海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Titan FX、米国株式CFDの取り扱いを開始

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2021.05.03

FX業者 (ブローカー)

Titan FX、米国株式CFDの取り扱いを開始

Titan FX

MT5上でDMA方式による取引が可能に

バヌアツを拠点とする海外FXブローカーであるTitan FX(タイタン FX)は、MetaTrader5【以下、MT5と称す】上で、ナスダック(Nasdaq)及びニューヨーク証券取引所(New York Stock Exchange)に上場する65銘柄の米国株式CFDの取り扱いを開始した。[1]

これにより、顧客はTitan FXが厳選したFacebook(フェイスブック)やTesla(テスラ)、Pfizer(ファイザー)といった米国優良株式に、ロングショートどちらからでも投資できるようになった。Titan FXの米国株式CFD取引サービスは、同社独自の最先端インフラである「Zero Point™テクノロジー」を活用し、業界最狭レベルの低スプレッドや高速約定、1ユニット当たり2円となる少額手数料を実現している。また、Titan FXは株式注文の執行手法としてDMA(Direct Market Access、取引所に直接注文を出す形態)方式を採用しており、透明性の高い取引環境を構築している。尚、同社では取り扱い銘柄の配当金額や配当日程など、最新のコーポレートアクションに関する情報も提供しており、トレードの際の参考にできそうだ。

顧客はMT5のモバイル版やデスクトップ版及びWebTrader上で、最大レバレッジ20倍の米国株式CFD取引が可能だ。米国株式CFDの最小取引量は10ユニット、最大は1,000ユニットになる。Titan FXで米国株式CFD取引を開始する場合、顧客はまずFX取引口座を登録し、その後追加口座として株式CFD取引口座を開設することになる。

Titan FXのマネージングディレクターであるMartin St-Hilaire氏は、FXPlusの取材に対し、次のようにコメントしている。

Titan FXのお客様は、米国株式CFDが商品に追加されたことにより、取引戦略をさらに多様化し、さらに多くの取引機会をお楽しみいただけるようになりました。弊社独自のZero Point™テクノロジーを利用することで、お客様が慣れ親しんだトップクラスの取引環境をご体験いただけます。

Martin St-Hilaire, Managing Directors of Titan FX - FXplusの独占インタビューより一部引用

2014年に創業したTitan FXは、バヌアツ金融サービス委員会(Vanuatu Financial Services Commission, VFSC)よりライセンスを取得し、安定性の高いトレード環境を構築している点が特徴だ。実際に、Titan FXはFinaComより認証を取得しており、高い執行の質を誇っている。今回、Titan FXは投資家の間で人気が高い米国株式CFDの取り扱いを開始することで、更なる取引の活性化が期待できそうだ。

release date 2021.05.03

出典元:

ニュースコメント

良好なパフォーマンスが続く米国株価指数

米国を代表する株価指数であるダウ工業株30種平均(NYダウ)とS&P500指数、ナスダック総合指数は、いずれも史上最高値圏で推移しており、良好な展開が続いている。新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン接種の進捗やバイデン政権の大型経済対策による景気回復期待から、グローバルマネーが米国市場に流入している状況だ。良好なパフォーマンスとなる米国株式を巡っては、Titan FX以外にも複数の海外FXブローカーが関連サービスの提供を試みている。直近では、HotForex(ホットフォレックス)が、通常の株式CFDに加えて、市場に直接発注が行われるDMA方式の株式銘柄の提供を開始した。また、2020年に日本に進出した新興のExclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)でも、他社との差別化を図るために40銘柄を超える米国株式を取り扱っている。更に、コインベース株を開始したFBSでも、Apple(アップル)やGoogle(グーグル)などの米国株式投資が可能だ。今後も、顧客基盤の拡大を図る海外FXブローカー各社が、良好な値動きとなる米国株式関連のソリューションを拡充すると予想される。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。慶應義塾大学卒。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXtopics編集部

DATE作成日:

メニューを閉じる