海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

バイナンスで異常な価格の注文成立が観測される

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.05.15

仮想通貨関連

バイナンスで異常な価格の注文成立が観測される

Binance

市場価格から1万%以上割高な価格での売買

世界最大の仮想通貨取引所であるBinance【以下、バイナンスと称す】にて、ライトコイン(Litecoin)の買い注文が異常な価格で成立し、あるトレーダーが巨額の損失を負ったことが明らかになった。

バイナンスでは、数日前に別のトレーダーが、あるトークンの成行注文(マーケットオーダー)が市場価格の1万7,000倍にあたる40万ドルで成立したことを報告していたが、今回はライトコインとステーブルコインであるパクソス(Paxos)の通貨ペアで、1LTCあたり10万ドルの取引が観測された。この原因に関して、SNS上では様々な憶測が飛び交っており、一部では単純なデータエラーが反映された結果だと信じられているようだ。

前回同様のエラーが発生した後、バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao氏は、成行注文の最大価格差を500%に設定したと伝えたが、今回のケースでは市場価格との乖離がそれを遥かに上回る1万1,000%となったため、その対策の有効性に疑問の声が上がっている。このような異常な価格の取引が成立していること自体、バイナンスの信用問題に関わると考えられるものの、今の所、同社の取引量に影響は及んでいないようだ。

このような事態を避けるためにインドの取引所であるKoinex(本社:Unit No. 614, 615, 616, 6th Floor, B Wing, Shah & Nahar Industrial Estate, Dr E Moses Rd, worli, Mumbai, Maharashtra 400018[1])では、価格差が50%を越えると成行注文が成立しないような仕組みを導入し、経験の浅いトレーダーらを保護する動きを見せている。価格差によって注文に制限を設けるという方法には、議論の余地はあるものの、バイナンスにおいては、注文を発行する際に警告文をポップアップさせるなど、何かしらの対策が必要となるであろう。

official release 2019.05.15

出典元:

ニュースコメント

仮想通貨市場における成行注文の危険性

成行注文は、取引執行の価格を指定する指値注文と比較すると、迅速に注文を成立させることができるため、瞬時の判断が勝敗を分けるデイトレーダーなどには広く用いられている。その反面、急な相場変動には弱く、思いもよらない価格で注文が成立する可能性があることから、どの取引所でも安易な利用は推奨されていない。特に仮想通貨市場では、バイ・アンド・ホールドのスタイルが基本で流動性が低いため、気配値が乖離する危険性が高く、ポジションを取った瞬間に大きな含み損を背負う不利な状況に陥る場合もある。一般的な証券会社のプラットフォーム上では、成行注文の発注前に警告文が表示されることに加えて、ポジションサイズの制限などがプリセットされているが、シンプルなUI(ユーザーインターフェース)が主流の仮想通貨取引所では、このような安全策が省かれている場合もあるようだ。例えば、バイナンスのプラットフォームでは、直感的に操作できるように手持ち資金の配分割合と注文ボタンをクリックするだけで注文することができる。これらのUIを変更することは、操作性や利便性を損なう結果に繋がるかもしれないが、業界のトップを走るバイナンスには、安全性との両立を目指して改善に取り組んで欲しい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ