海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ビットポイント、ハッキング被害に関する調査結果を公開

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.07.15

仮想通貨関連

ビットポイント、ハッキング被害に関する調査結果を公開

仮想通貨ハッキング

提携する海外の取引所からも一部資金が流出

日本国内で仮想通貨取引所を運営する株式会社ビットポイントジャパン(本社:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階[1])【以下、ビットポイントと称す】は、先日発生したハッキング被害に関して、盗難された仮想通貨の一部が提携する海外の取引所から流出しているとの調査結果を新たに公開した。[2]

当初、ビットポイントは盗難された仮想通貨の被害総額は35億円と公表しており、その内訳は10億円が取引所が保有する資産で、残りの25億円が顧客資産に該当すると伝えていた。最新の発表でビットポイントはその被害総額を3億2,000万円に下方修正し、更にその内2億5,000万円がビットポイントがシステムを提供する海外の取引所から流出していたことを明らかにした。現時点で詳しい犯行の手口などはわかっていないが、犯人のハッカーはビットポイントのホットウォレットからビットコイン(Bitcoin)、ライトコイン(Litecoin)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)などの仮想通貨を盗み出したことが判明している。

被害当日、ビットポイントはユーザーへの影響を考慮して全てのサービスを停止したが、同社の親会社であるリミックスポイントの株価は19%の大幅な下落を記録し、最終的にはストップ安に達した。ビットポイントは昨年6月に金融庁(Financial Services Association)より業務改善命令を受けており、今回の事件は同取引所がマネーロンダリング防止(AML)や顧客確認(KYC)の徹底に取り組んでいたところに発生したようだ。

ビットポイントのハッキング被害額は、2018年1月に5億2,300万ドル相当のネム(NEM)が盗まれたコインチェックのハッキング被害に続くものとなっており、金融庁は顧客資産の保護に関する対策が十分ではないことに懸念を募らせている。最近ではブロックチェーン上の取引履歴を解析し盗難されたビットコインの追跡が可能となるサービスがリリースされるなど、仮想通貨ハッキング犯罪防止につながる事が期待されているが、今後、各国の金融当局がどのような策を講じるのか、動向を見守っていきたい。

official release 2019.07.15

出典元:

ニュースコメント

コミュニティがビットポイントの問題点を指摘

今回、ビットポイントがどのようなセキュリティ対策を行っていたのかは未だ明らかにされていないが、日本の仮想通貨コミュニティでは、同取引所に攻撃検知から対応へのリードタイムおよび社内承認プロセスの2点に問題があったことが指摘されている。最終的にビットポイントは全てのサービスを停止しているが、その対応がとられたのは被害が確認された8時間後であり、とても迅速な動きとは言い難い現状だ。また、海外取引所でも同時に被害が発生したことから、送金に対する社内のプロセスが十分に分権化されていなかった可能性が浮き彫りとなった。ホットウォレットで資金を管理している以上、ハッキングの脅威に晒されることは仕方がないことだが、ビットポイントにおけるハッキング被害の半分は希薄なセキュリティ意識が招いた結果だとも考えられるだろう。日本の仮想通貨市場は2018年のコインチェックおよびZaifのハッキング事件から立ち直りつつあったが、新たな課題に直面し、業界におけるコンプライアンス基準の見直しの必要に迫られているようだ。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ