海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

イーサリアムのウォレットParityに重大な脆弱性が発見される

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2017.11.07

仮想通貨関連

イーサリアムのウォレットParityに重大な脆弱性が発見される

Ethereum

Parityのウォレット内の資金が凍結に

11月7日、イーサリアム(Ethereum)のウォレットの一つであるParity(パリティ)のマルチシグコントラクトに重大な脆弱性が発見され、現在、ウォレット内に保管されているイーサリアムは凍結され、移動できない状態であることが明らかになった。

マルチシグコントラクトとは、複数が合意して署名することによりセキュリティーを高める機能であるが、Parityは、今年7月、このマルチシグコントラクトの脆弱性を突いた攻撃を受けて約153,000ETH(約35億円)を盗難される被害にあったばかりである。

Parityを提供しているParity Technologiesは、7月19日にマルチシグの修正を行ったが、7月20日にリリースした修正後のマルチシグに別の問題が生じたという。つまり、7月20日以降のParityのマルチシグウォレットの利用者に影響があるというが、イーサリアムはイニシャルコインオファリング(デジタル通貨やトークン発行による資金調達、ICO)に利用されることが多く、今回の問題は、ICOによる資金調達を行った人に影響を与えた可能性が高い。

現在のところ、この問題によるイーサリアムの盗難や消失などの被害は報告されておらず、また、Parityが提供するウォレットが引き起こした問題であるため、イーサリアム自体に原因はないのだが、仮想通貨の時価総額第2位のイーサリアムに起きた問題だけに、今後の影響は計り知れない。

Parity Technologiesは、イーサリアムの創業者で最高技術責任者であるGavin Wood氏が設立した会社で、今年の初めには、ビットコインプロトコルを独自に実装したビットコインテクノロジスタックをリリースしている。

official release 2017.11.07

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ