海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

サウジアラビアとUAE、デジタル通貨の発行で合意

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.11.29

デジタル通貨活用プロジェクトAberを推進

ムハンマド・ビン・サルマン(Mohammed bin Salman)・サウジアラビア王国皇太子と、シェイク・ムハンマド・ビン・ザーイド(Sheikh Mohamed bin Zayed)・アブダビ皇太子兼アラブ首長国連邦(UAE)軍副最高司令官が、インターバンク市場でのデジタル通貨の活用に関する合意書を締結したと、UAEの英字紙The Nationalが11月27日に報じた。[1]

合意書の締結を受け、両国は新たに4つの政策分野におけるパートナーシップ契約を締結すると共に、7つの戦略的イニシアチブの検証を行う見通しだ。また、両国共同で日量120万バレルの精製能力を誇る製油所の建設やサイバーセキュリティ対策を推進するほか、銀行監督当局が金融市場の課題や発展について議論する場も設けられるとのことである。

2019年初頭には、UAE中央銀行(Central Bank of the United Arab Emirates)とサウジアラビア通貨庁(Saudi Arabian Monetary Authority)【以下、SAMAと称す】が、Aberと呼ばれるインターバンク市場におけるデジタル通貨の活用を推し進める計画を公表していた。その際にSAMAは、デジタル通貨の最新テクノロジーやフィージビリティスタディ、送金コストの削減、テクニカル面のリスク評価、活用方法などに関する検証を行っているとコメントしていた。

なお、ビッサム(Bithumb)がNvelopと提携し、UAEで仮想通貨取引所の設立を目指すほか、フォビ(Huobi)はクラウドベースのホワイトラベルサービスの展開を目論むなど、多くのブロックチェーン関連企業が高い成長の見込まれる中東市場に流入してきている。脱石油及び産業の多角化を推し進める中東の雄・サウジアラビアと、他のアラブ諸国と比較して成熟した金融市場を構築するUAEがタッグを組み、今後如何なる国策のデジタル通貨産業が成立するか動静を見守る必要がありそうだ。

official release 2019.11.29

出典元:

ニュースコメント

脱石油依存に挑むアラブ諸国

IMFが10月に公表した最新の世界経済見通しにおいて、中東・中央アジアの2019年のGDP成長率予測は0.9%増と、4月の発表時点と比較して0.9%下方修正したほか、先進国と新興・途上国を含む世界全体の経済成長率見通しである3.0%も大きく下回った。アラブ諸国は経済を安定成長させるべく、石油依存からの脱却を目指しているものの、原油価格の伸び悩みや不安定な金融市場など外部環境の影響を受け、経済構造の変革が停滞している模様だ。市場環境は厳しいものとなりつつあるが、アラブ諸国のFX取引が拡大するなど、明るい兆しも見えてきている。足元では、Finior CapitalがUAEでFX取引を開始したほか、Equiti Groupがリヤドバンクと提携するなど、海外FXブローカー各社による中東への進出が増加傾向にある。そして今回、中東の盟主であるサウジアラビアとUAEが、本格的にデジタル通貨の活用を推し進めることで、脱石油依存に向けた一大産業の形成に期待が高まっている状況だ。また、デジタル通貨の活用において必須となる高いブロックチェーン技術を誇る金融テクノロジープロバイダーが、中東での市場開拓を目論み進出を加速させていることから、今後官民が一体となって画期的なソリューションが開発されることを期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ