海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

サンタンデール銀行、フィンテック企業Eburyを買収

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.11.05

その他

サンタンデール銀行、フィンテック企業Eburyを買収

買収

新市場の開拓を含むデジタル戦略を推進させる意向

スペイン最大手の金融機関であるBanco Santander SA(本社:Av. de Cantabria s/n 28660 Boadilla del Monte Madrid Spain[1])【以下、サンタンデール銀行と称す】は11月4日、英国・ロンドンを拠点に決済プラットフォームの開発を手掛けるEbury(本社:100 Victoria Street London SW1E 5JL[2])を買収することを発表した。

Ebury(イーブリー)は19か国で140種類の通貨決済サービスを提供し、過去3年間の売上高伸び率が年率40%にも上る驚異的な成長を遂げているフィンテック企業だ。今回サンタンデール銀行は、Ebury株式の過半数に当たる50.1%を買い占めることで経営権を握り、同行のデジタル戦略を推進させる意向である。また、3億5,000万ポンド(4億5,300万ドル)に上るEbury株式の買収金額のうち、7,000万ポンドは新規株式発行分に相当する模様であり、サンタンデール銀行では2024年に24%を超える投資利益率(Return On Investment, ROI)を見込むという。

一方で、Eburyはサンタンデール銀行からの資本を活用し、主にラテンアメリカやアジアなどの新市場の開拓を目指すとのことだ。特に、同行はブラジルで26%の市場シェアを握っていることから、Eburyにとっては同行と手を組むことで、ラテンアメリカ市場におけるスムーズな市場開拓に寄与すると見込まれている。また、Eburyはサンタンデール銀行に株式の過半数を取得された後も、同行のサポートを受けながら独立した事業体として運営していくとのことだ。なお、今回の買収をきっかけにBanco Santander BrasilのCEOであるSergio Rial氏が、Eburyの取締役会長に就任するものの、Eburyの現経営陣に関しては留任する見通しである。

今回の買収に際し、サンタンデール銀行のCEOであるAna Botin氏とEburyの共同創業者であるJuan Lobato氏及びSalvador Garcia氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

我が行はEburyとのパートナー契約を通じて、従来大企業しかアクセスすることができなかった商品・サービスを、中小企業のお客様にも、より迅速で効率的に提供することが可能になります。

Ana Botin, CEO of the Santander Group - Finextraより引用

我が社初となるM&A(企業の合併・買収)案件をまとめあげ、サンタンデール銀行から新たな資本を得られることを喜ばしく思っております。また、我々が起業家精神を保ち、中小企業向けのグローバル決済サービスの提供などを通じて更なる事業拡大を図るべく資本を活用することに対し、既存株主から支持を得られると考えております。

Juan Lobato and Salvador Garcia, co-founders of Ebury - Finextraより引用

サンタンデール銀行にとっては、Eburyが誇る高機能決済ソリューションを活用することで、グローバルに顧客取引の拡大が期待できそうだ。

official release 2019.11.05

出典元:

ニュースコメント

英国を代表する決済サービスプロバイダーのEburyに注目

2009年に創業したEburyは、英国の有力経済紙フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)のFuture 100 UKに選出されたことにより、経済社会に与える影響が大きく、継続して売上高を急拡大させている有力企業として認められた、今注目の決済プラットフォームプロバイダーだ。また、新市場開拓を目論む同社にとって重点市場の1つであるラテンアメリカは、大国のブラジルとメキシコを中心として電子決済需要の拡大が見込まれている市場である。一方、サンタンデール銀行は、拠点の欧州に加えブラジルを始めとするラテンアメリカ市場で一定のプレゼンスを確立している。そのため、Eburyにとってはサンタンデール銀行と協働して、親和性の高い効果的な市場拡大戦略を打ち出すことで、引き続き高い成長率を維持することが期待できるであろう。他方で、決済サービスは市場拡大が見込まれる有望分野であることから、Mayfair FXがウィコム・ワンダラーズと提携したほか、マネータップがペイペイと提携し決済ソリューションを開発する計画であり、ForexClearもTradeNeXusと統合するなど、数多くの金融サービスプロバイダーがサービス機能強化を図っている状況だ。競合他社との競争が激化するなか、Eburyが決済サービス分野で快進撃を続けるべく、新市場の顧客向けに如何なるソリューションを提供するか注目したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ