO of both Socios.com and Chiliz - Chiliz NEWSより引用

バルセロナは、世界最大規模を誇るサッカークラブだ。国内外の大会で数々のタイトルを獲得し、世界中に圧倒的なフォロワーを抱えている。2020年1月に、同クラブは海外FXブローカーのFBSともパートナー契約を締結した。そして今回、ブロックチェーン企業のChilizと提携したデジタルトークンをリリースすることで、更なるファンエンゲージメントの向上が期待できそうだ。

official release 2020.02.17

出典元:

ニュースコメント

スポーツ業界で広がるデジタルトークンの活用

金融機関とフィンテック企業が協働して、デジタルトークンを開発する事例が散見されることに加え、今回のバルセロナのようなスポーツクラブも、ブロックチェーン技術などを活用したデジタルトークンの開発を活発化させている状況だ。例えば、イタリア屈指の強豪クラブであるユベントスFCがSocios.comと提携し、独自のファントークンを発行するほか、ブラジルの人気サッカークラブであるアトレチコ・ミネイロも独自ファントークンを発行し、ファンによるチケットやグッズの購入に活用していく意向である。更に、世界的なブランド力を誇るナイキがスニーカー所有権をトークン化する特許を取得など、ブロックチェーン技術を活用することで、ブランドエンゲージメントの向上を図っている。デジタルエコノミー化が急速に進むなか、更なる顧客基盤の拡大を模索するスポーツ業界の各クラブ・企業と、優れたテクノロジーを有するブロックチェーン関連企業との提携が活発化すると予想される。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

topへ