海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Circle、コインベースとステーブルコインの普及を目指す

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.06.14

仮想通貨関連

Circle、コインベースとステーブルコインの普及を目指す

Coinbase

コンソーシアムを立ち上げ、メンバー企業を募る

仮想通貨を開発するCircleは、自社のステーブルコインであるUSDコイン(USD Coin)の普及を加速させるために、大手仮想通貨取引所のCoinbase, Inc.(本社:548 Market St #23008 San Francisco, CA 94104[1])【以下、コインベースと称す】とCENTREという名称のコンソーシアムを立ち上げたことを発表した。

発表によると、このコンソーシアムは将来的にビットコイン(Bitcoin)などと並ぶ世界基準のステーブルコインを作り出し、グローバル経済に変革をもたらすことを目的にしているという。Circleはこれまでオープンスタンダードなシステムの構築を進めており、CENTREにおけるメンバーシップのフレームワークや成長を促すガバナンススキームの確立に取り組んできたが、現在、USDコインを複数のブロックチェーン環境で利用するための開発を推進すると同時に、米ドル以外の主要通貨にも対応するステーブルコインのローンチを計画している状況だ。

現時点でこのコンソーシアムの参加企業は、先日Xapo買収の試みが報じられたコインベースのみとなっているが、Circleはステーブルコインを発行するメンバー企業と運営を担うカストディ企業の参加を募っているという。メンバー企業となるには、自国の政府から金融分野での事業に必要なライセンスを取得し、CENTREの技術的および運用上の要件を満たす必要があるが、それがクリアできればステーブルコインを事業化することが可能となる。メンバー企業は、提供した準備金の割合に応じて利益分配を受け取ることができるのに加えて、ステーブルコインを活用した金融商品やサービスを開発することが認められている。

Circleの共同創立者およびCEOであるJeremy Allaire氏は、このコインベースとの新しい試みが、仮想通貨をより身近なものとし、更に多くの人々や企業の経済活動を拡大する役割を担うと述べた。このような仮想通貨やブロックチェーン、スマートコントラクトなどのインフラが、21世紀のデジタルネイティブなグローバル経済を支えることが予想されるだけに、CENTREの様な新しい取り組みは仮想通貨業界や社会全体にとっても重要な意味を持つと言えるだろう。

official release 2019.06.14

出典元:

ニュースコメント

CENTREが需要拡大の起爆剤となるか

世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスが出資するCircleは、USDコインの開発を軸に仮想通貨関連事業を展開しており、乱立するステーブルコイン事業者の中でも注目の企業となっている。このUSDコインの可能性には、コインベースも早くから着目し、昨年10月末には同取引所でのリスティングおよび通貨ペアとしての採用が実現している。Circleはその他にも、Poloiniexやバイナンス、Bitfinex、OKEx、KuCoinの大手取引所にUSDコインを上場しただけではなく、第三者企業の仮想通貨プロジェクトや仮想通貨関連サービスとも積極的に連携を図っているようだ。しかしながら、USDコインは時価総額で180億ドルを誇るテザー(Tether)には遠く及ばず、現時点での総発行額は約7億9,500万ドルに留まっているという。Circleは、CENTREがこの状況を打開する起爆剤となることを望んでいるようだが、どれほどの成果を上げることができるのか、今後の展開に期待して見守っていきたい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ