海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Exclusive Markets、日本語字幕付きFXニュース動画を配信開始

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2021.06.28

FX業者 (ブローカー)

Exclusive Markets、日本語字幕付きFXニュース動画を配信開始

ソリューション

質問集と最新のご案内ページをアップグレード

Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)ブランドを運営するExclusive Markets Ltd【以下、Exclusive Marketsと称す】は、同社リサーチ部門作成のFX関連ニュース動画である「グローバルマーケット・アウトルック」に日本語字幕を追加したことを発表した。[1]

これにより、Exclusive Marketsは日本人ユーザーによるグローバルマーケット・アウトルック動画の視聴増加を期待でき、更なる取引の活性化に繋げられそうだ。尚、グローバルマーケット・アウトルック動画は、同社YoutTube(ユーチューブ)チャンネルや公式Instagram(インスタグラム)上にて、毎週木曜日に配信されている。

Exclusive Marketsはセーシェルの金融サービス局(Financial Services Authority, FSA)の規制下において、2020年12月に日本人受け入れを開始したばかりの新鋭海外FXブローカーだ。日本市場の開拓にコミットする同社は、足元で顧客の利便性向上に向けた取り組みを推進している状況だ。今回、Exclusive Marketsは日本人トレーダーを意識した日本語字幕付きのFXニュース同行の配信を開始した他にも、質問集ページをアップグレードしている。質問集は顧客から頂戴した質問を一覧にしたページであり、入出金や取引条件、開催中プロモーションなど、各カテゴリーに分類された分かりやすいページレイアウトになっている。該当する項目がない場合には、検索ボックスに質問事項を入力すると該当項目が表示される他、「チャット」や「メール」にて同社に問い合わせすることも可能だ。質問集の中にある「最新のご案内」では、同社からの重要案内や取引時間変更、システムメンテナンスに関する情報を確認することができる。尚、Exclusive Marketsは日本語チャットサービスを再開しており、FX関連の豊富な知識を備えたスタッフによる質の高いサポートは、ユーザー間で高い評価を得ている。

その他にも、Exclusive MarketsはMac版MT4/MT5アプリをリリースしており、顧客満足度向上に向けてサービス強化を進めている。直近では、新たな入出金方法としてExclusive Marketsはテザー決済を追加した他、決済サービスをアップグレードし、同社の決済サービスは確認書類の提出が不要となり、即時反映も可能となった。加えて、Exclusive Marketsは2021年6月14日~9月14日までの期間において、当社(FXplus)経由で口座開設した新規・既存顧客を対象に、エクスクルーシブ口座の初回入金額25,000ドルが免除される優遇キャンペーンも実施中だ。

Exclusive Marketsは日本人トレーダーに焦点を当てたサービスを充実化することで、更なる顧客基盤の拡大が期待できそうだ。

release date 2021.06.18

出典元:

ニュースコメント

日本人ユーザーの開拓を推進する海外FXブローカー

最近では、日本人ユーザーにフォーカスしたサービスの提供を試みる海外FXブローカーが散見されている。例えば、最大レバレッジ3,000倍を武器とするFBSは日本語字幕付きウェビナー動画の配信を強化している。いずれの動画も日々のトレードに活かせる内容となっており、投資初心者は効率的に投資の世界を学ぶことができる。また、海外FXブローカーとして日本人シェアNo.1を誇るXMTrading(エックス エム)も、毎週2回実施している日本語ウェビナーが好評を博しているという。その他、「ハイレバ・低スプレッド・高速約定」という優れた取引環境を構築するMILTON MARKETS(ミルトン マーケッツ)は、今月新たにヘルプセンターを導入した他、入出金方法に国内銀行送金を追加したことに伴う入金ボーナスキャンペーンや、FXplus独自の2段階入金ボーナスキャンペーンなどを実施している。日本人顧客の開拓を図る海外FXブローカー各社が、更なる顧客基盤の拡大に向けて画期的なソリューションを提供することに今後も期待したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。慶應義塾大学卒。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXtopics編集部

DATE作成日:

メニューを閉じる