海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

仮想通貨取引所のBeaxy、リップル価格が意図的なクラッシュにより40%暴落

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
New!DATE2019.08.14

仮想通貨関連

仮想通貨取引所のBeaxy、リップル価格が意図的なクラッシュにより40%暴落

リップル

Beaxyは全ての取引および出金サービスを停止

一部のユーザーが意図的にリップル(Ripple)の価格をクラッシュさせたため、仮想通貨取引所のBeaxyは全ての取引および出金サービスを一時的に停止することを発表した。[1]

今月12日、Beaxyではリップルの売りが集中し、同取引所における対ビットコイン(Bitcoin)のリップル価格が40%も暴落したという。Beaxyは今年6月にローンチされたばかりの新しい取引所だが、既にハッキング攻撃の対象になるなど、厳しい現実に直面しているようだ。

BeaxyはKYC(顧客確認)のプロセスを導入しており、同取引所の経営陣は今回リップルのクラッシュを引き起こしたユーザーの特定も可能だと主張している。Beaxyがこのユーザーに対して法的措置をとるかなど詳細は明らかになっていないが、同取引所はこの損害を取り戻すことに関しての自信を露わにしているという。

このBeaxyにおけるリップル価格のクラッシュは、大手取引所のバイナンスから顧客情報が漏洩したとの報道があった後の出来事となった。バイナンスは情報漏洩の可能性を否定したものの、結果的に仮想通貨コミュニティに対して大きな衝撃を与えたようだ。Beaxyはロールバックを行いクラッシュ時の取引を無効にするとの方針を固めているが、これが仮想通貨コミュニティにどう作用するのか、今後の展開を見守っていきたい。

official release 2019.08.14

出典元:

ニュースコメント

ロールバックの実施で信頼性を失う危険性

不可逆の性質を持つブロックチェーンでは、通常一度承認された取引情報を改ざんすることは難しく、過去に生成されたブロックを無効にするためにはロールバックを行わなければならない。仮想通貨の中には過去にロールバック処理が施されたものも存在するが、これを行うと通貨システムとしての信頼性を失う危険性もあるという。今年5月にハッキング被害を受けたバイナンスのCEOであるChangpeng Zhao氏は、バイナンスもビットコインのロールバックを検討すべきだと発言したものの、仮想通貨コミュニティから激しい批判を受けたこともあり、結局それを実施するまでには至らなかった。今の所、Beaxyはロールバックを行うことを希望しているが、これに対してリップル側は沈黙を貫いている。リップルに関してはその開発を担うリップル社の権限が大きく、ロールバックの実施には同社の判断が重要になってくるだけに、今後はBeaxyの状況とあわせてリップル社の去就に注目していきたい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ