海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

Anniversasry 10万口座達成

メールのお問い合わせ

10:00~24:00 (平日/祝日) 16:00~24:00 (土曜/日曜)

(24時間受付:年中無休)

海外FX口座開設&キャッシュバック FXplus

GAIN、2019年度第3四半期業績を発表

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss
DATE2019.10.25

アプリケーション関連

GAIN、2019年度第3四半期業績を発表

GAIN

純営業収益は前年同期比30%減

米国最大のFXブローカーであるForex.comを運営するGain Capital Holdings Inc(本社:135 US Highway 202/206, Suite 11 Bedminster, NJ 07921[1])【以下、GAINと称す】は10月24日、2019年度第3四半期決算を発表した。ボラティリティが非常に低い市場環境下において、個人投資家がFX取引を手控えたことにより、市場予想を大きく下回る軟調な決算内容に終わった。

GAINの2019年第3四半期純営業収益(米国会計基準、US GAAP)は6,670万ドルと、2018年第3四半期の9,550万ドルから30%急減すると共に、2019年第2四半期の7,550万ドルと比較しても11%減少した。また、調整済みEBITDA(Earnings Before Interest Taxes Depreciation and Amortization、利払い前・税引き前・減価償却前利益)は600万ドルと、2018年第3四半期の3,050万ドルから5分の1となり大幅に落ち込んだ。7月下旬に発表されたGAINの2019年度第2四半期業績においても、純営業収益が前年同期比で10%減少しており、業績がなかなか上向かない状況が続いている模様である。利益面に関しては、2019年第3四半期の継続事業ベースの純損益が210万ドルの損失(1株当たり0.06ドルの赤字)となり、前年同期の1,000万ドルの黒字(1株当たり0.22ドルの黒字)から赤字に転落した。GAINの営業収益と最終利益が共に減少したことから、2019年第3四半期決算が非常に厳しい内容であったとうかがえるであろう。

また、GAINの業績を2019年の9か月間で見た場合でも、純営業収益は1億8,060万ドルと、前年同期の2億7,800万ドルから大幅に減少していることに加え、純損益に関しては2018年の9か月間で9,600万ドルの利益を計上していた一方で、2019年の同期間には2,950万ドルの赤字に沈んだ。2019年第3四半期の決算発表に際し、GAINのCEOであるGlenn Stevens氏は、顧客エンゲージメントが第3四半期を含む3四半期連続で増加するポジティブな兆候を確認できており、非常にボラティリティが低い市場環境下においても、マーケティング戦略がアクティブな口座数の増加に繋がっているとコメントしている。依然として厳しい業績推移となっているものの、アクティブ口座数の増加を如何にして業績拡大に結びつけるか、GAINの次なる一手に注目したい。

official release 2019.10.25

出典元:

ニュースコメント

業績低迷を振り払う抜本的な打開策を見いだせないGAIN

Forex.comブランドで日本においても事業展開するGAINは、ニューヨーク証券取引所に上場する日本人にも馴染みのある米国最大手の海外FXブローカーだ。しかしながら、アクティブな史上最高値圏で推移する一方で、同社は業績の低迷から抜け出せない状況が続いており、株価は大きく落ち込んでいる。GAINが本拠地とする米国では、トランプ政権とFRBの対立や中国との貿易摩擦が依然として解決されておらず、FX市場のボラティリティ上昇に繋がる新たなマーケットの火種になる可能性を残している。また、ボラティリティが大きく高まる要因となっているブレグジット交渉はFXブローカーに取引機会を創出している模様であることから、グローバルにブローキングサービスを提供するGAINが、これらの取引機会を活かしつつ、業績不振を払しょくする抜本的な打開策を見いだせていないと推察される。競合他社が米国市場に続々と進出していることに加え、ロビンフッド(Robinhood)やレボリュート(Revolut)など新興勢力も虎視眈々と業容拡大を図るなか、米国FX市場で最大シェアを握るGAINが、業績維持・拡大に向け如何なるソリューションを提供するのか今後の展開を見守りたい。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • rss

EDITOR制作/編集 FXplus編集部

DATE最終更新:

topへ