海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

FCA、仮想通貨関連企業の資金洗浄対策を監督

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2020.01.15

仮想通貨関連

FCA、仮想通貨関連企業の資金洗浄対策を監督

FCA

仮想通貨の犯罪利用に関するリスク軽減を狙う

英国の金融監督当局である英国金融行動監視機構(Financial Conduct Authority)【以下、FCAと称す】は、AML(マネーロンダリング防止)およびCTF(テロ資金供与対策)の規制に基づき、国内で特定の仮想通貨関連事業を運営する企業に対して監督を行うと発表した。[1]

FCAの発表によると、対象となる仮想通貨関連企業はAMLおよびCTFに対するリスクを査定し、それを軽減するためのポリシーやシステムを整備しなければならないという。これに加えて、仮想通貨関連企業はMLRs(Money Laundering Regulations)の遵守や、顧客のデューデリジェンスの実施、取締役や上級役員を監査役に任命することが求められている。

また、英国内の仮想通貨関連企業は事業を開始する前にFCAに登録する必要があり、既存企業も2021年までにこれを済ませる必要がある。2020年1月10日以前に事業を開始した仮想通貨関連企業に関しては、MLRsに対するコンプライアンスを有効化することを引き換えに、活動の継続が許可されているようだ。

昨年7月、FCAは仮想通貨に関するガイダンスを発行しており、規制対象となるトークンの種類を明確化し、仮想通貨市場の透明性を高めようと試みている。更にFCAは仮想通貨デリバティブ商品の禁止を検討するなど、仮想通貨市場の成長よりも投資家の保護を優先する姿勢を見せているが、今後も当局の動きに注目していきたい。

official release 2020.01.15

出典元:

ニュースコメント

経済犯罪の撲滅に取り組む英国政府

昨年7月、英国財務省および内務省は経済犯罪計画(Economic Crime Plan)を発表し、政府機関と民間企業を中心に、国内外における経済犯罪への対策を見直すことを決定しており、継続的にその取り組みを進めているという。この計画には英HSBC銀行やバークレイズ(Barclays)、ロイズ・バンキング(Lloyds Banking)などの名だたる企業が賛同し、既に650万ポンド(およそ800万ドル)の資金が寄付されているようだ。過去にはこれらの大手金融機関が政治家と癒着してマネーロンダリングの隠れ蓑となっていた経緯があるため、英当局もこの計画に躍起になっている様子がうかがえる。特に2020年に入ってECBが独自仮想通貨の開発活動拡大を検討するなど、欧州全体が仮想通貨の活用に向けて動き出しているだけに、この計画が仮想通貨市場を統制する上で重要な役割を果たす可能性があると言えるだろう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

topへ