海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ATFXが中東UAEのアブダビに新オフィスを開設

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2020.01.06

FX業者 (ブローカー)

ATFXが中東UAEのアブダビに新オフィスを開設

Dukascopy, FxPro

中東地域でのサービス拡充を図る

ロンドンに拠点を置く海外FXブローカーであるATFXを運営するAT Global Markets(UK)Limited(本社: 32 Cornhill, London EC3V 3SG, United Kingdom[1])【以下、ATFXと称す】は、中東・アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビに新オフィス(ATFX UAE)を開設したことを発表した。

ATFX UAEの設立は、為替取引業務からスタートした同社にとって新たなビジネス領域の拡大を果たし、世界最高水準のサービスを提供するというATFXの企業目標(コミットメント)に適っている。

ATFXは2018年3月に、アブダビ金融経済特区として設立されたアブダビ金融フリーゾーン(経済特区)として設立されたアブダビグローバルマーケットの金融規制当局である金融サービス規制庁(Financial Services Regulatory Authority, FSRA)よりライセンスを取得している。ATFXはFSRAの取得と中東地域での初の事務所開設により、金融のプロフェッショナル顧客向けに顧客間取引の取次や投資案件のアレンジ、法に則り信頼のおけるサービスの提供など、様々な金融関連サービスの提供を通じて、中東地域での足場を固めていくことになる。

さらに、ATFX UAEでは、中東地域の顧客特性にあわせたサービスを提供していく予定だ。例えば、アラビア語のウェブサイトを開設し、中東地域の顧客がオンライントレードをする際は、市場が開く平日はいつでもマルチリンガルな環境でサポートを行っていく考えである。これにより、顧客は言語の面でストレスなく快適な環境で取引を行うことが可能となる。また、顧客特性にマッチしたサービスを提供していくべく、ATFX UAEでは人材の採用面も配慮し、金融関連でグローバルな経験をもつ人材を雇用している。

加えて、ATFX UAEは、今後中東地域のトレーダーやIB向けに、経験豊富なプロフェッショナルによる定期的なセミナーを通じた投資教育や、取引プラットフォームの提供など包括的な投資サービスを行っていく計画だ。また、UAEは中東のビジネスハブという戦略的な位置づけがあることから、プロフェッショナル顧客やIB、アソシエイツ、パートナーにとって市場アクセスには最適である。そこでATFXは、UAEでの強固なプレゼンスの確立を目指し、その後2019年までに中東地域のその他の国々でもビジネス領域を拡大させていく考えである。

そこで、ATFX UAEのCEOであるRyan Tsui氏は、以下のようにコメントしている。

ADGMは国際的な金融センターであります。そして、UAEは経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)が強固で、金融投資を行ううえで多くのメリットをもたらしてくれる将来有望な国です。我が社の目標は、中東市場へ参入してくるプロフェッショナル顧客が成功をおさめられるようサポートすることと、先進的なプラットフォームを提供することであります。

CEO of ATFX AE, Ryan Tsui - The Industry Spreadより引用

なお、ATFX UAEは、アルマリヤアイランドのADGMスクエアに位置するAl Maqam タワーにオフィスを構えるが、オフィス開設に際しては、アルマリヤアイランドのフォーシーズンズホテルにて、多くのプロトレーダーやブローカーが集いディナーショーが催された。ATFXは今後、プロフェッショナル顧客向けに、金や銀といった貴金属市場や全体的な投資環境に関するセミナー、最新の市場トレンドや市場分析手法に関するラウンドテーブルディスカッションを開催する予定である。また、Webブラウザや携帯からアクセスできるクライアントポータルの活用や、プロフェッショナル顧客向けに様々な投資商品を提供していくことを検討している。また先日、ATFXはエジンバラカップと契約締結したことを発表しており、チャリティーイベントを通じた企業価値の向上も目指している。

official release 2018.9.27

出典元:

ニュースコメント

アラブ首長国連邦への進出が続く

アラブ首長国連邦には7つの首長国に30以上のフリーゾーン(経済特区)が存在している。フリーゾーンとは、外資企業誘致のために整備が進められている地域で、関税や法人税の免除など、さまざまな優遇制度が設けられている。フリーゾーンは100%外資による企業設立が可能であり、それぞれのフリーゾーンには、ロケーション、コスト、会計監査の有無、スポンサー不要、利益送金の自由などの条件の違いがあり、今では世界100カ国以上から6,000社以上もの企業が、ビジネス内容に合致したフリーゾーンへ進出している。FX業界でも新しい市場開拓を目的にアラブ首長国連邦への進出がみられ、これまでに大手海外FXブローカーであるFxProがドバイのライセンスを取得し、また今年5月にはスイスのジュネーブに拠点を置くデューカスコピーがドバイにオフィスを開設したことが明らかになっている。アラブ首長国連邦はICOを規制化する取り組みも行っており、今後は仮想通貨関連企業の進出の動きも活発化することが考えられる。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

topへ