海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

AIデジタルアシスタントDevexa、cTraderと機能統合

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
UPDATE2020.01.06

アプリケーション関連

AIデジタルアシスタントDevexa、cTraderと機能統合

cTrader

メッセンジャー機能やスマートスピーカーを活用して情報提供

金融ソフトウェアプロバイダーのDevexpertsは、AIデジタルアシスタントのDevexaを、Spotware Systems(本社:19 Stratigou Timagia, 3rd Floor Limassol 3107, Cyprus[1])が開発するcTraderプラットフォームと機能統合したことを発表した。

Devexaは、海外FXブローカーを対象とした多言語対応のデジタルトレーディングアシスタント及びチャットボット機能である。同ツールは、スマホのメッセンジャー機能やスマートスピーカーといった新たな手法を用い、インタラクティブチャートやニュース、株式ファンダメンタルズなど刻々と移り変わるトレーディング情報を提供する。

今回、DevexaとcTraderを機能統合したことにより、海外FXブローカー各社は、Devexaのホワイトラベルサービスを活用する一方で、トレーダーはメッセンジャー機能を利用して各自の取引口座から同サービスにアクセスすることができるという。これにより、海外FXブローカーは取引プラットフォームと顧客のメッセンジャー機能の融合が可能になるほか、リード(見込み客)やIB(イントロデューシングブローカー)の獲得及び紹介プログラムの推進、オンボーディング(新規顧客をサービスに適用させるプロセス)やKYC(本人確認)のための代替手法の提供、カスタマーサポートの自動化サービスなどを提供できるようになるとのことだ。

DevexaとcTraderの機能統合に際し、Devexpertsのソフトウェアエンジニアリング部門シニアバイスプレジデントのEvgeny Sorokin氏と店頭(OTC)取引プラットフォーム部門バイスプレジデントであるConor O'Driscoll氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

我々はDevexaに新たな情報サービス及びプラットフォーム機能を追加搭載することを継続させております。Spotware Connect APIを利用することで、取引口座に容易にアクセス可能になると共に、Devexaはメッセンジャー機能を活用し簡単にトレーディングできるようになります。

Evgeny Sorokin, SVP of Software Engineering, Devexperts - FinanceMagnatesより引用

DevexaにMetaTrader4【以下、MT4と称す】及びMetaTrader5【以下、MT5と称す】を追加した後、cTraderを搭載したことで、順調に機能拡大を図っております。我々は、取引プラットフォームに関係なく、全ての海外FXブローカーやトレーダーをサポートする商品としてDevexaの利用を拡大させたいと考えております。

Conor O'Driscoll, VP of OTC Platforms, Devexperts - FinanceMagnatesより引用

なお、Devexaは既にdxTradeやMT4、MT5と機能統合しており、Facebook (フェイスブック)のMessenger(メッセンジャー)やTelegram(テレグラム)、Viber(バイバー)、Google Assistant(グーグルアシスタント)、Yandex(ヤンデックス)のAlice(アリス)などを通じて利用することが可能だ。また、同ツールは海外FXブローカー各社のバックオフィスやCRM(顧客関係管理)、サポートシステム、サードパーティの情報プロバイダーを含むブローカーのエコシステムと結合するために複数のAPIを保有しているという。そして今回、Devexaはトレーダーの間で人気の高い取引プラットフォームであるcTraderと機能統合を果たしたことで、更なる顧客利用の拡大が期待できそうだ。

official release 2019.12.04

出典元:

ニュースコメント

AIを活用したソリューションの提供を強化する金融サービスプロバイダー

海外FXブローカーを始めとする金融サービスプロバイダー各社の間で、効率的な顧客の維持・獲得やコンプライアンス体制の構築に寄与するAIの活用が活発化している。足元では、コインベースがコンプライアンス関連の特許を出願し、各アカウントのリスク要因をスコアリングするAIや機械学習を搭載した効率的なソリューションの構築を模索している。また、GO Marketsはa-quantのサービス提供を開始し、AIを基にした高機能取引シグナルの利用を実現させた。更には、Followmeが次世代ソーシャルネットワークをリリースし、AIを活用してユーザーの関心に合わせたトレード情報を提供するなど、トレーダーがすぐにでも取引に活かせる有益な情報の提供から、海外FXブローカー各社のバックオフィス機能の充実化に至るまで、様々な領域でAIを活用した付加価値ソリューションの開発が行われている状況だ。今後も、海外FXブローカー各社が、進化するテクノロジーをフル活用し、安全・安心な取引環境の構築や顧客取引の活性化に繋がる画期的なサービスを提供することを期待したい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE作成日:

topへ