海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Huobi Primeでブロックチェーンスマホが販売開始

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.09.11

仮想通貨関連

Huobi Primeでブロックチェーンスマホが販売開始

Huobi

リワードシステムを備えたdAppの展開が鍵となる

仮想通貨プロジェクトであるWhole Networkが、Huobi(フォビ)のIEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)プラットフォームであるHuobi Primeで、独自トークンのNODEおよびAcute Angleと呼ばれるブロックチェーンスマホの販売を開始することが明らかになった。[1]

これまでHuobi Primeでは6つのプロジェクトが資金調達に成功しているが、Whole Networkは9月11日に同プラットフォーム上でトークンセールを実施するという。投資家はHuobiが発行するHuobiトークン(Huobi Token)を用いて、NODEおよびAcute Angleを購入することが可能になるようだ。このブロックチェーンスマホはAndroid OSを基礎に様々なブロックチェーンおよび仮想通貨に関連した機能を有し、dApp(分散型アプリケーション)ストアやビルトインウォレットなどが利用できる。また、Acute Angleには仮想通貨によるリワードシステムが備えられており、Whole NetworkのNODEがユーザーコミュニティ内での報酬として配布される。

Acute Angleは既に中国市場で利用可能となっているが、Whole Networkは2019年以内にアジア市場へ進出し、翌年以降にその他の地域への事業拡大を計画しているようだ。このブロックチェーンスマホは小売価格で500ドル程度で、競合となるSirin LabsのFinneyやHTCのExodusなどの製品よりも低価格で販売される見通しだ。HuobiはこのAcute AngleやNODEに直接関与はしていないものの、ベンチャーキャピタル事業を担うHuobi Capitalを通じてWhole Networkに出資し、5G時代の到来に先駆けて新しいモデルのブロックチェーンスマホ開発を促進している。

先日、China Telecomがブロックチェーンスマホを開発しているとの報道があったのに加え、Sirin Labsがシンガポール市場向けに自社のフラッグシップモデルであるFinneyを展開した。また、HTCが第3四半期までにExodusの新しいモデルを投入することを表明しているが、ブロックチェーンスマホが普及するまでには少し時間がかかるという見解もある。結局のところ、JaxxやEdgeなどの信頼性が高いウェブウォレットが利用可能なため、ブロックチェーンスマホはセキュリティ性能に長けたコールドウォレットの利用に関心がある層にしか訴求できていないようだ。しかしながら、NODEのリワードシステムのようなメリットを付与すれば、dAppの利用が拡大し、ブロックチェーンスマホが主流になる可能性もあると言えるだろう。

実際にAppleのApp StoreやGoole Play Storeはスマートフォン市場の拡大に大きく貢献しており、数十億人の手にデバイスを行き渡らせることに成功した。既に仮想通貨ユーザーに対してはブロックチェーンスマホが浸透しつつあるが、一般層を取り込むためにはdAppの安全性を示す必要があるのかもしれない。一方、大手電子メーカーのサムスンは仮想通貨ウォレット搭載のスマートフォンを正式発表し、ハードウェアのブランドバリューで訴求するアプローチを見せているが、今後も各社の動きには注目していきたい。

official release 2019.09.11

出典元:

ニュースコメント

ブロックチェーン開発の流れが加速

低コストでセキュアなシステム構築を可能とするブロックチェーンは様々な用途での利用が進められており、仮想通貨の台帳管理だけではなく、スマートコントラクトやdAppのプラットフォームとしても積極的に活用されるようになってきている。特にICO(イニシャルコインオファリング)プラットフォームとも呼ばれるイーサリアム(Ethereum)は、無数の仮想通貨関連プロジェクトの基盤となっている状況だ。このような経緯からイーサリアムはトランザクションの遅延につながるスケーラビリティ問題を抱えているが、次期ハードフォークでより効率的なマイニングアルゴリズムを採用し、ボトルネックの解消を図っているという。先日、イーサリアムのハードフォーク計画に1カ月の遅れが生じるとの報道があったものの、このアップデートが成功すればより実用的なプラットフォームとなるだろう。最近ではテレグラムが独自ブロックチェーンの公開テストを実施するなど、ブロックチェーン開発の流れが加速しているようだが、今後も仮想通貨市場の動向を見守っていきたい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ