海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

バイナンス、仮想通貨レンディングのCredと提携

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2020.01.06

仮想通貨関連

バイナンス、仮想通貨レンディングのCredと提携

Binance

仮想通貨を利用した貸借サービスとの連携を模索

大手仮想通貨取引所のBinance【以下、バイナンスと称す】は、仮想通貨レンディングのCredと提携し、同社が提供する仮想通貨を利用した貸借サービスとの連携を図ることを発表した。[1]

Credは、自社プラットフォームでBorrow(借りる)とEarn(稼ぐ)の2種類のサービスを提供しており、Borrowでは、仮想通貨を担保に法定通貨を融資し、Earnでは、借出された仮想通貨や法定通貨に金利収入を付与することを可能にしている。今回のパートナーシップの一環としてCredは、バイナンスが開発するブロックチェーンであるBinance Chainに、独自仮想通貨のLBAトークンを移植することを計画しているという。Binance Chainは、トランザクションを1秒間で高速処理することができるため、Credにおけるサービスの拡張性を向上させ、迅速で効率的なシステムを実現することが可能だ。

Credは、バイナンスの投資部門であるBinance Labsやブロックチェーン投資ファンドのArrington XRP Capitalなどから、3億ドル以上の資金提供を受けており、業界の間で注目されている企業のひとつだ。また、今年初めには、CredがBittrexやその他仮想通貨取引所、ブロックチェーン関連企業など計4社と提携し、ユニバーサルユーロ(Universal Euro)と呼ばれるユーロに連動するステーブルコインのローンチも実現した。このステーブルコインは、保有者に年利率でのリターンを与えることを見返りに、将来的にCredのユーザーへの貸出通貨として利用される可能性があるようだ。

最近、バイナンスはシンガポールでの仮想通貨取引サービス開始、レバレッジ取引への対応や分散型取引所を立ち上げるほか、バイナンスはオーストラリアでのビットコイン販売サービスを開始するなど、積極的なサービス展開を行っていることが見受けられる。Credとの協業に関しては、どのような連携が見られるのか未だ不透明な部分も多いが、今後の展開にも注目して両社の関係性を見守っていきたい。

official release 2019.05.31

出典元:

ニュースコメント

世界規模で拡大する分散型金融マーケット

2017年の仮想通貨ブーム以降、仮想通貨を軸とした金融サービスは急激な広がりを見せており、特に巨大な金融市場を抱える欧米諸国では、様々なサービスが立ち上げられている。その中でも、分散型金融マーケットに分類されるブロックチェーンを基礎とした金融サービスは、今後も世界規模でユーザーベースが拡大していくことが予想されるという。特定の金融機関や政府に依存しない融資や借入を可能とするだけではなく、低コストでの利用やスマートコントラクトでの契約自動化、ブロックチェーンによる改ざん不能な契約証明など、多くのメリットを提供することができるため、既存の金融サービスの代替となる存在として期待が高まっていると言えよう。各国政府は、仮想通貨や分散型プラットフォーム上での金融サービスに対する規制を強める方針だが、利便性や社会システムの向上が見込まれるだけに、このイノベーションの波が止まってしまわないことを願いたい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

topへ