海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

韓国、仮想通貨市場を直接規制する案を検討

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.08.08

仮想通貨関連

韓国、仮想通貨市場を直接規制する案を検討

AML

FATFが定める国際基準を反映する方針

韓国の金融情報分析院(Financial Intelligence Unit)【以下、FIUと称す】が、より直接的な方法で国内の仮想通貨取引所を規制する案を検討していることが報道によって明らかになった。[1]

現在、韓国では金融委員会(Financial Service Commission)が仮想通貨関連企業に対してガイダンスを通じて間接的な規制を課しているが、あるFIU関係者によると、当局は仮想通貨市場の透明性を向上させるために、金融活動作業部会(Financial Action Task Force)【以下、FATFと称す】が提唱するライセンス制度を導入することを考えているという。これに対して国内の取引所は、まず取引口座の実名化を含む、既存の仮想通貨に関する規制フレームワークの明確化を求めているようだ。

FIUの管理部門で責任者を務めるLee Tae-hoon氏は、この当局の動きに関して次のようにコメントしている。

もし仮想通貨に関する個人情報の取り扱いを定めるAct on Reporting and Use of Certain Financial Transaction Informationの改定が国会で認められ、FATFによる国際基準が反映された場合、マネーロンダリング防止(AML)の強化策となるでしょう。韓国政府がこの改定法案を可決すれば、銀行を軸とした既存の間接的な規制から直接的な規制スキームへの移行が実現します。

Lee Tae-hoon, Head of Administration and Planning at FIU - BusinessKoreaより引用

韓国の仮想通貨取引市場は、日本や米国に遅れを取っているものの、世界でも最大級の規模を誇り、ある調査によると同国の平均的な仮想通貨投資家は2018年に平均6,000ドルの資金を投入したことがわかっている。その反面、年々韓国では仮想通貨のハッキング被害が拡大しており、過去2年間で総額22億8,000万ドルに上る資金が詐欺行為によって失われ、これとは別に取引所を狙った大型のハッキング被害も発生している模様だ。このような状況下で韓国政府は、同国第二の都市である釜山を特区に定め、仮想通貨やブロックチェーン関連技術の発展を望んでいるが、今後も同市場の展開に注目していきたい。

official release 2019.08.08

出典元:

ニュースコメント

韓国で仮想通貨人気が拡大

2017年からの仮想通貨ブーム以降、韓国での仮想通貨人気は凄まじい勢いで拡大しており、昨年9月には韓国中央銀行がプレミアム価格での取引に警鐘を鳴らすほど、ビットコインをはじめとする主要通貨の価格が高騰している。仮想通貨人気が最高潮にあった2017年末には、ビットコインの取引量における約3分の1が韓国内の投資家によるものだったという。その他にも韓国ではブロックチェーン関連の開発も盛り上がりを見せており、先日もソウル市がブロックチェーンベースの管理サービスを導入する計画を発表したばかりだ。これまで韓国政府はICO(イニシャルコインオファリング)の禁止や規制の厳格化など、仮想通貨に対してやや敵対的な政策を進めてきたが、2019年に市場の風向きが変わって態度が軟化しつつあり、開発を促進する動きに出ている。仮想通貨市場の成長を加速させるためには、適切な規制が必要となるだけに、今後も当局の取り組みには期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ