海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ジェフリーズ、第3四半期決算報告書を発表

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2018.11.02

FX業者 (ブローカー)

ジェフリーズ、第3四半期決算報告書を発表

FXCM

FXCMの融資に対する返済状況について言及

11月2日、米国の大手投資銀行であるJefferies Financial Group Inc.(本社:520 Madison Avenue NewYork, NY 10022[1])【以下、ジェフリーズと称す】は、大手海外FXブローカーのFXCM Group,LLC.(本社:20 Gresham Street, 4th Floor, London EC2V 7JE, United Kingdom[2])【以下、FXCMと称す】への融資に言及した2018年第3四半期決算報告を米国証券取引委員会(The Securities and Exchange Commission, SEC)に提出した。

8月のジェフリーズ上半期決算報告書でも発表されたように、FXCMは、2015年1月のスイスフランショックの煽りを大きく受け、ジェフリーズより約3億ドルの財政支援を受けている。この融資は初回金利が年利10%であるものの、四半期毎に年利1.5%づつ金利が上乗せされる条件となっていた。足元では上限である年利20.5%に達していることから、債権者であるジェフリーズにとって大きなリターンが期待される融資条件となっていた。今回ジェフリーズが提出した報告書によると、9月30日時点で、FXCMは元本と利息、そして当初の融資額2億7,900万ドルに対する手数料を含め合計3億4,700万ドルの返済を行っている。また、2018年の9か月間においては、FXCMは元本と利息合わせ1,540万ドルをジェフリーズに返済しており、債務残高は7,060万ドルとなった。

ジェフリーズはこの融資を通じ、9月30日末での第3四半期と第1四半期から第3四半期までの9カ月でそれぞれ130万ドル、1,640万ドルの収益を計上している。ただし、前年同期で比較すると、2017年9月30日末までの3か月、9か月の間においては、それぞれ230万ドル、1,760万ドルの収益を計上していたことから、FXCMの返済ペースが幾分鈍っていることが伺える。また、当初の融資条件では2017年1月までに完済する予定であったが、返済期日は2019年1月までに延長されているほか、2017年11月から融資条件が変更されたことにより、ジェフリーズはFXCMの議決権付き普通株式を50%保有し、これを75%まで引き上げられる権利も取得しているとのことである。

FXCMは2018年2月には、元々FXCMの大株主であり、現在はジェフリーズへと社名変更を行っているLuecadia National CorporationのLuecadiaをブランドロゴに追加している一方、ジェフリーズとしてもFXCMを連結子会社として傘下に収める意向を持っている。今後のビジネス展開に関しては、2018年4月にFXCMとジェフリーズがプライムブローカー事業で提携するなど、両社の強固な関係性を活かし、様々な事業においてシナジーを発揮していくことが予想されている。今後も、FXCMが自社の存亡をかけて打ち出す次なる戦略に期待したい。

official release 2018.11.02

出典元:

ニュースコメント

金融サービス事業を強化するジェフリーズの今後に期待

米国の大手投資銀行ジェフリーズは、前回の第2四半期決算で、ディールメーキングや新規証券の販売による収入が7四半期連続で増加していることを報告した一方、トレーディング部門の業績は5四半期連続で減少したことを発表していた。今回発表された第3四半期決算では、1年余りにわたって低迷が続いていたトレーディング部門で回復の動きが見られ、トレーディング収入は前年同期比2.4%増となり、実に6四半期ぶりの増加となった。同部門の回復は株式が牽引しており、株式トレーディングの収入は4.7%の増加となっている。また、ジェフリーズでは業績のボラティリティーを低下させるため、過去数年にわたりアドバイザリーおよび引き受け業務の強化を図り、対策を講じてきた。さらに今年4月には、幅広い事業を手がける米国の投資会社であるLeucadiaがジェフリーズへ社名変更し、金融サービス事業に注力するため、食肉加工や自動車ディーラー事業の大半を売却したことを発表している。今回の四半期決算で発表のあったトレーディング部門の業績回復は、金融サービス事業の強化に取り組んできた成果であると言えるだろう。今後もジェフリーズのさらなる発展を期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ