海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

FXOpen、2018年度通期業績を発表

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.04.11

FX業者 (ブローカー)

FXOpen、2018年度通期業績を発表

ESMA

ESMAの新規制の影響を大きく受け赤字に転落

カリブ海のセントクリストファー・ネーヴィスを拠点とする海外FXブローカーであるFXOpen(本社:P.O.Box 590, Springates East, Government Road, Charlestown, Nevis[1])は4月11日、2018年度通期業績を発表した。欧州証券市場監督局(European Securities and Markets Authority)【以下、ESMAと称す】が導入した新規制の影響を大きく受け、大幅な減収及び赤字に転落するという非常に厳しい決算内容となった。

FXOpenの2018年度通期の営業収益は351,481ポンドと、2017年度の139万ポンドから実に75%ほどの大幅減収という結果となった。FXOpenの営業収益を詳しく分析すると、2018年度通期の電子取引(EC)システムを利用したトレーディング手数料が162,381ポンドであり、2017年度の213,371ポンドから微減に留まった。一方で、2018年度通期の電子取引以外(Non-EC)のトレーディング収益が189,100ポンドと、2017年度の117万ポンドから83.9%もの大幅減収であったことがFXOpenの会社全体の業績に大きな打撃を与える結果となった模様だ。

FXOpenの利益面に目を移すと、2018年度通期の営業費用が137,947ポンドと、2017年度の439,803ポンドから大きく減少させることに成功したものの、粗利は2017年度の949,310ポンドから77.5%減の213,540ポンドに落ち込んだ。最終損益に関しては、2017年度の391,545ポンドの黒字から347,992ポンドの赤字に転落する非常に弱い内容の決算であったと言えよう。

FXOpenは、2018年度の金融市場において経営の舵取りが困難な状況となる中、欧州と欧州以外の地域の顧客基盤の維持に努めたという。また、2018年度通期の営業収益が大きく落ち込んだ要因として、ESMAが個人投資家保護を目的に導入したレバレッジ規制が影響していると見ている。2018年10月にはFXOpenはMT5向けのECN口座をリリースしたものの、未だ業績に大きく寄与はしていない模様だ。FXOpenの経営陣は、今後プロ投資家及び個人投資家の顧客基盤の拡充に注力する意向を示していることから、顧客の取引を喚起する画期的なサービスを提供することで、業績の巻き返しに期待したい。

official release 2019.04.11

出典元:

ニュースコメント

業績回復には新たな打開策が必要か

FXOpenは、FXOpen Markets Limitedが運営している海外FXブローカーである。運営会社であるFXOpen Markets Limitedは2003年に設立され、2005年からFXブローカーとしてサービスを開始して以来、10年以上もの運営歴があり、FX業界では初となる、MT5におけるECN口座の提供を開始するなど豊富な取引環境には定評がある。顧客獲得のために様々な政策を行ってきたFXOpenではあるが、2018年8月にESMAが導入したレバレッジ規制により欧州地域での営業収益が悪化し、最大の政策の一つであったMT5によるECN口座のリリースも、状況を一変出来る打開策とはなっていない状況だ。業績不振の続くFXOpenではあるが、ECN口座の取引手数料が安く、多くのリクイディティプロバイダーから価格提供を受けているため高い流動性を確保できる点や、近年注目されているCrypto口座という仮想通貨の証拠金取引(仮想通貨FX)に特化した口座の提供を行うなど、豊富で高品質な取引環境は健在であるため、業績回復のポテンシャルは大きいように思われる。今後どのようなサービスを展開していくのか見守っていきたい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ