海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

GAIN、5月期業績を発表、取引量は前月比23.2%増

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.06.06

FX業者 (ブローカー)

GAIN、5月期業績を発表、取引量は前月比23.2%増

GAIN

前年比で見るとFX取引量は依然大きく減少

米国最大のFXブローカーであるForex.comを運営するGain Capital Holdings Inc(本社:135 US Highway 202/206, Suite 11 Bedminster, NJ 07921[1])【以下、GAINと称す】は、2019年5月期の業績を報告した。GAINの4月期取引量は前月比13%減であったが、5月期業績に関しては前月比プラスで着地した。

GAINの2019年5月期の店頭取引(OTC取引)のうち、外国為替取引量は1,803億ドルと、4月期の1,463億ドルから23.2%増加したが、前年比ベースで見ると、2018年5月期の2,433億ドルから25.9%減少と軟調な結果に終わった。1日当たりの平均取引量(ADV)は78億ドルと、4月期の67億ドルから16.4%増加したものの、前年同月比では29.7%減少と低迷しており、GAINの業績は引き続き不安定な状況になっていると推察できる。

他方で先物取引に目を移すと、2019年5月期の取引高は7,967,899枚と、4月期からプラス52.6%と急増しており、前年同月と比較した場合2018年5月期の694,481枚から14.7%増加する良好な結果であった。また1日当たりの平均先物取引高は36,223枚となり、前月比45.7%増加、2018年平均である31,567枚と比較しても14.7%増加であったことから、先物取引に関しては堅調な取引動向であったといえよう。

なおGAINは2019年度第1四半期業績も発表しており、前年同期の1,190万ドルの黒字から2,840万ドルの赤字に転落する厳しい内容の業績開示であった。足元、GAINのFXと先物取引は前月比ベースで見ると業績が上向き始めており、回復傾向を持続させるためにも、顧客需要を喚起するような画期的なサービスが開発されることを期待したい。

official release 2019.06.06

出典元:

ニュースコメント

国内FX業者としてのForex.com

GAINは世界180か国で12,000種類以上の金融商品を提供する大手企業であり、日本国内では東京にオフィスを構えるゲインキャピタル・ジャパンが2009年にForex.com(フォレックス・ドットコム)をリリースし、サービスを提供している。日本法人は関東財務局長の登録を行っており、国内FX業者の位置付けとして、海外FX業者同等の商品ラインナップを国内基準の安全性の高い取引環境で利用できる点で定評がある。 Forex.comは豊富な通貨ペアやインジケーター、EAを提供し、国内に拠点を構えるブローカーでMetaTrader4を利用できることから、国内投資家から一定の支持を集めている。加えて、充実したカスタマーサポートも高評で、わかりやすい操作マニュアルを公開するほか、金融コンサルタントによるMT4セミナーを定期的に開催している。一方で、他社と比較してスプレッドが広いことや、情報源がロイターの一社のみで物足りなさを感じている顧客も多く、安全性を求めるFX初心者や、情報の取捨選択ができる投資家向けのブローカーであるという印象を受ける。 近年、各国金融当局の規制が強化され、各ブローカーがプロ投資家向けに従来通りの取引環境を提供することで収益の確保に奔走している中、Forex.comのような、金融ライセンスを取得し高い安全性を謳うブローカーが規制の枠組みの中でどのような顧客獲得策を打ち出すか、今後の施策に期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ