海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

バイナンス、米ドルに連動するステーブルコインを発行

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.09.06

仮想通貨関連

バイナンス、米ドルに連動するステーブルコインを発行

Binance

Paxosと提携してNYFDSの承認を受ける

世界最大の仮想通貨取引所であるBinance【以下、バイナンスと称す】は、ニューヨーク州金融サービス局(The New York State Department of Financial Services)【以下、NYDFS】からの承認の下、米ドルに連動するステーブルコインであるBinance USD【以下、BUSDと称す】をローンチした。[1]

バイナンスは仮想通貨関連サービスを展開するPaxosと提携し、同社が発行するパクソス(Paxos Standard)やジェミニドル(Gemini Dollar)に次ぐNYFDSの承認を受けたステーブルコインとして、BUSDを発行するに至った。発表によると、BUSDは米ドルと1対1の比率で発行され、バイナンスでビットコイン(Bitcoin)やバイナンスコイン(Binance Coin)、リップル(Ripple)などの取引通貨として利用可能だという。バイナンスユーザーは勿論のこと、Paxosのユーザーも同社のウォレットから米ドルまたはパクソスとの交換でこのBUSDを獲得できるようだ。

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao氏は、BUSDの発行に関して次のようにコメントしている。

我社はBUSDの発行を通じて優れたブロックチェーンエコシステムを構築し、ユースケースを確立することで多様な金融サービスをリリースしたいと思っています。この分野をリードするPaxosとステーブルコイン開発で協業できることは喜ばしいことです。

Changpeng Zhao, CEO of Binance - Binance Blogより引用

Paxosは2015年にNYDFSから信託憲章(Trust Charter)を受け取っており、現在、BUSDに加えてパクソスおよびHuobi(フォビ)が発行するHuobi USD(HUSD)の準備金を管理している。先月末にバイナンスはステーブルコインの開発プロジェクトであるビーナス(Venus)を通じて世界各国でステーブルコインを発行すると表明していることから、BUSDはその試金石になると考えられる。また、既にバイナンスはビットコイン(Bitcoin)に連動するBTCBや英ポンドに裏付けされたBGBPと呼ばれるステーブルコインも開発しているが、仮想通貨市場は同社の試みにどのような反応を示すのか、今後の展開に注目していきたい。

official release 2019.09.06

出典元:

ニュースコメント

ステーブルコインの普及に伴う懸念

Facebook(フェイスブック)のリブラ(Libra)やJPモルガンチェースのJPMコイン(JPM Coin)など、大手企業や取引所によるプロジェクトが乱立し、世界中でステーブルコインの開発競争が激化しているが、それに付随する問題も徐々に浮き彫りになってきているようだ。例えばスイス国立銀行(Schweizerizche National Bank)の総裁は、ステーブルコインの存在が国家の金融政策を妨げる可能性があることを指摘している。これまで各国政府は金利を操作して経済の舵取りを行なってきたが、ステーブルコインが普及した場合、発行者を銀行と同様のルールで縛ることができなければ、その効果を得るのは難しいという。中国では中央銀行である中国人民銀行がリブラに対抗する独自仮想通貨を開発することを公表しているが、ステーブルコインは世界を変える存在となるのか、今後もその動きを見守っていきたい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ