海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

大手仮想通貨メディアのCCNがウェブサイトを閉鎖

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
New!DATE2019.06.12

仮想通貨関連

大手仮想通貨メディアのCCNがウェブサイトを閉鎖

バイナリーオプション

Googleのコアアップデートでトラフィックが激減

大手仮想通貨メディアのCCNは、Googleが実施したコアアップデートの影響でサーチエンジンからのトラフィック流入が激減したことを理由に、同社のウェブサイトを閉鎖することを今月10日発表した。[1]

CCNによると、今月実施されたGoogleのコアアップデートにより、サーチエンジンから流入するトラフィック(アクセス数)が70%減少したという。CCNはオンライン広告を主な収益源としていたが、訪問者が激減したことで、それが運営を継続できないレベルにまで低下したようだ。今回のコアアップデートが仮想通貨関連のウェブサイトを中心に打撃を与えたことは間違いないが、CCNの創立者であるJonas Borchgrevink氏は、The Daily Mailやmercola.comなど、仮想通貨に関連しないウェブサイトにも影響が及んでいることを指摘している。

現在、CCNはGoogleのウェブマスターフォーラム(Googleとユーザーのコミュニティ)で、検索結果に同社のウェブサイトが表示されなくなったことに関しての説明を求めている。CNNはGoogleに対して、同社のサービスを狙って閉鎖に追い込んだと批判すると同時に、世界中のメディア組織と徒党を組み抗議することを計画している模様だ。 Googleがコアアップデートでどのような操作を行ったのかは明らかではないが、多くのウェブサイトが経済的な損失を受けていることは事実のようだ。被害を免れた仮想通貨関連のウェブサイトは、運営を継続しているものの、今回の件でGoogleに依存するリスクが浮き彫りとなったことから、収益構造の見直しやトラフィックソースの分散など、何かしらの対策を打つ必要性を感じていることだろう。これまでも、Googleは2018年に23億件の悪質広告を削除するなど、大規模な広告ポリシーの変更を行っていることから、Googleの広告規制動向を見据えた慎重な対応が求められる展開が続きそうだ。

official release 2019.06.12

出典元:

ニュースコメント

検索結果の最適化を目指すGoogle

Googleのサーチエンジンには、検査結果を最適化するアルゴリズムが搭載されており、サービスのユーザビリティを考慮し、定期的な改善を目的としたアップデートが実施されている。アルゴリズムの具体的な変更点が明かされることはないが、アップデート後に検索結果における表示順位やウェブサイトの評価値が大幅に変動することは決して珍しい出来事ではない。事実、前回のコアアップデートが実施された3月にも、多くのウェブサイトでトラフィックに急激な変動があったことが報告されたという。ある分析によると、Googleは特定の分野やキーワードに絞ってアルゴリズムの見直しを行う傾向があり、これまでに、バイナリーオプションCFD取引、また医薬系のキーワードを含むコンテンツがその対象となったと言われている。これまでGoogleは仮想通貨やブロックチェーン分野の取り組みを支持する姿勢を見せてきただけに、今回の件は業界にとっては衝撃的な出来事となったが、次期アップデートではどのような結果となるのか注目されている。Googleに限らず、Facebookが仮想通貨関連広告のポリシーを緩和したことを発表したように、大手検索サービスやSNSが特定の分野に関する広告ポリシーを突如変更するケースが見られるため、今後の展開を見守って行く必要があるだろう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ