海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

ペイパル、2021年度第1四半期決算を発表

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2021.05.10

アプリケーション関連

ペイパル、2021年度第1四半期決算を発表

PayPal

過去最高の第1四半期業績を達成

大手オンライン決済サービスのPaypal Holdings Inc.【以下、ペイパルと称す】は5月5日、2021年度第1四半期の決算を発表した。[1]

ペイパルの2021年度第1四半期は、同社の第1四半期決算としては過去最高のものとなった。売上高(米国会計基準、US GAAP)が前年同期比29%増の60億3,000万ドルとなった他、一株当たり当期純利益(Earnings Per Share, EPS)は前年同期比1,200%増の0.92ドル、総決済額は前年同期比50%増の2,850億ドルに拡大した。アクティブユーザー数に関しては、2021年第1四半期に約1,450万人増加したことを受け、第1四半期末には過去最高となる3億9,200万人に達したという。ペイパルは2021年度第2四半期業績に関し、売上高は前年同期比19%増の62億5,000万ドルとなり、希薄化後の一株当たり純利益(earnings per diluted share)は、前年同期の1.29ドルから0.76ドルになると見込んでいる。また、同社は2021年度第2四半期にアクティブユーザー数が急増すると予想している。

四半期決算の発表に際し、ペイパルの社長兼CEOを務めるDan Schulman氏は、世界中でデジタルエコノミーへのシフトが進む中、強力な第1四半期決算の発表は、同社のビジネスがモメンタムを維持していることを示していると言及している。また、3億9,200万人に及ぶアクティブユーザーを対象に、新たな商品・サービスを提供する中、ペイパルが注力する市場は拡大を続けているという。加えて、同社CFO兼グローバルカスタマーオペレーション部門EVPを務めるJohn Rainey氏は、強固で多様性に富むペイパルのグローバル決済プラットフォームの利活用が進み、第1四半期決算が過去最高を達成したことを受け、2021年度通期の業績見通しを引き上げたと言及している。

デジタル化の波に乗るペイパルは、経営陣が2021年度の業績に対して強気の姿勢を見せており、今後も良好な業績推移が期待できそうだ。

release date 2021.05.10

出典元:

ニュースコメント

仮想通貨関連ビジネスを加速させるペイパル

好調な四半期決算を発表したペイパルは現在、仮想通貨(暗号資産)関連ビジネスを加速させている。例えば、ペイパルは仮想通貨決済機能の導入を発表した他、直近では、ペイパルは独自ステーブルコインの発行を検討していることが明らかになっている。Schulman氏は現金の利用が急減する一方、ビットコイン(Bitcoin)を始めとする仮想通貨への需要が急拡大すると見込んでおり、実際に同社では仮想通貨関連の取引高が急増しているという。他方で、業容拡大を図る海外FXブローカーの間でも、仮想通貨関連ビジネスを強化する企業が散見されている。例えば、ハイスペックなトレード環境が魅力のExnessは最大レバレッジを200倍に引き上げており、現在同社で取り扱っている全通貨ペアで最大200倍のレバレッジ取引を可能としている。仮想通貨への需要が大きく高まる中、金融サービスプロバイダー各社が顧客基盤の拡大に向けて画期的な関連ソリューションを打ち出すことに今後も期待したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。慶應義塾大学卒。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

メニューを閉じる