海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Bakkt、ビットコインオプションを提供開始へ

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.10.25

仮想通貨関連

Bakkt、ビットコインオプションを提供開始へ

ビットコイン

競合であるCMEの動きに追従する構え

インターコンチネンタル取引所(Intercontinental Exchange)【以下、ICEと称す】が手がける仮想通貨取引プラットフォームのBakktがビットコイン先物を提供開始したのに続き、それに連動するビットコイン(Bitcoin)オプションのローンチを予定していることが明らかになった。[1]

Bakktの発表によると、ICE Futures USが米商品先物取引委員会(Commodities and Futures Trading Commission)【以下、CFTCと称す】を通じてこのビットコインオプションを自己承認し、当局の規制下では初となるビットコインを対象とした先物オプションの提供を開始する予定だという。Bakktのビットコインオプションは現金または現物資産での決済方法を選択することが可能なため、柔軟な投資戦略の確立にも活用できるようだ。

BakktのCEOであるKelly Loeffler氏は、このことに関して次のようにコメントしている。

我社は仮想通貨に信頼と実用性をもたらすことにコミットしており、今回のオプション商品のローンチは規制された市場環境の構築に向けた施策です。Bakkt Monthly Bitcoin FuturesをベンチマークとするBakkt Bitcoin Optionsは、機関投資家やその顧客、投資家に対して有効な商品となるでしょう。我社は市場に参加する投資家と連携して流動性の確保に努めており、高い透明性と十分な建玉を提供することを目指しています。10月23日にはBakkt Bitcoin Monthly Futuresの取引量が590件を記録し、先日は現物決済の日次および月次のビットコイン先物がひとつのマイルストーンを達成しました。

Kelly Loeffler, CEO of Bakkt - Mediumより引用

先月末、CMEが仮想通貨オプションをローンチ予定していることが報道され、2020年の第1四半期に同社がその提供を開始する計画が明らかになったが、Bakktはこれに追従する動きを見せている。Bakktはこのビットコインオプションだけに留まらず、月次契約の取引における流動性を向上させるために、マーケットメイカープログラムを開始することを決めているが、これがどのような結果を生むのか、今後も同社の取り組みを見守っていきたい。

official release 2019.10.25

出典元:

ニュースコメント

ビットコイン価格の変動に敏感な反応を示す投資家

Bakktが現物決済のビットコイン先物をローンチして以来、低調な取引量が同社の懸念となっていたが、ビットコイン価格のボラティリティが拡大し、暴落が発生したタイミングでその値が跳ね上がっている。取引量を追跡するボットのデータによると、23日にビットコイン価格の暴落が発生した直後、直近の11月を対象としたビットコイン先物を中心に、取引量が爆発的に増加したという。このような現象は株式市場やコモディティ市場でも往々にして観測されるものだが、仮想通貨市場は不確実性による不安が大きいため、投資家はより敏感な反応を示しているようだ。先日発表されたGoogleの量子コンピュータが仮想通貨に与える影響など、新しい懸念材料も生まれているだけに、仮想通貨デリバティブの需要はさらに拡大しそうだ。Bakktのビットコインオプションが提供開始されれば、更に流動性が高まると考えられるが、今後も仮想通貨市場の動向に注目していきたい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ