海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

JPモルガンチェース、ビットコイン価格の上がり過ぎを指摘

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.05.22

仮想通貨関連

JPモルガンチェース、ビットコイン価格の上がり過ぎを指摘

ビットコイン

ビットコインの本質的価値について言及

米国大手投資銀行であるJPMorgan Chase & Co.(本社:270 Park Avenue New York, NY 10017[1])【以下、JPモルガンチェースと称す】のストラテジストは、ビットコイン(Bitcoin)価格がその本質的価値を超える水準にまで達した可能性があることを明らかにした。

最近、直近の高値となる8,200ドルを記録するなど、ビットコイン価格は大幅な上昇を見せており、多くの投資家が、これを長く続いた弱気相場の終わりを告げるシグナルだと受け取っているようだ。しかしながら、JPモルガンチェースのストラテジストは、この急騰が2017年の状況に酷似していると分析し、同時にビットコイン価格が上がり過ぎていることを指摘した。

ビットコインの本質的価値を定義することは非常に難しく、研究者の間でも、そもそも価値があることを否定する者から、適正値は現在の価格よりも上にあると主張する者まで、様々な見解が存在する。これに対してJPモルガンチェースのストラテジストは、ビットコインをコモディティとみなし、その本質的価値は、コンピュータリソースや電力コスト、ハードウェアのエネルギー効率など、総合的なマイニング費用に依存するとの考えを導き出している。

2017年以降、JPモルガンチェースのCEOであるJamie Dimon氏は、仮想通貨を強烈に批判しており、「チューリップバブル(過去のオランダで発生した新規投資市場の失敗例)より悪質」や「仮想通貨を取引した従業員は解雇する」など、過激な発言を繰り返してきた。今回、独自仮想通貨を開発しているJPモルガンチェースが、ビットコインの本質的価値に言及した事実は、仮想通貨に価値があることを認めたとも解釈できるが、同社は仮想通貨市場に対してどのようなポジションを取るのか、今後の動向も見守っていきたい。

official release 2019.05.22

出典元:

ニュースコメント

ノーベル賞学者も仮想通貨には否定的

2018年末以降、ビットコインをはじめとする主要な仮想通貨の価格は、機関投資家の市場参入を背景に流動性が改善されたことから、徐々に安定化に向かいつつあるようだ。価格の安定が本質的価値を保証する訳ではないが、少なくとも仮想通貨が実用的な通貨としての適性を高め、社会への影響力を増している様子が伺える。しかしながら、有識者の中には未だに仮想通貨を批判的な目で見ている者も多く存在し、例えば、ノーベル経済学賞受賞者のPaul Krugman氏は、Dimon氏と同様に仮想通貨は虚構であるとの見解を示している。Krugman氏は、流通の乏しさやシステムの不完全さを根拠に、仮想通貨が本質的に無価値であることを説き、犯罪を促進する害悪だとまで断言した。現時点では、Krugman氏の主張は全否定できない部分もあるが、仮想通貨市場は発展途中であり、将来的にこれらの批判を覆す存在となることに期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ