海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

iSignthis、ADIライセンスの取得に向け大きく前進

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.02.08

FX業者 (ブローカー)

iSignthis、ADIライセンスの取得に向け大きく前進

バイナリーオプション

2019年第2四半期初頭にADIライセンスの取得を目指す

決済及び本人認証テクノロジーサービスを提供するiSignthis Ltd(本社:456 Victoria Parade, East Melbourne, Melbourne, Australia, VIC 3002[1])【以下、iSighthisと称す】は2月7日、中核銀行システムの第3者認証を受けたことにより、オーストラリアの預金取扱金融機関(Authorised Deposit-taking Institution)【以下、ADIと称す】ライセンスの取得に向け進捗が見られたと発表した。

iSignthisでは、子会社のiSignthis eMoney(AU)Pty Ltdを通じ、 オーストラリアの金融監督当局であるオーストラリア健全性規制庁(Australian Prudential Regulation Authority)【以下、APRAと称す】に、ADIライセンスの取得に必要となるPurchased Payment Facility(PPFプロバイダー)として銀行サービスの提供を行うための申請を行っていた。APRAでは、ADIライセンスの取得を望む全ての企業に対し、有効に機能する中核銀行プラットフォームの実証を行うよう求めているが、iSignthisではこの条件を満たすべく、2018年9月、中核銀行プラットシステムを提供するProbanx Coreplusの買収を実現している。

更に、ADIライセンスの取得を望む全ての企業は、APRAが求める基準を満たすために、中核銀行システムをコンプライアンス遵守の下で運用していることを立証する、第三者認証を受けることを求める健全性基準CPS234に対応しなければならない。そこでiSignthisは2月7日、監査役のGrant Thornton Australia LtdとITセキュリティ監査役であるSecurity Centric Pty LtdよりProbanx Coreplusの中核銀行プラットフォームの運用に向けた第三者認証レポートを取得し、APRAへの提出を完了させた。これらのことから、iSignthisがADIライセンスの取得に向け粛々と手続きをクリアしていることが伺えよう。

iSignthisのCEOであるJohn Karantzis氏は、既にProbanx Coreplusプラットフォームの取得代金は支払い済みであると伝えている。またiSignthisも、ADIライセンス取得に向けたプロセスは順調に進捗し、残り僅かな手続きを行うのみであり、2019年第2四半期初頭にADIライセンスの取得を目指すとコメントしている。

なおiSignthisでは、オーストラリア4大銀行の1つとして知られるナショナルオーストラリア銀行(National Australia bank)【以下、NABと称す】と近く協働関係を解消することに対応すべく、VISAやマスターカードといった複数のカード会社などと新たなパートナー契約を締結してもいる。NABでは、FXやCFD、株式、バイナリーオプションの決済サービスから撤退する意向を示している模様だ。

iSignthisは、非常に合理化された決済及び本人認証テクノロジーサービスを提供しており、PaydentityとISXPayという2つの主力商品を展開している。中でもISXPayの顧客のほとんどは、CFD・FXブローカーとマーケットメイカーだと言う。またiSignthisでは、小売商向けに、決済や本人認証テクノロジーの有効活用を図るべく、エンドツーエンドでオンボーディングサービス(新規ユーザーをサービスに適応させるプロセス)の提供も行っている。

official release 2019.02.08

出典元:

ニュースコメント

主要カード会社との提携を進めるiSignthis

オーストラリアを拠点とするiSignthisのペイメントサービスであるISXPayは、おもにCFD及びFX市場で多く利用されている。今まで提携先となっていたナショナルオーストラリア銀行との業務提携終了が2019年4月30日と迫るなか、先日、ISXPayは支払いプロセスについてクレジットカードのVisaやマスターカードなど主要な国際ブランドのクレジットカード会社と新たな契約を取り決めたことを発表した。今後ISXPayは、マスターカードのほか、ダイナース/ディスカバーカード(2019年4月下旬予定)、中国銀聯(ぎんれん)/ユニオンペイカード(2019年7月下旬予定)、アメリカンエクスプレス(2019年4月下旬予定)のプリンシパルアクワイアラ(クレジットカードを取り扱う加盟店の管理などを行う企業)となって活動を行っていくこととなり、ユーザー層拡大が見込まれるだろう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ