海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

CFTC、コインベースのフラッシュクラッシュを捜査

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2017.10.03

仮想通貨関連

CFTC、コインベースのフラッシュクラッシュを捜査

CFTC

信用取引に関する情報提供を要求

米商品先物取引委員会(U.S. Commodity Futures Trading Commission )【以下、CFTCと称す】は、6月21日にCoinbase, Inc.(本社:548 Market St #23008 San Francisco, CA 94104)【以下、コインベースと称す】が運営する仮想通貨取引所であるGDAXで発生した、イーサリアム(Ethereum)のフラッシュクラッシュについて調査していることを明らかにした。

フラッシュクラッシュとは、取引価格が瞬間的に暴落することで、イーサリアムのドル建て価格は、365.79ドルから一時的に10セントまで急落した。

GDAXのゼネラルマネージャーであるAdam White氏によれば、このフラッシュクラッシュは、あるトレーダーが1250万ドル相当のイーサリアムを売ったことにより、同価格が224.48ドルに下落したため、逆指値注文の発動やパニックに陥った投資家の売りが殺到したことが原因にあったと言及している。同価格は10セントに急落後、10秒以内に約300ドル付近まで回復したが、信用取引による多くのポジションがロスカットされた。

CFTCは、コインベースが、レバレッジを利用した信用取引を許可していたことが、フラッシュクラッシュに繋がった原因だとみており、コインベースに対し、信用取引に関する情報を提供するよう求めている。コインベースは、今年3月に信用取引サービスを開始したが、フラッシュクラッシュ後に、同サービスを停止している。なお、同社で信用取引を行うには、1000万ドル以上の資産の保有等、同社が規定するいくつかの条件のうち1つを満たす必要があったという。

コインベースは、次のようにコメントしている。

我々は規制下の金融機関として規制を遵守し、規制当局に全面的に協力しています。今年6月のGDAXでのフラッシュクラッシュ後、我々はCFTCを含む複数の規制当局と積極的に連絡をとってきました。また、フラッシュクラッシュの影響を受けたすべての顧客に対し、払い戻しを行うことを決定しました。我々は、正式な調査とは認識していません。

Coinbase

コインベースは、CFTCには未登録であるが、米国内の複数の規制当局のライセンスを保有している。CFTCは、昨年、香港に拠点を置く大手仮想通貨取引所であるBitfinexを、証拠金取引法を尊重していないという理由で処分している。コインベースへいかなる処分がくだされるのか見守っていきたいところだ。

official release 2017.10.03

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ