海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

シティグループ、シンガポールで新FXプラットフォームをリリース予定

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.03.12

FX業者 (ブローカー)

シティグループ、シンガポールで新FXプラットフォームをリリース予定

ソリューション

レイテンシーの大幅な改善を期待

米国の巨大投資銀行Citigroup(本社:388 Greenwich Street New York, NY 10013[1])【以下、シティグループと称す】は3月11日、2019年第4四半期にシンガポールにて、新たな電子FX取引プラットフォームをリリースする予定であることを発表した。

シティグループがシンガポールにて新FXプラットフォームをリリースするのは、ロンドン、東京、ニューヨークに次いで4番目となる見通しだ。新FXプラットフォームは、G10(Group of Ten、米国や日本など先進10か国)を含む23か国通貨のスポット取引と13の新興国通貨を取り扱うという。また新FXシステムは、取引スピードを改善させると共に、シティグループの日本拠点や他のアジアのトレーディングデスクともシステム接続を行う模様だ。

シンガポールにて新FXプラットフォームをリリースする予定に際し、シティグループのアジアパシフィック地域の市場・証券サービスヘッドを務めるStuart Staley氏は以下のようにコメントしている。

我が社がFX取引エンジンを拡大することでシンガポールの地でもサービスの提供が可能になり、従来東京やその他の地域で取引を行っていたシンガポールやアジアパシフィック地域のお客様に対し、レイテンシー(遅延時間)を大幅に改善させることが期待できるでしょう。

Stuart Staley, Head of Markets and Securities Services in the Asia-Pacific region of Citygroup - Bloombergより引用

外国為替市場における技術的な諸問題について討議および意見書の公表などを行うシンガポール外国為替市場委員会(Singapore Foreign Exchange Market Committee)が2018年10月に公表した最新データによれば、シンガポールのFX取引量は日次平均で5,080億ドルに上るとのことだ。[2]また、日本を含む60か国・地域の中央銀行間の協力促進を促す国際決済銀行(Bank for International Settlements, BIS)の2016年アニュアルサーベイ(年次調査)において、シンガポールがアジアにて最もFX取引量が多い国であることが明らかとなっている。[3]これらのデータから、シンガポールは東京と並びアジアでの有力FX取引市場としての地位を確立しつつあると言えるであろう。

そして、シティグループはこの度の新FXプラットフォームを、アジアのみならずグローバルでFX取引の有力プレーヤーにのし上がることを狙うシンガポールの地でリリースすることで、まさに欧米とアジアを中心としたグローバルベースでのFX市場で確固たるプレゼンスの構築を目指していることが伺えよう。

official release 2019.03.12

出典元:

ニュースコメント

FX取引量がアジア最大のシンガポール

国際決済銀行が2016年に公表したアジア太平洋地域におけるFX日次平均取引量では、シンガポールが5,170億ドル、次いで香港4,370億ドル、日本3,990億ドル、オーストラリア1,210億ドル、中国730億ドル、韓国480億ドルとなっている。この調査結果からシンガポールでの取引量は、日本や香港をも上回り、アジア太平洋地域の中で断トツに多いことが伺える。この巨大FX市場で、マーケットシェア世界第5位となるシティバンクが始める新たなソリューションとなるFX取引プラットフォームサービスが開始されることにより、更なる市場の活発が見込まれるのではないだろうか。また、シンガポールでは仮想通貨に対しても積極的な態度をとっており、アジアの中で有数の仮想通貨大国としても知られている。大手仮想通貨取引所のバイナンスやUpbitが東南アジアや世界市場のゲートウェイとして、シンガポールに進出しており、投資家達から多くの関心を集めている。シンガポール市場はこのまま拡大し続けていくのだろうか、引き続き注目していきたい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ