海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

SEC、オンライン証券やマーケットメイカーを対象とした規制強化を示唆

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2021.05.12

FX業者 (ブローカー)

SEC、オンライン証券やマーケットメイカーを対象とした規制強化を示唆

SEC

今夏に各市場イベントを評価したレポートを公表する予定

米証券取引委員会(US Securities and Exchange Commission)【以下、SECと称す】の委員長を務めるGary Gensler氏は、5月6日に開催された下院金融委員会の公聴会にて、年初に市場に混乱をもたらしたGameStop【以下、ゲームストップと称す】株などの投機的売買に絡み、中心的な役割を果たしたRobinhood Markets, Inc.【以下、ロビンフッドと称す】などのオンライン証券会社や有力マーケットメイカー(値付け業者)に的を絞った規制強化を示唆した。[1]

Gensler氏は、ロビンフッドなどのブローカーは、顧客エンゲージメントを拡大させるべく、モバイルアプリ上でゲーミフィケーションを導入した取引サービスを提供していると指摘している。また、過去数年の間に、ロビンフッドなどの一部ブローカーが、顧客注文をマーケットメイカーに回送するペイメント・フォー・オーダーフロー(Payment For Order Flow)【以下、PFOFと称す】を採用しているという。PFOF下においては、投資家の大量の株式注文が、Citadel Securities(シタデル・セキュリティーズ)などの少数の大手マーケットメイカーに流れており、健全な競争が脅かされている状況だと懸念を示している。更にGensler氏は、現在の規制の多くが最新のテクノロジーやコミュニケーション手法が普及される前に策定されたことに鑑み、それらを再評価することで、規則を見直す可能性も出てくるとの認識を示した。

ミーム株(ネット上で拡散される情報を基に取引される銘柄)の投機的売買を巡っては、ロビンフッドなどの各ブローカーがゲームストップ株などを取引制限する事態に発展していた。また、Reddit(レディット)で繋がる個人投資家が仕掛ける市場の混乱は、グローバル各国市場にも波及し、ESMAが懸念を表明するなど、各国当局の対応にも注目が集まっている状況だ。

SECは今夏に、ゲームストップ騒動を含む市場イベントを評価したレポートを発表する予定だが、ロビンフッドなどを対象とした規制に関して如何なる指針を示すか、同委員会の動向を見守りたい。

release date 2021.05.12

出典元:

ニュースコメント

規制強化に傾くSEC

市場参加者の間では、4月にSECの新委員長に就任したGensler氏が、金融業界の規制強化を進めるとの見方が強まっている。同氏は投資家保護に取り組む上で、ゲーミフィケーションやPFOFに加え、ソーシャルメディアや株式市場の構造、空売りと市場の透明性、決済・清算システム、金融システムのリスクという7つを重点分野に位置づけた。また、Gensler氏は仮想通貨(暗号資産)分野の専門家でもあり、先進的なテクノロジーを活用した同分野の規制も強化していく模様だ。足元で仮想通貨市場が急速に発展する中、ハイスペックなトレード環境が魅力のExnessが仮想通貨の最大レバレッジを200倍に引き上げるなど、多くのブローカーが関連サービスの強化を進めている。今回、規制強化のやり玉に挙がっているロビンフッドでは、一時ドージコイン(Dogecoin)に買いが集中する場面が見られており、株式のみならず仮想通貨の分野でも、個人投資家が一部銘柄の価格高騰を主導するロビンフッド現象が生じているようだ。SECが新委員長を迎えて早くも規制強化の方針を示す中、ブローカー各社が顧客基盤の維持・拡大に向けて如何なる対応を見せるか注目したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。慶應義塾大学卒。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

メニューを閉じる