海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

メルカドリブレ、780万ドル相当のビットコインを購入

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2021.05.07

仮想通貨(暗号資産)

メルカドリブレ、780万ドル相当のビットコインを購入

ビットコイン

財務戦略の一環として同仮想通貨への投資を決定

アルゼンチンを拠点にする大手eコマース企業であるMercadoLibre【以下、メルカドリブレ】が、780万ドル相当のビットコイン(Bitcoin)を購入したことが明らかになった。[1]

今月5日の決算報告の中で、メルカドリブレは財務戦略の一環としてビットコインを購入したと発表した。中南米地域最大のeコマース企業であるメルカドリブレは、2015年から同社の決済プラットフォームであるMercadoPagoを通じてビットコインに対応しており、最近ではビットコイン専用の不動産プラットフォームの立ち上げを行なっているという。

米国では、ビジネスインテリデェンス(Business Intelligence)を開発するMicroStrategyが10億ドル相当のビットコインを追加購入するなど、主要な上場企業が同仮想通貨に対する投資を拡大している。大手電気自動車メーカーのテスラはビットコイン決済の受付を開始しており、ビットコインをバランスシートに組み込んで長期保有する姿勢を示しているようだ。

現在、メルカドリブレはアルゼンチンやブラジル、メキシコなどの中南米地域を中心に世界18か国でサービスを展開している。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を背景に、メルカドリブレは飛躍的に業績を伸ばしているが、今回、ビットコインを購入したことがどのような成果につながるのか、今後も同社の取り組みに注目していきたい。

release date 2021.05.07

出典元:

ニュースコメント

eコマース企業による仮想通貨関連サービスが拡大

元々、eコマースは仮想通貨(暗号資産)と親和性の高い分野のひとつとして期待されていたが、仮想通貨市場が本格的に拡大していることを受け、大手eコマース企業による仮想通貨関連サービスのローンチが相次いでいる。例えば、日本の楽天が仮想通貨ウォレットサービスを開始して既存事業とのシナジー創出を試みているのに加え、ShopifyがCoinPaymentsと提携して1,800種類の仮想通貨に対応する決済サービスの導入に成功しているようだ。これに続き、最近ではeBay(イーベイ)のCEOであるJamie Iannone氏が仮想通貨決済およびNFT(Non-Fungible Token)関連サービスの構築を検討中だと発言しているという。依然として仮想通貨はボラティリティやセキュリティ、法規制などの問題を抱えているが、この業界でのトレンドがどのような変化をもたらすのか、今後も仮想通貨市場での動向を見守っていきたい。

Zero(ゼロ)
筆者:Zero(ゼロ)

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。金融ライターとして独立後は、暗号資産およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

メニューを閉じる