海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Interactive Brokers、4か月間でFXファンドが30%減少

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2020.01.06

FX業者 (ブローカー)

Interactive Brokers、4か月間でFXファンドが30%減少

GAIN

FXファンド全体と市場シェアは前月比で大きな変化はなし

米商品先物取引委員会(Commodity Futures Trading Commission)【以下、CFTCと称す】が発表した外国為替取引月間報告書にて、米国・コネチカット州を拠点とする海外FXブローカーであるInteractive Brokers LLC(本社:One Pickwick Plaza, Greenwich, CT 06830 USA[1])【以下、Interactive Brokersと称す】の2019年10月期リテールFX部門のFXファンドが7,000万ドルに縮小し、前月比では500万ドル以上減少した。年初来のピークとなる6月期の1億300万ドルと比較すると、約30%落ち込む軟調な結果に終わったことが明らかになった。

米国にて小売外国為替ディーラー(Retail Foreign Exchange Dealer, RFED)として登録している先物取引業者(Futures Commission Merchant, FCM)を含む米国内認可ブローカーが保有する2019年10月期のFXファンドは、6億3,400万ドルと前月の6億2,440万ドルと比較して2%の微増となった。

2019年10月期のFXファンド動向を海外FXブローカー別に見ていくと、GAIN Capital【以下、GAINと称す】が390万ドル拡大し前月比約2%増となったほか、OANDAは1,030万ドル増、IG USは694,000ドル増となった。一方で、Interactive BrokersはFXファンドの減少が続いており、顧客取引の低迷から抜け出せていないことが推察される。

また、FXブローカー別の市場シェアを確認すると、GAINが39%のシェアを握りトップの座を維持しているものの、46%のシェアを確保していた2018年と比較すると縮小傾向にある。続いてOANDAが前月から1%上昇となる38%で2番手に着き、Interactive Brokersが11%、TD Ameritradeが10%と続いている。

2019年10月期のFXファンド及び各社の市場シェアは、いずれも前月比ベースでは大きな変化が見られなかったが、11月期以降に大きく業績を伸ばすFXブローカーが出てくるのか、今後の動向に注目したい。

official release 2019.12.06

出典元:

ニュースコメント

抜本的な経営改革が求められるInteractive Brokers

Interactive Brokersの業績低迷が鮮明化している。CFTCが公表した10月期の外国為替取引月間報告書によると、調査対象とする5社(GAIN、IG US、OANDA、TD Ameritrade、Interactive Brokers)のうち、同社は最も業績が悪化したブローカーとして再び名を連ねる結果となった。米国リテールFX市場が拡大局面に入る兆しを示すなか、Interactive Brokersの業績低迷が続いていることから、抜本的な経営改革を打ち出さなければならない時期にあるといえそうだ。競合他社のFXファンド動向を見ると、2019年2月に米国法人を設立したIG GroupがFXファンド及び市場シェアを拡大させているほか、不安定な業績推移となっているGAINのFXファンドも市場平均並みに増加している。他方で、取引手数料無料サービスを開始し、収益悪化懸念が浮上しているTD Ameritradeはチャールズ・シュワブと合併の道を選択したほか、ロビンフッド(Robinhood)やレボリュート(Revolut)などの勢いに乗る新興勢力との競争も激化している状況である。Interactive Brokersが業績の巻き返しを図るべく如何なる決断を下すのか、今後の動向を見守る必要がありそうだ。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

topへ