海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

香港証券取引所傘下のOTC Clear、金融庁から清算業務ライセンスを取得

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2020.01.10

FX業者 (ブローカー)

香港証券取引所傘下のOTC Clear、金融庁から清算業務ライセンスを取得

ソリューション

中央清算業務への需要高まる日本市場の開拓を模索

香港証券取引所(本社:8/F, Two Exchange Square, 8 Connaught Place, Central, Hong Kong[1])【以下、HKEXと称す】は1月8日、傘下の中央清算機関(Central Counterparty)【以下、CCPと称す】であるOTC Clearing Hong Kong Limited【以下、OTC Clearと称す】が、日本の金融庁(Japan Financial Services Agency, JFSA)より、同国の金融機関に対し中央清算業務を提供するためのライセンスを取得したことを明らかにした。[2]

金融庁のライセンスを取得したことにより、OTC Clearは外国金融商品取引清算機関(Foreign Financial Instruments Clearing Organization)になるという。HKEXは、日本の金融機関におけるクロスカレンシースワップの清算サービスに対する需要の高まりが、店頭(OTC)デリバティブ決済・清算サービスを提供する新たな市場となる同国への進出を後押ししたとのことだ。またHKEXは、Barclays Bank PLC【以下、バークレイズと称す】がOTC Clearの清算会員に加入したことも明らかにしている。

日本の清算業務ライセンスの取得などに際し、HKEXの共同社長兼COOであるCalvin Tai氏とバークレイズ香港のマクロトレーディング部門ヘッドを務めるKelvin Sze氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

日本の金融機関は、OTCデリバティブ市場において重要な役割を担っております。今回、日本で清算業務ライセンスを取得したことは、同国を始め、グローバルに債券や為替分野の清算サービスの提供を拡充するという我々のコミットを示しており、我が社の認知度向上にも大きく寄与すると見ております。また、国際金融グループのバークレイズが、OTC Clearの清算会員として、オフショア人民元や中国人民元といった独自の清算ソリューションを活用することを喜ばしく思うと共に、中国本土の金融機関をグローバル市場につなぐサポートをしていく意向であります。

Calvin Tai, HKEX Co-President and Chief Operating Officer - HKEXより引用

我々は、HKEX傘下のOTC Clearの直接清算会員になったことを喜ばしく思っております。同社は多数の会員が加入する強固なネットワークを構築し、清算分野において確固たるプレゼンスを確立しております。我が社はOTC Clearの一会員として、アジア地域のカウンターパーティーに対し、同社を通じてアクセスの向上を図ると共に、お客様からのニーズに応えるべく、オフショア人民元の清算業務の提供などを行う考えであります。

Kelvin Sze, Barclays' Head of Macro Trading, Hong Kong - HKEXより引用

OTC Clearは、OTCデリバティブの中央清算サービスを提供するために、2013年に設立され、既に米国やEU、オーストラリアで事業を行っている。そして今回、日本の金融機関から中央清算業務への需要が高まるなか、OTC Clearはライセンスを取得のもと、日本でのサービス提供が可能になることで、更なる顧客取引の拡大が期待できそうだ。

official release 2020.01.10

出典元:

ニュースコメント

各国証券取引所がこぞって強化する中央清算業務

2009年9月に開催されたG20ピッツバーグ・サミットにおいて、店頭デリバティブ取引に係る中央清算が義務付けられた。また日本でも、2012年11月以降から金利スワップやCDS取引など一定の店頭デリバティブ取引に関して、CCPにて清算を行うことが法律で義務付けられている。加えて、足元ではESMAがECに第三国CCPの監督スキームを提案するなど、監督当局による効率的なモニタリング体制の構築も推し進められている。これらのグローバル規制改革を受け、世界各国の金融機関は、より充実した中央清算サービスを求めている状況だ。一方で、グローバル金融機関の強い需要を背景に、各国証券取引所も中央清算業務の強化に注力している。例として、足元ではユーレックスがクロスカレンシースワップの中央清算業務を開始し、より効率的な清算スキームであるCCPモデルの活用を推し進めている。更に、CBOEがEuroCCPを買収し、欧州市場での決済サービスの強化を図っている。金融取引の安定性と効率性を高めるCCPモデルが普及することで、投資家が安心・安全に取引できる環境が整備されることを期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

topへ