海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

スイスクォート、仮想通貨のカストディサービスを開始

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.03.11

仮想通貨関連

スイスクォート、仮想通貨のカストディサービスを開始

ビットコイン

Crypto Storageとの協業により高度なセキュリティを実現

オンラインバンキングのSwissquote Bank SA(本社:Ch. De la Cretaux 33 P.O. Box 319 1196 Gland, Switzerland[1])【以下、スイスクォートと称す】は、今月21日から仮想通貨を対象としたカストディサービスの提供を開始することを発表した。

発表によると、スイスクォートは、スイスのツーク市を本拠とするCrypto Finance AG(本社:Bahnhofplatz 6300 Zug Switzerland[2])の子会社、Crypto Storage AG【以下、Crypto Storageと称す】との協業により、個人および機関投資家向けのカストディサービス立ち上げに成功したという。Crypto Storageは、仮想通貨の秘密鍵を管理するために最高グレードのハードウェアセキュリティモジュール(HSMs)を採用して、強固な安全性を実現しているようだ。

このことについて、Crypto StorageのCEOであるStijn Vander氏は、以下のようにコメントしている。

我社のHSMsは、スイス国立銀行が利用するものと同等で、外部委託せずに開発しているため、バックドア(セキュリティを突破する侵入経路)を組み込むことは不可能だと考えられます。我社はセキュリティに細心の注意を払っており、アルプスの元軍事用掩蔽壕(えんたいごう)に格納されるサーバーは、核攻撃にも耐えられる強度を誇ります。

Stijn Vander, CEO of Crypto Storage AG - CoinDeskより引用

2017年7月、大手仮想通貨取引所であるBitstampとのパートナーシップを通して、スイスクォートは、ビットコイン(Bitcoin)の取引サービスを開始しており、その後、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)、イーサリアム(Ethereum)、ライトコイン(Litecoin)、リップル(Ripple)も追加してサービスを拡大した。続く11月には、ボラティリティを抑えたビットコイン取引を実現するため、ビットコインを対象とした上場投資商品(Exchange Traded Certificates, ETC)を発行している。

加えて、昨年2018年初旬、スイスクォートは、スイス証券取引所(SIX)の許可を得たことで、ビットコイン、ビットコインキャッシュ 、イーサリアム、ライトコインに連動する証券を上場するに至っており、仮想通貨分野での影響力を次第に強めているようだ。

official release 2019.03.11

出典元:

ニュースコメント

仮想通貨がスイス企業のイノベーションを支える

クリプトバレーと呼ばれるツーク市を中心として、先進的な仮想通貨市場を抱えるスイスでは、政府の後押しもあり、多くの金融機関や一般企業が同分野で積極的な取り組みを行っているようだ。現在、仮想通貨市場は、国内企業のイノベーションを支える原動力となっており、大手銀行のデューカスコピーもスイス金融市場監査局(Swiss Financial Market Supervisory Authority)の承認を受け、ICO(イニシャルコインオファリング)実施に踏み切っている。今回、カストディサービス提供を発表したスイスクォートも例外ではなく、好調な仮想通貨取引事業に牽引され、前年度の利益が44%増加となったことを伝えている。スイスクォートによると、同社は1万6278件の仮想通貨取引口座を抱えており、前年度、1口座あたりの取引回数が11.8回に急増したことが、業績アップの結果につながっているという。スイス企業による仮想通貨市場の深耕は継続すると予想されるが、今後、各社はどのような動きに出るのだろうか。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ