海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ビットコインプライベート、2月28日に誕生予定

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
New!DATE2018.02.12

ビットコインとジークラシックの共同ハードフォークにより誕生

ビットコイン(Bitcoin,BTC)とジークラシック(Zclassic,ZCL)の共同ハードフォークによって、ビットコインの匿名性を高めた新たな仮想通貨ビットコインプライベート(Bitcoin Private,BTCP)が2月28日に誕生することが発表された。

発表によると、2月28日にビットコインとジークラシックのスナップショットが行われ、ビットコインとジークラシックを合わせて約2,000万BTCP(ビットコインプライベート)が流通することになる。ビットコインまたはジークラシックの保有者に、それぞれ保有しているコインの1:1の比率でビットコインプライベートが配布される予定である。

今回のハードフォークはこれまでのSegWit採用やブロックサイズ拡張を目的としたものとは異なり、ジーキャッシュ(Zcash)や、ジークラシック、ゼンキャッシュ(Zencash)等のZファミリーの仮想通貨の最大の特徴であるプライバシー強化機能が追加されるという点で注目されている。

昨年12月、ビットコインプライベートのハードフォークに関する情報が公開された後、ジークラシックは、わずか数週間で約25倍もの値を上げた。ビットコインプライベートの付与を見越した投資家達が、高額なビットコインの購入よりも手軽な金額のジークラシックに集まったようだ。ハードフォークの実施日が近づくにつれて、ジークラシックは、更に値を上げる可能性が高いであろう。

一方で、ビットコインプライベートが、匿名性の高いジークラシックの技術を実装することになった場合、ジークラシックの価値がなくなり、ハードフォーク後、ジークラシックを手放す者が増えることも考えられる。

現在、ジークラシックを取引できる取引所は、BittrexとCryptopiaのみとなっており、両取引所は、ビットコインプライベートを配布することを前提に、ジークラシックを提供しているものの、正式な発表は行っていない。

今回誕生するビットコインプライベートは、開発チームが、何度もテストを重ねてきたことから、これまでビットコインからハードフォークを経て誕生した他の仮想通貨に比べて、非常によく設計された仮想通貨だと期待されている。ハードフォーク後、ビットコインプライベートの市場価値が、どのように推移していくのか、市場の動向に注目が集まっている。

official release 2018.2.12

ニュースコメント

ハードフォークが予定されているジークラシックとは

今回、ビットコインと、共同ハードフォークが実施されるジークラシック(Zclassic)は、ジーキャッシュ(Zcash)からハードフォークしたコインであり、マイニング報酬割合等が一部異なっているものの、基本的な機能はジーキャッシュと同様だ。ジークラシック や、ジーキャッシュが他の仮想通貨と大きく異なる点は、送信者、受信者、送金金額を第三者に提示しなくても、正確な送金を行えることを証明した、ゼロ知識証明を取り入れた、匿名性の高い通貨である点である。送金時に必要となる、送信者や、受信者、送金金額等の情報を第三者に見られることなく、取引できることから、取引情報を知ることができるのは、唯一、送信者と受信者のみとなり、第三者がこの取引に関わることができない。ビットコインや、その他仮想通貨の弱点とされていたプライバシーを守る設計になっているわけである。

ビットコインキャッシュや、ビットコインゴールド等のハードフォークによる新たなコイン誕生が相次いだ昨年に対して、今回は、数カ月ぶりのハードフォークとなり、軟調な相場が続くビットコインの好材料となることが期待できる。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ