海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

CFI、MT4とMT5上で株式CFDを提供開始

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.07.16

FX業者 (ブローカー)

CFI、MT4とMT5上で株式CFDを提供開始

MetaTrader 4, MetaTrader 5

300種類超のグローバル株式を取引可能

アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイを拠点とする海外FX・CFDブローカーであるCFI Financial Group Holding(本社:Emirates Financial Towers, North Tower Office 701 Dubai, United Arab Emirates[1])【以下、CFIと称す】は、取扱い商品の拡充を図るべく、自社が導入しているMetaTrader 4【以下、MT4と称す】とMetaTrader 5【以下、MT5と称す】上で株式CFDの提供を開始したことを発表した。

新たな株式CFDの提供開始に際し、CFIの業務開発部グローバルヘッドを務めるNidal A. Hadi氏は、以下のようにコメントしている。

英国とヨルダンに続き、CFIはモーリシャスに新オフィスを開設したことに加え、継続的な成長を遂げるべく、商品ラインナップの拡充に注力しております。今回、MT4とMT5上で株式CFDの提供を開始することにより、お客様は単一の口座及び取引プラットフォームを利用して、300種類超のグローバル株式に投資できるようになると共に、優れた執行と高い流動性サービスを享受することが可能になります。我々は、商品拡充と献身的なサービス、先進的なツール、競争力ある取引環境を提供することで、お客様に多大なメリットがあると確信しております。

Nidal A. Hadi, Global Head of Business Development of CFI - LeapRateより引用

なお、CFIは2019年5月に、電気自動車レースの最高峰とされるフォーミュラEに参戦する日産e.damsチーム所属の英国人若手有望株であるOliver Rowland氏と提携し、ブランド認知度の向上を図っている。そして今回、CFIは商品ラインナップを拡充し顧客の利便性を高めることで、更なる取引の拡大が期待できそうだ。

official release 2019.07.16

出典元:

ニュースコメント

地域に根ざしたサービス展開を行うCFI

CFIは2012年に設立され、ドバイを中心にロンドンやキプロスなど世界中に拠点を構えグローバルにサービスを展開するFXブローカーとして活躍している。同社が本拠地を置くドバイの位置するアラブ諸国ではFX市場の拡大が加速しており、欧米、アジア諸国に次ぐ新興市場として注目されている。今年5月に開催されたiFX EXPOでは、アラブ諸国で事業を行う上で、FXブローカーはMENA地域で実店舗を構えることが成功の鍵とも議論されている。このように、ブローカーは豊富なサポート体制を整える事が求められており、CFIもこれらのニーズに答えるべく、ドバイ、アンマン、ベイルートに拠点を設置し、地域密着型のブローカレッジサービスを提供している。アラブ諸国と聞くと紛争のイメージが拭えないが、投資方法にも地域性が色濃く現れており、紛争により一国の法定通貨の為替レートが暴落する可能性を見据えて、外貨建て預金や、換金性の高い金投資、海外株式への投資が人々に浸透しており、歴史的に投資へのニーズが非常に高い地域となっている。今回のCFIの株式CFDの提供開始により、トレーダーは投資先の選択肢が格段に広がり、取引が更に拡大することが予想されている。今後も同社の取り組みには期待して注目していきたい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ