海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ドイツ議会が銀行の仮想通貨取り扱いを許可する法案を可決

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.12.02

仮想通貨関連

ドイツ議会が銀行の仮想通貨取り扱いを許可する法案を可決

ビットコイン

仮想通貨の販売およびカストディ業務が可能となる

ドイツの経済紙Handelsblattの報道によると、ドイツではEU(欧州連合)の第4次マネーロンダリング指令(The Fourth EU Money Laundering Directive)を実行するための法改正が進められているが、その中に国内の銀行がビットコイン(Bitcoin)を含む仮想通貨の販売およびカストディ業務を行うことを容易にする法案が盛り込まれる可能性があるという。[1]

現在、ドイツ政府は金融機関による仮想通貨の販売促進を禁止しているが、この法案が正式に採用されれば、2020年からは株式や債券などの商品と同様に、国内の銀行がオンラインバンキングを介して仮想通貨を取り扱えるようになる。これに関してDistributed Ledger Consultingの責任者であるSven Hildebrandt氏は、ドイツ政府が仮想通貨規制において先駆者的なポジションを取ったことで、国内市場がこの分野で発展を遂げる可能性があると述べた。この法案は既に連邦議会を通過しており、16の州からの合意を待っている状況だ。

これまで銀行が余剰仮想通貨を管理する場合、子会社または外部のカストディアン企業を利用する必要があったが、新しい法案ではそれを規定する条項が撤廃されるという。この法案は200を超える金融機関で構成されるロビイスト団体であるドイツ銀行協会が支援したことで成立し、同協会は銀行が仮想通貨のカストディ業務を執行するのに十分な能力を有するとの見解を示している。これに加え、ドイツ銀行協会はデジタルユーロの活用を要請しており、Facebook(フェイスブック)のリブラ(Libra)などの世界的なステーブルコインが台頭する中、ユーロ圏における仮想通貨の利用を促進しようと取り組んでいるようだ。

今年7月には、ドイツで仮想通貨企業向けライセンス制度が導入されることが決定し、国内市場における規制環境の整備が着々と進んでいる。EU加盟国の中で最大の経済規模を誇るドイツが欧州市場に与える影響は計り知れないと言えるが、各国政府はどのような反応を示すのか、今後もその動向を見守っていきたい。

official release 2019.12.02

出典元:

ニュースコメント

仮想通貨市場におけるドイツ政府の対応に変化

これまでドイツ政府はフランスと共同で規制案をG20に提案するなど、仮想通貨の普及を牽制するような対応を見せてきたが、各国政府がこれらのテクノロジーを積極的に採用していることを受け、その態度を徐々に軟化させているようだ。当初は、ドイツ政府が取り締まりを強化したことで、国内の仮想通貨取引所が閉鎖されるとの噂もあったものの、現在では仮想通貨を合法的な金融商品として取り扱う準備が進められているという。実際に国内市場では取引所だけでなく、一般企業が仮想通貨の実利用を促進しており、ハノーファーの電力会社や大手スーパーマーケットチェーンのEDEKAがビットコイン決済を導入し始め、そのエコシステムが拡大しつつある状況だ。隣国のオランダでは中央銀行が仮想通貨の規制を発表し、これに同調する動きも見られるが、EU加盟国は仮想通貨市場でコンセンサスを形成することができるのか、今後もその展開に注目していきたい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ