海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

FXCM Pro、FlexTradeのMaxxTraderと機能統合

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
New!DATE2019.10.09

FX業者 (ブローカー)

FXCM Pro、FlexTradeのMaxxTraderと機能統合

FXCM

独自のアグリゲーションとプライシングサービスを提供

大手海外FXブローカーであるFXCM Group, LLC(本社:20 Gresham Street, 4th Floor, London EC2V 7JE, United Kingdom[1])【以下、FXCMと称す】の機関投資家向けビジネスを運用するFXCM Proは10月8日、米国・ニューヨークを拠点とするテクノロジープロバイダーであるFlexTrade(本社:111 Great Neck Road Suite 314 Great Neck, NY 11021[2])が開発したセルサイド(売り手)を対象としたホワイトラベル方式のFX取引システムであるMaxxTraderと機能統合を行ったことを発表した。

FlexTradeのMaxxTraderは、匿名性を確保したアグリゲーション(流動性集約)とプライシングサービスを提供する取引ツールであると共に、顧客注文をトレーディングデスクもしくは全てのリクイディティプロバイダー(流動性供給業者)に直接繋ぐことができるフロントエンド向けのターンキーソリューション(すぐに利用できるシステム)であるとのことだ。

両社の提携に際し、FXCMのCOOであるSiju Daniel氏とFlexTrade APAC地域マネージングディレクターを務めるManish Kedia氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

我々は金融テクノロジー分野のリーディングカンパニーであるFlexTradeと提携したことを喜ばしく思っております。同社のMaxxTraderは、NY4やLD3、TY3、SG1など全ての主要ホスティングセンターを通じ、FXスポット、スワップ、NDF(Non Deliverable Forward、為替先渡取引の一つ)、CFD、コモディティなどマルチアセットクラスに対応させると共に、カスタマイズも可能なエンドツーエンドソリューションを提供しております。同取引ツールと我が社のきめ細かな流動性供給システムを融合させ、最高クラスのテクノロジーと豊富な流動性供給を行うことで、競合他社との差別化を図る意向であります。

Siju Daniel, Chief Commercial Officer of FXCM Group - Global Newswireより引用

流動性供給やプライシング分野におけるマーケットリーダーであるFXCMは、我が社のMaxxTraderと機能統合することにより、包括的なソリューションの提供を望むお客様とウィン・ウィン(win-win)な関係性を構築することができるでしょう。お客様第一を徹底し、長きにわたり高い評価を得ているFXCM Proのコーポレートビジョンに共鳴しており、同社との協働を楽しみにしております。

Manish Kedia, Managing Director of FlexTrade APAC - Global Newswireより引用

足元、FlexTradeはIHSマークイットのthinkFolioと機能統合したほか、自社のFX・債券チームを増強するなど、需要拡大が見込まれる分野での業容拡大を模索している。FXCM ProにとってはMaxxTraderと機能統合し、機関投資家からの需要が強い流動性供給やプライシングの分野で高機能なソリューションを提供することで、更なる顧客取引の拡大が期待できそうだ。

official release 2019.10.09

出典元:

ニュースコメント

機関投資家向けビジネスの強化にコミットするFXCM

FXCMの機関投資家部門であるFXCM Proは、リテールブローカーや小規模のヘッジファンド、新興国の銀行を対象に、ティア1(トップクラス)の銀行やノンバンクのリクイディティプロバイダーと強固な関係性を構築した執行及び流動性供給サービスを提供している。2018年11月にFXCMはFXCM Proウェブサイトを再リリースしたことに加え、PrimeXMのXCoreシステムとの統合を通じた非常に競争力の高いプライシングサービス体制を構築するなど、機関投資家向けビジネスの強化を積極的に行っている。更にFXCM ProはLiquidityFinderに加入したほか、FXCM ProはGold-iのMatrix Netを活用するなど、企業認知度の向上や取引機会の拡大を模索している状況だ。現在は大手機関投資家のみならず、同社がターゲットとする中小規模の金融機関においても、低いレイテンシーの流動性供給や競争力あるプライシングニーズは大きく拡大している模様であり、戦略的提携を通じて充実した取引システムの構築を図るFXCM Proの更なる業績拡大を期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ