海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ブロードリッジ、金融サービス業者Financial Database Servicesを買収

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.09.06

その他

ブロードリッジ、金融サービス業者Financial Database Servicesを買収

買収

コンプライアンスなどの分野で革新的サービスの提供を模索

米国・ニューヨークを拠点とするフィンテック企業であるBroadridge(本社:5 Dakota Drive, Suite 300, Lake Success, NY 11042[1])【以下、ブロードリッジと称す】は8月4日、金融サービスプロバイダーであるFinancial Database Services(本社:9920 Pacific Heights Blvd. #430 - San Diego, CA 92121[2])【以下、FDSと称す】を買収したことを発表した。

今回の買収に際し、ブロードリッジのウェルス・キャピタル市場ソリューション部門北米地域ヘッドを務めるMichael Alexander氏とFDSの社長を務めるDavid Woltman氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

FDSの買収は、我が社のウェルスマネジメントサービスの強化と顧客基盤の拡大を図る最新の事例となります。支払い管理やコンプライアンスは変革が求められており、今回の買収をきっかけとして、業界をリードするサービスを提供していくことを楽しみにしております。

Michael Alexander, head of North American Wealth and Capital Markets Solutions for Broadridge - Broadridgeより引用

より多くのお客様に革新的なソリューションの提供を続けていくために、業界の有力プレーヤーであるブロードリッジの傘下に収まり、協働していくことを喜ばしく思っております。

David Woltman, President of Financial Database Services - Broadridgeより引用

2007年に創業したブロードリッジは、証券処理の自動化やポートフォリオ管理、取引データの収集・分析・レポーティング、議決権代理行使など多岐に亘るサービスを手掛け、北米市場において債券及び株式の日次平均取引金額が5兆ドルを超えるフィンテック企業だ。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、代表的なベンチマークであるS&P500にも組み込まれている。また、本拠地のニューヨークを始め、東京、ロンドン、トロント、フランクフルト、シンガポールなど世界各地にネットワークを張り巡らせ、フォーチュン誌の世界で最も称賛される企業賞(金融データサービス部門)を獲得するなど、グローバルに圧倒的なプレゼンスを確立している。一方のFDSは、ウェルスマネジメント業界向けの支払い管理や取引業務処理の効率化、取引サーベイの自動化やルールエンジンの構築などのコンプライアンスサービス、そしてアドバイザリー業務申請・更新・レポーティングといった規制に対応した効率的で収益性の高いレグテックソリューションを提供している。今回、ブロードリッジにとっては、目まぐるしく変化する規制環境のなか、需要の拡大が見込まれる分野において高付加価値ソリューションを提供するFDSを買収することで、更なる取引の拡大が期待できそうだ。

official release 2019.09.06

出典元:

ニュースコメント

フィンテック・レグテック企業との協働が求められる海外FXブローカー

欧州を始めグローバルに規制が強化されるなか、海外FXブローカーは、効率的に規制に対応することが求められている。また、米国のミレニアル世代に代表されるように、従来とは異なる顧客ニーズを把握すると共に、既存のサービス構造からの変化にも対応しなければならない。各ブローカーがこのような市場環境に順応し、革新的なソリューションを提供するためには、先進的なテクノロジーを活用するフィンテックやレグテック企業との提携や買収を通じて、高付加価値機能を提供できる体制を整備する必要性が高まっているといえる。そして実際に、GAINがValidusプラットフォームをリリースしたほか、サクソバンクがTradesocioと提携するなど、海外FXブローカー各社は積極的にフィンテック・レグテック企業との協働を推し進めている状況だ。ブレグジットに揺れる英国では、FCAがCFD規制策の最終版を公表するなど、今後も世界各国で規制を強化する方針であることから、ブローカーは矢継ぎ早に打ち出される各規制に効率的に対応すると共に、新たな付加価値を創出する経営体制の構築が急務になるといえるであろう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ