海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

GAIN、自社の売却先に複数社が浮上

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.07.19

FX業者 (ブローカー)

GAIN、自社の売却先に複数社が浮上

GAIN

Plus500, IG, CMC, ジェフリーズなどが候補

2019年7月17日、GAIN Capital Holdings Inc(本社:135 US Highway 202/206, Suite 11 Bedminster, NJ 07921[1])【以下、GAINと称す】が、有力な競合他社から買収提案を受けたとの観測が浮上して以降、売却先企業としてPlus500UK Ltd【以下、Plus500と称す】やIG Groupなど複数の有力ブローカーが候補に挙がっている。

GAINは買収観測を受け株価が急騰したことから、現在の市場価値が1億8,480万ドルになる。それを踏まえ同社の売却先候補の1社目が、英国・ロンドンを拠点とし、GAIN買収のために投じることのできる豊富な余剰資金を有しているPlus500だ。しかしながら、Betavilleと呼ばれるサイトが第一報を報じた際に、Plus500の株価は特段大きく反応しなかった。2社目が、GAINを買収するだけの資金を保有し、2019年2月に米国法人を設立したIG Groupである。多額の費用がかかり、非常に複雑で長期間に亘る審査期間を経て、米国でFX事業運営を行うためのライセンスを取得した同社にとって、すぐにGAINを買収する可能性は非常に低いと見られる。3社目としては、英国の大手FX・CFDブローカーであるCMC Markets UK plcが挙げられている。同社の市場価値はGAINの2倍ほどに当たる約3億5,000万ドルにも上る。ただし、欧州当局による規制強化の影響を大きく受ける中、多額の資金をGAIN買収に用いることは非常にリスクが高いといえる。4社目は、FXCM Group, LLC【以下、FXCMと称す】を救済したジェフリーズ(Jefferies)だ。豊富な手元資金と大型買収案件を統括できる経験豊富な人材を有しているが、GAINを買収する可能性は低いと見られる。GAINは数年前にFXCMから買収提案を持ちかけられた際には、敵対的買収に対する企業防衛策として知られるポイズンピル(毒薬条項)を導入していたが、2016年4月に期限が切れたことを発表している。ジェフリーズが仮にGAIN及びForex.comブランドを手に入れ、FXCMが擁する専門性の高い人材を有効活用すれば、米国市場で最大のブローカレッジファームにのし上がる可能性は高いといえるだろう。

また、キャッシュリッチでハイレバレッジサービスを提供するオーストラリア拠点のブローカーも、G7(先進7カ国)での市場拡大を目論んでいるようだ。その他、中国の投資家やロシアの新興財閥、キプロス拠点のブローカーはそれぞれ、国外への資金持ち出し制限や米国との政治的軋轢、高レバレッジを求めトレーダーがオフショアへシフトするといった課題を抱えていることから、GAINを買収する可能性は低いと見られる。尚、4月にGAINが発表した2019年度第1四半期業績は、厳しい市場環境から赤字に転落するなど、軟調な業績を受け同社の株価も史上最安値圏で推移していた。そのため、長期投資の機関投資家が同社株を割安と判断して資金を投じる可能性がある一方で、今回の買収が敵対的か否かを問わず、GAINはいかなる企業防衛策も講じていない状況だ。

GAINもしくは売却先候補として挙げたどの企業も、GAINの売却案件に関して公式声明を発表しておらず、確かな証拠もない。また、GAINの売却に関するニュースが出たのは取引時間中のことであり、投機取引に利用するための単なる噂にすぎないとの見解もあるようだ。しかしながら、低ボラティリティの第1四半期には、ほとんどの大手ブローカーが苦戦する結果となっており、FX業界で合従連衡などが起きることで、市場が活性化されることを期待したい。

official release 2019.07.19

出典元:

ニュースコメント

GAIN買収を取り巻く今後の動向

ウォール街のインターバンク出身者らによって設立されたGAINは、世界180カ国でおよそ12,000種類ものFXを含む金融商品を提供しているグローバルなリーディングカンパニーとして市場を牽引してきた。GAINの2018年度通期業績は良好であったものの、2019年度第1四半期の業績は純営業収益は3,840万ドルと、前年同期の9,840万ドルから61%の大幅な減収となった。足元の厳しい状況ではあるが、GAINは新規口座開設数を伸ばしているため、今後のマーケティング戦略、革新的なサービスの提供による業績の巻き返しに期待が高まっていた中で、今回の買収観測を受けた状態である。GAINとしては今だ、何らの対策も講じていない状況ではあるが、GAINの買収が現実のものとなれば、業界全体に大きなインパクトを与えるに違いない。そのため、引き続きGAINおよび売却先候補として挙げられた企業の動向には注視していく必要がある。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ